アクセスカウンタ
< 2013年07>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 26人
オーナーへメッセージ




ダイレクトメッセージ      お座敷掲示板専用スレ      ヤフオク全出品リスト



スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2013年07月31日

サソリの歴史(笑)

前回からの続きです!

4年前、ヘタクソな木目塗装にしか仕上げられず、毎晩、ヤフオクで木グリを探して、やっとGETしたのがこれでした!
えっ、、本体の色が違うって?



そうです! 木グリ欲しさで、本体ごと落札しました!
4年前は、まだ、お金ありました、、、笑!



こうして、サソリは2丁になったワケです!



いくらで落札したか覚えていないけど、本体の程度も良く、このサソリ2号は今でも外装は塗ってません♪



ただ、前オーナーさんが入れた文字の色がこの頃は気に入らず、、



真っ黒に戻しました! 今なら、きっと、そのままの状態にしておいたかも。。



で、自家塗装したサソリ1号に、木グリを移植したんですね!



缶スプレーで塗ったわりには厚塗りになっていなかったので、4年前には自慢のビンテージ仕上げでした、、、(笑)



本当は、この頃、ハドソンのモデルガンが欲しかったんですけど、、段々と知識が付いてくると、だいぶ、実銃とは形が違うらしくて、
マルイの電動サソリも売ってたけど、、電動は、もう要らないと思っていたので、マルゼン2丁でサソリの歴史は終った!!



でも、、近い将来、KSCでサソリが発売される!  サソリ3号は、それだな、、きっと!、、、、笑!  

Posted by 塔四郎 at 23:00Comments(2)スコーピオン

2013年07月31日

4年前のカスタム

先日ブログしたマルゼンのスコーピオン!

前回のp229同様、パソコンの中の画像を整理していたら古い画像を見つけた!



当時は、こんな風に仕上げていたんですね! まだ、木グリップが入手出来ず、なんちゃって木目塗装してた頃、、、、懐かしい、、、笑!



たぶん、初めて木目塗装に挑んだ作品です、、、汗!



下地銀を塗って、上塗りして研磨するってのは、これ以前にも数丁、自己流で塗ってたましたが、、(つか、、今も自己流ですが、、)
この頃は、スポンジやすりの存在を知らず、ペーパーとコンパウンドで研磨してたので、下地銀色を磨き過ぎて地肌を出す事もしばしば!



あと、今でも分解は苦手ですが、この頃は、もっと苦手で、アッパーレシーバーを外すのも大苦戦!!!



このパーツを銀色に塗る為に、アッパーレシーバーを外して、組み立てる時に、



穴を破壊しました!
たしか、塗り終えて、左側からピンを入れたけど、それが奥まで入らない!  今にして思えば、ピンが右側のピン穴から
ズレていただけなので、位置を合わせれば、簡単に入ったのに、当時の私はカナヅチで叩いて壊した!



そのまんま組み込んだけど、、まっ、目立たないから、これでいいやと♪



この後に、木グリが手に入り、それに交換して、以後、ほとんど壁の置き物となり、先日のブログの時に久しぶりに触った。。



グリップの中なんか塗ってないもんね! それでも当時はOKだった、、、、笑!
まだ、、皆さんと知り合う前のカスタムだったと記憶する。  

Posted by 塔四郎 at 18:00Comments(2)スコーピオン

2013年07月31日

売られた子

売られた子パート2!!  笑!

これも、タナカの870を手放した時に一緒にヤフオクに放出した、タナカ製P229ステンレスモデル!!



マルイのハイキャパの魅力で、ガスハンドガンに戻って来たのが2008年の12月頃だったかな? 毎週のように赤風呂に行って、
いろんなガスハンドガンを買ってた中の1丁です。



ショーケースの中に飾られたのを見て、ひと目惚れ! 「これ、頂戴」って購入したんだけど、、赤風呂って、清算時にガス漏れチェックで
手渡ししてくれるじゃないですか、、、その時に持って思った!!   「うっ、、軽い」と、、、、、笑!



でも、大人のオッチャンは、何事も無かったように「OK」ですと、、買ってしまった!  



当時、長物やショットガンにハマッていた私をガスハンドガンに引き戻したのがマルイのハイキャパで、、ハイキャパって
そこそこ重たいやん!  その流れで、つい油断して買ってしまった。。



家に帰って、速攻、鉛を入れたけど、、、



入れて、この重さだもん!  最近、頂いたP226は、KSCもマルイも800グラムあるもん、、鉛入れなくても、、、、笑!



