アクセスカウンタ
< 2016年09>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 26人
オーナーへメッセージ




ダイレクトメッセージ      お座敷掲示板専用スレ      ヤフオク全出品リスト



2016年09月12日

する事が無いので

新たに買い物する軍資金が無くする事の無い日々が続いています。

と言う事で、一杯、余っているマルシンエンフィの純正樹脂グリップでも加工しようかと、、向かって左が研磨したブツです。



樹脂グリップは、粗目なやすりなどで削るだけでも木製っぽく見えるけど、、、



エナメル塗料の黒と茶色で着色して行きます。



エナメルは乾燥に時間が掛かるので、乾いては着色を追加したり、キズを追加したりして好みの感じにして行きます。



イメージは使い込んだグリップと言う感じで、今までにも、いくつも、インチ木グリップは作って来ましたが、ほぼ丸々一日費やした大作(笑)



そう、取り付けるエンフィは、このマルシン純正ノーマルグリップが付いているギガエンフィ!



グリップを交換するとオールド感が一気に増します♪



無傷の樹脂グリの時はモデルガンぽかったけど、今回のオールド風グリップで実銃ぽくなったような??



エンフィは、やっぱ、小汚いグリップが似合います。



ギガマキシウエイト+純正ウエイト入りの樹脂グリップで重さは最高! 見た目もお気に入りで、今、我が家のエンフィ軍団の頂点モデル!



本体部分にも茶色の錆びを部分的に追加したい衝動に駆られているけど、、やり過ぎ感が増しそうで、、躊躇してます。



おしまい♪  

2016年09月06日

する事がない!

前回からの続きです。

樹脂製キャタピラに2コマ追加して、ダルダルに延長された3突のキャタピラ!
これだけ緩んでいても、のんびり走らせる分には直進、後退、転回でも異常無く走行は出来る。



キャタピラの雰囲気には満足しましたが、改めて、この3号突撃砲を見ると、綺麗すぎるように感じた。



一応、キズや汚れは付いているんですが、何か控えめ???



それと、弾着で出来る黒煙みたいな汚れが無い!



よって、黒を追加!



キズも更にいくつか追加して色付け♪



飛び散る黒ww



車輪のゴム部分にはキズ追加。



完成!



遠目で見ると、黒い色が少し加わったくらいにしか見えない、、、笑!



地味な作業でした、、、泣!



新しい戦車や鉄砲、フィギュアが欲しいけど、もう借金増で無理な状態、、、こうゆう地味な作業で半年は暮さないと、、、、、



つか、今までは、キャタピラの緩んだ感じが欲しくて、金属キャタピラ装備のヤツをメインで購入してたけど、
樹脂製でも、色塗って弛ませる事が出来るので、今後は、安い樹脂キャタピラ仕様で充分かと思いました、、、つか、買えないけどww
  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)三号突撃砲

2016年09月05日

ヘンロンの樹脂キャタピラ

もう、新たに購入する資金も底をつき、手持ちの鉄砲や戦車をイジッてヒマを潰す今日この頃の私です。

そんな私が重い腰を上げたのが、ヘンロン純正の樹脂キャタピラの手直しです。



金属キャタピラ装備のⅢ号戦車は適度に弛んでいて良いんだけど、、



Ⅳ号戦車の樹脂製キャタピラだとピンピンに張り詰めた感じで弛みが無い!
たぶん、走破性能は、この状態のがいいんだろうけど、我が家は1メートル圏内を走らせるだけだし、見た目を重視したいかと。。。



Ⅲ号、Ⅳ号戦車のキャタピラは共通で、以前のⅢ号戦車の樹脂キャタピラが余っているので、そこから2コマ外して延長させようかと、、
何回か、キャタピラの分解を試みたが、ピンが外れずに断念を繰り返していましたけど、、今回、ヒマなので、やっと分解できた♪
キャタピラ左右に見えるピンの頭をよく見ると、上の画像のように穴の開いたように見える片面があり、そこに予備の金属ピンを挿して、
木材の上でトンカチで叩くと中のピンが木材に突き刺さり、後はキャタピラを上に引っ張れば抜けた。



穴の開いていないように見えるピンの片面が、この滑り止め加工でギザギザになってました、、この手のピンはトイガンでもよくあるね。



2コマ足すと良い感じに弛みが出た。



ただ、、、あんまし弛ませると、走行するとキャタピラ外れるんじゃないのかな?



普通に走行出来る金属キャタピラのⅢ号戦車を持ち上げると、これくらい、キャタピラが下に垂れ下がるんだけど、、、



今回、延長したⅣ号戦車の場合、、下への垂れ下がりがⅢ号より気持ち多いような、、、、



Ⅲ号戦車では、キャタピラ内部の突起が、上の画像のように車輪の外側には出ないが、このⅣ号は出てしまう。。
ただ、車輪の間に突起を入れて走らせれば、通常の走行や旋回では外れる事は無かった。
速度を上げたりすると不具合は出たけど、戦車はのんびり動かすので問題無いと判断!



そうとなれば、このⅢ号突撃砲も、、、、



同様に2コマ追加して弛ませた♪
たぶん、実用レベルだと1コマ追加くらいの方が走行に支障は出ないと思うけど、外れたり、絡んだりする方が、操作が慎重になるので、
重厚感のあるリアルな走りが出来ます。。。  (笑)



つか、、キャタピラのピンの外し方をマスターしたから、いつでも増やしたり減らしたり出来るので無問題♪
  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)ヘンロン製品

2016年09月03日

デト城・崩壊

昔、我が家にはデト城と呼ばれる一大勢力があった!

100丁近くのデトニクスが棚一面に陳列されていたが、、、、、新たなデトニクスの購入もなく停滞していった、、、泣!



そんな夏のある日、毎年恒例のエアコンからの水漏れが発生した。



フィギュアはアクリルケースの中にいるので安全ですが、その下にいるヘンロン軍団は、水に濡れるとやばいよね、、ラジコンだし、、、汗!



と、言う事で、デト城の隠し部屋に退避した。
デトを陳列していた棚は、上にスライドすれば、デトを載せたまま、こんな感じで固定されて、その奥の隠し部屋が現れる。



以前は、衣類や本などの生活用品を隠していたが、それらは別の場所に隠して戦車置き場とした。



つか、、本も衣類も一杯捨てた(笑)



こいつだけは、デカくて入り切らない、、、、汗!



デト城が崩壊して、ヘンロン城の誕生??



まぁ、、冷房を使わなければ、エアコンの水漏れは発生しないので、それまでの一時避難です。



デトニクス、、、しばらく我慢してくれ!(笑)  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(2)ヘンロン製品