アクセスカウンタ
< 2017年02>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 26人
オーナーへメッセージ




ダイレクトメッセージ      お座敷掲示板専用スレ      ヤフオク全出品リスト



スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2017年02月28日

革製スリングをGET

ライフル系が増えると、スリングが足らなくなります。
てか、スリングを付けても一度も肩からぶら下げた事はなく、単なる飾りで付けてるだけですが、、、、笑!

このVSR赤ストックに付けてる革製スリングは、、、元々、



貴重なタナカM1897モデルガンに付けていたもので、タナカ純正の革製のスリングだったと記憶します。
我が家には革製のスリングはこれしか無く、今回VSRに移植してしまいました。。



そうなると、M1897の装備が寂しくなるので、ヤフオクで探していたら、実銃の中古が1500円で売りに出ていたので2本買った!
ドイツ軍の放出品らしいが、別にアメリカの銃に付けても、スリング自体にドイツ軍って書いてる訳じゃないし気にしない♪



それと、これも中古で4000円でGETした! 猟銃用のスリングらしい♪ 以上3本の革製スリングが我が家の仲間に加わりました。



我が家のM1987は、レシーバーをビンテージ風に塗ってあるので、ドイツ軍の年季物スリングが良く似合います。
こうしてドイツ軍って書くと違和感あるけど書かなければ、どこの国のスリングか分かる人は、まず、居ないかと思います、、、、、、笑!



うしし、、、かなりシブくなった気がする!



ただ、見た目は問題無いけど、中古のせいか、とっても革の匂いがキツいですね、、そのうち匂いは消えるのかな?



残りのドイツ軍スリングは、この長物に装着!



所有するショットガンの中では一番お気に入りのマルゼンM1100です。
社外品の木製ストックに金属レシーバーを装備した、とってもリアルなライブカート式ショットガン!(てか、最近、作動させてない、、、汗)



そして、豪華な模様の入ったスリングはVSRの木ストックに装着!



でも、パイボットや銀色スコープと、このスリングは合わないかな?  再考しやす。  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)マルイVSRM1100M1897

2017年02月27日

コクサイのM700ですが

我が家のライフルブームを加熱させたコクサイのM700です! 
ある意味、この美しいストックが、今回3本の光沢ストックを作る原因だったかも♪

ただ、前回のブログにも書いていますが、ストック前方のBB弾を入れるホルダーが破損していて、とりあえず、接着して形にはしてるけど、



パーツが余っているので、マガジンとしての機能はしてないと思う! で、いつか、中古のパーツを手に入れようと思い、、、、



買った!  部品取り用に!!



出品者の方のコメントでは「当方知識も無く、動くかどうかも分かりません」と言うジャンク品でしたが、応札の末に落札金額9050円でGET!
スリングも付いてるフルセットだと思うのですが、トリセツとかは入っておらず、代わりに謎の小冊子が???



航空自衛隊文書規約とか防衛省とか、なんか、やばそうな内部文書?? お役所文書は漢字だらけで、読む気も起らず破棄しやした。
つか、、なんだったんだろ、、これ?(汗)



ほんで、肝心なマガジンですが、、、



多分、使えそうです! 
でも、本当に直ぐに外れそうな接着面をしています! まっ、弾は入れないので問題無いけど、、、笑!



ジャンクで9050円まで応札する気になったのは、このコクサイ純正だと思えるスリングが画像に写っていたからです。
革製のスリングって結構高いイメージがあったので、これも入っているならOKかと♪



ただ、残念なのはカビている? 



スリング自体は使用感がまったくないので、使わずに、ずっと箱に入っていてカビたのかと、、、
つか、M700自体も、先ほどのマガジンも、ほとんど使用感が無いです!




チークパットのゴムも白っぽく変色しています。
ただ、これはゴム製品なので、後でシリコンを塗布すれば問題ないかと思います。



排莢口部分は、まったく塗装の剥げも無かったので、未使用だと思いました。
だって、この後に、何度かコッキングしたら、簡単に塗装が剥げたので、、、、汗!



フルセットを組み立てるとこんな感じです。
残念だったのは発火用のカートが入っていなかった事! まっ、別にいいけどね。



以前に購入した1号機(画像上)と並べて撮影!
ストックの色や模様が違うのが分かりますか? 今回購入した2号機の方が色が薄いです。



奥が2号機で手前が1号機! 
結局、部品取りにするのは勿体ないレベルだったので2号機として、このままコレクションに加わりました! 
つか、同じ見た目なの2丁も要らないのに、、、泣!  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)コクサイM700

2017年02月26日

ついでにタナカも、、

前回からの続きです。

バイポッド前方に鉛などの障害物を混入すれば、バイポッドを畳んだ時のラインを好みの物に変えられたので、
一番のお気に入りのタナカのカート式M40A1も修正しようと思います、、、つか、こうして立てている時はいいんだけど、



折り畳むと、かなり足が上を向いている。。



私としては、やっぱ、バレルのラインと言うか、横から見た時に平行に見えるようにしたいワケです♪



で、余り物の鉛を用意して、前回同様に、この後に黒いビニールテープを巻いて、バイポッド前方とシトックの隙間に入れます。



で、後は締め付けて平行線!(笑)



黒いテープで巻くのは、前方から見ると鉛が見えるから、それを分かり難くする為と、ストックをキズつけない為。



横から見ると、こんな感じ。



全体像では、こうなる! まっ、どうでもいい事なんですが、手にするより眺めてる時間の方が多い我が家では重要な事です、、、笑!  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)タナカM40A1

2017年02月25日

バイポッド角度修正?