形としては、226よりゴツくて好きだったんですけど、、未練もなく放出しました♪  

Posted by 塔四郎 at 13:00Comments(2)

2013年07月31日

タナカM870(泣)

前回の記事用に古い室内の画像を探していたら、その他でも面白いのを発見したのでご紹介!!

タナカのM870です! 実銃レミントンのストック類が付いています!



2年前の金欠の時に売られてしまった可哀想な子です、、、、、、泣!



元々、中古でヤフオクで買った時から実銃ストック類が付いてた、ウルトラリアルなM870です! 二度と手に入らないレア物!



木目も美しくて、、、大切にしてたけど、、、金欠でバイバイ、、、泣!



もちろん、高額になるのが分かって手放したんですが、、、



私、エランのガバの時もそうなんだけど、
高いトイガンだと、ビビッて触れないので手放した、、、、笑!



リアルなタナカの870は、マルゼンのみたいに気軽にシェル入れてガチャガチャすると、デリケートで壊れやすいとも聞いたので、、



ショットガンも好きだぞと自称するなら、手放したらアカン鉄砲でしたが、、ビビッて触れないのなら、、やっぱ、、いらないじゃん!



壊れても直せる知識と技術があれば、絶対に、手放さなかったと思うけど、、、あぁ、、、勿体無い!!



蓄圧式のシェル、、カシオペア事件があったので、、以後、、それを用いた長物は作らなくなったタナカ、、、残念だよね!
もし、何もお咎めもなく、カシオペアが普通に売られていたら、今のトイガン情勢は大きく変わっただろうなと思うし、
カシオペアを改造して実弾を撃てるようにしたヤツも現れなかったと思うんだけどね、、、それ出来る人なら、他の、、、以下、略ww



タナカ870が発売されていた頃は、これでもかって程、毎月、新バージョンが出ていました、、何が何だか私にはチンプンカンでしたが、、



最近ではヤフオクでも見ないっすね! まぁ、手に入れた人は手放さないっすもんね。。



今後、マルイから870が出る! お座敷派の私にとっては、まったく興味の無い品だけど、、つか、、なんで今更、870なんだろ??  

Posted by 塔四郎 at 09:00Comments(8)M870

2013年07月30日

ガラガラな我が家?

3~4年前の画像かな? 

まだ、鉄砲置き場に余裕のあった頃です!



置き方にゆとりがあります!



デトも少なく、、



エンフィなんか、1丁しか無かった時代!



見て眺めるなら、この頃の方が良かったかも、、、、泣!



長物の大半は壁掛けで眺めるには最高、、、、笑!



ジュリアンも広い空間でノビノビしてたけど、、、



今じゃぁ、長物コーナーの奥の方に追いやられた!!!
置き場の限界! でも、物欲は全開バリバリ! 自粛中なのに、、、笑!
でも、、決めた! 来年からは、もう鉄砲買わない!
    

Posted by 塔四郎 at 23:00Comments(6)

2013年07月30日

長物置き場

前回からの続きです。

単三電池の収納問題も一応決着したMGCクルツは、再び、長物置き場へと戻るのですが、その為に領地が半分に減らされたイングラムは、
重ねて置かれていたりして、ちと、問題!



狭い領地の中で、イングラムを取り出しがしやすいように、色々と並び替える!



あっ、、これがいいや!



これなら、イングラムも出し入れがしやすいし、ぶつかりあって、傷を付け合う事も無い♪



地震が発生したら将棋倒しになるけど、、それを気にしたら、我が家の鉄砲、、他も一杯やばいのあるし、、、、問題外!



ハンドガンも長物も、、もう置き場的には限界な我が家だよなぁ~!!
来年は、もう、鉄砲買うの止めようかな、、、歳だし、、、笑!  

Posted by 塔四郎 at 18:00Comments(2)コレクション陳列

2013年07月30日

電池収納完成!

前回からの続きです。

せっかく作ったマガジン型の電池収納ケースは問題がありNG!!



代わりに見つけたのが、皮製単三電池収納ケース! (向って左の小さいの) ヤフオクで200円でした!
ついでに、ひと回り大きいのも200円だったので両方落札した! 自粛中だったけど、、400円ならOK??  笑!



ただ、単三ケースは4本収納用なので、MGCクルツに必要な5本を入れると、、無理がある、、、、笑!



大きい方にはラクに収納出来たけど、、、



デカくてアタッシュケースに入らない!!!



素直に単三ケースに4本だけ入れて、



1本だけ裸で置いても、、カッコ悪いよね??  いろいろと考えていたら、、、、



あるやん! スポンジの下!!!!



これで、無事に単三電池は隠せました!
つか、、電池5本をスポンジの下に入れれば、一番、簡単だったのでは???

皮ケース買わなくてよかったような、、、、、滝汗!
400円の無駄遣いだから、、、まっ、、いいか、、、泣!  

Posted by 塔四郎 at 13:00Comments(2)MGC

2013年07月30日

電池収納ケース

アタッシュケースに入れられて、長物置き場の一角を占拠している三点バースト付きのMGCクルツ!
ガスと電気の力で機能する長物ブローバック創世記の珍品です!

単三電池を5本も使うこのモデルは、電池を入れたままにしておくと液漏れで本体自体もダメになるので、普段は外しておこうと、、、
でも、裸で電池をこのケースに入れてもカッコ悪い! どうしようかなと思った時に閃いた!!!




要らない電動用のマガジンを、、、



分解して、中身を取り出す!



こんな風になっているのね、、、中身は!!



あれま、、ぜんまい部分の穴が開いたままか、、、汗!



面倒くさいから適当な鉛を貼って目隠しをして、、



色塗って誤魔化す!



で、余分な部分を切り取って、、、



あとは、この中に電池を収納する!!!



ほんで、切り取ったマガジンリップ部分をフタ代わりにして、、、



マガジン型の電池保管ケースの完成!!




これなら、こうして置いてもおかしくない!!!
天才だなぁーと思った私でしたが、、、

あれ、、待てよ、、、 金属の入れ物の中に、
そのまま、電池を重ねて入れたら、ヤバイんじゃないの??
電極同士はぶつかったままだし???


電気苦手な私でしたが、NETで電池の保管方法などを調べた結果、どうみても、これはNG!!!
せっかく、マガジンを加工したけど、、ゴミ!!!




ケースの中にある小物入れに収納も考えたけど、中が深いので取出しが面倒くさい!

さて、、、どうするかなと、、ヤフオク見てたら、、見つけた!  続く!
  

Posted by 塔四郎 at 09:00Comments(10)MGC

2013年07月29日

マルイMPLのヒモ!

フミンスキーさんから絶版スチールストックを頂いて完成した我が家のマルイ・エアコキMPL!!

付属品のヒモも付けた! 当初、ドイツのマシンガンにしては米軍ぽい色のヒモだと思っていたけど、
MPLって敗戦後にドイツが作った長物だったのね! つか、MP5もドイツの鉄砲だと、その時に初めて知った、、、、笑!



ヒモは付けてみたけど、新品同様で似合わないかぁ!  
洗濯機に漂白剤入れて洗ってから、ぞうきん代わりに床を拭いて汚せば使用感出るかな? 今度、やってみよっと♪



これがフルスチールでガスブロしたら絶対に欲しい1丁になるんだけどなぁ~!!
VFCさん、MP5の次は、これで行きましょうよん!  

Posted by 塔四郎 at 23:00Comments(0)ワルサーMPL

2013年07月29日

アルミの外装を研磨!

前回同様、21日に行った作業ブログです。

アルミ外装は手に入れたけど、全体をグレーぽく塗ってしまったミニUZIには、そのまま付け替えればOKってなワケには行かなくなった!



トップカバーとアルミフレームとの、この色の違い!!!



こりゃ、大仕事になりそうなので、、、



一度、塗装仕上げの状態に戻す!



そして考える!



いかに簡単に組み替え出来る方法は無いかと、、、、笑!



答えが出た!
この黒いアルミの外装をグレー風にするのが一番手っ取り早いと!!




塗装でグレーに塗り直すのは、一度、黒塗料の剥離とかするのが面倒だし、金属素材だと自家塗装の喰い付き強度に自信がないので、
元々の黒塗装?を研磨してグレーにしてやれと、、、、研磨開始!



黒をグレーにするのは、目の荒いスポンジやすりで皮膜にキズを付けるのが簡単、、、それを段々と細かいヤスリで磨くんだけど、
あんまり細かいので磨くと、、また、黒っぽくなるので、磨き加減がデリケートです♪



うまく成功すれば、黒染めが薄れた感じになりんす!



とりあえず、アッパー側だけ、ある程度、満足できそうな感じに仕上げたけど、、ここで、、21日の作業は時間切れ!!!!
残りは28日の日曜日に気が向いたら行います!    

Posted by 塔四郎 at 18:00Comments(4)WA・ミニUZI