ロングランになった3丁のVSRが仕上がってする事がなくなったので、別の銃で、どうでもいいけど、気になった部分を修正します。

すっかり、地味な存在になった我が家の初代VSR(ガンサウンド仕様)ですが、ライト型スピーカーのラインが上を向いているんです。



構造上、ストック下部のラインが前方に上がっているので、そこに取り付けているバイポッドは必然的にそのラインに沿って上を向く。
でも、私としては、バイポッドに装着しているライト型スピーカーをバレルのラインに合わせた平行な感じにしたいのです。



だから、バイポッドを取り外して、



バイポッド前方に鉛のかたまりを置いたらどうかと?



鉛に黒いビニールテープを巻いて、



バイポッドを装着すると上向いていたライトが平行線に、、、



つか、肉眼では分からなかったけど、撮影すると、まだ若干上を向いてるかな? 1mmくらい? まっ、肉眼では分からないのでOK。



我が家の二丁のガンサウンド達♪



ライト型スピーカーをはじめ、ギターアンプまで買って、サウンドを楽しんでいるけど、やっぱ、スピーカーは1個だとおかしいね。
部屋の四隅に4つ位のスピーカーを置いて撃てば、たぶん、もっと臨場感が出ると思うけど、、まっ、面倒くさいので、これでいいや♪  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(4)マルイVSR

2017年02月24日

VSRレッド完成

前回からの続きです。

VSR軍団の最後の仕上げは、このレッド君ですが、



この子は革製のスリングを付けただけで終了!  重量UPさせた前回のウッド君より手抜き作業!!(笑)



それも、新品のスリングではなく、このタナカに付いていたのを強奪して移植しただけ!



装備は、そんなもんですが、後は、ひたすら磨いた!!
ラップ塗装で仕上げた2丁の中では、ダントツに、この赤ストックの方が艶がある! 多分、下塗り成分の違いだと思うけど。。



赤クリアーの下に塗った銀メタリックのせいか、茶色く見えたり赤く見えたり、デジカメのオート撮影だと、中々、実際の色が撮影できない。
まっ、とにかく、ラップ塗装としては定番の色艶って感じです♪



革製のスリングは本当は黒い方が似合ったかも知れませんが、、まっ、、これはこれでいいかなと?



このレッド君のイメージは、テカテカなストックに銀メッキの本体、そして、革スリングと来れば、、、そう! 成金バブルなイメージです♪



ラップ塗装で仕上げた2丁、それぞれ、まったく個性の違う感じに仕上げたつもり♪
butchさんが表現されたセクシーなライフル達!



うん、確かに、セクシーだ!! エロいでしょ?



今回、チャレンジしたラップ塗装は、乾燥時間や研磨に凄く時間が掛かるけど、面白いですね! 模様付け自体は難しくないし♪
やり方を忘れないうちに、もっと何かを塗りたい気もするけど、、部屋中、粉塵だらけになるのが悩みどころです。
ハンドガンくらいなら、まだ塗装出来るスペースあるけど、ストックを塗るスペースはキツいっす、、、でも、また、やりたいかな?  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(2)マルイVSR

2017年02月23日

VSRウッド完成

前回からの続きです。

木ストックのVSRウッド君には、前回のイエロー君と同様にバイポッドを付けます、、つか、このパイボットはマルイ製じゃないヤツですけど。



で、完成!  銀色スコープがワンポイントのウッド君!



でも、これだけじゃ、面白くないよね? 
全てのVSRに対して言える事ですが、世間では長所となるのでしょうが、我が家では短所扱いになるとこが、、、



重さです!
スコープやパイボットが付いて約3kgですが、VSRはM700を模造しているので、そのM700の実銃だと付属品無しの状態で2.9kg前後。
タナカのカート式M700が2.78kgで実銃に近いけど、VSRのリアルショックは付属品がないと約2kgだったと思う。。。



実際にゲームとかで持って撃つにはVSRの重さは最高だと思うんですけど、、お座敷鑑賞派としては、ちと軽いのです、、、汗!
だからと言って、実銃重量に拘り過ぎると、装備品を装着した時に、重くて触るのが嫌になるのが我が家には何丁もある(笑)



と言う事で、少しだけ重くしようかと、、、アウターバレルからインナーバレルを抜き取ります。



そして、厚さ1.5mmの鉛をインナーに巻き付けます。



いくつかのブロックに分けてインナーに差し込み、



アウター内部のバレルスペーサーとマズルキャップの間に収まるように調整します。



そして各鉛をテープで連結させて、内部でガタガタと音が出ないようにした。



これで、約400gの増量となりました! フロント側に重みが加わったので体感的には、もっと重くなったように感じます。
このウッド君は、見た目ではバイボッドが付いてるだけですが、見えない所で、他のVSRとの違いを地味にアピールしました(笑)  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)マルイVSR

2017年02月22日

VSRイエロー完成

前回からの続きです。
つか、まだ続くのか、、VSR!!  時間掛かってるのよ、この子達! でも、あと二日で終わるかな?

とりあえず、形になった3種類のストックを装着したVSRを1丁1丁、最終的に装備品を付けて完成させて行きます♪



黄色いストック君をイエローと命名して、木ストックはウッドと名付けた、、、笑!
最終形態に向けて仕上げて行きます。



まずは、イエローにバイポッドを付けて、



様子見、、、、笑!



どのVSRにどのパーツを付けるか意外と悩みます。。



全てのVSRを並べて、どうするか考えてたら、重要な事を忘れていた事に気づいた!



このイエローはガンサウンド仕様だったけど、まだ、送信機をストックの中に入れていなかった!
で、組み込んでサウンドテストして無事に音は鳴った♪



そして、思った! このイエローには、この長くてデカいスコープは似合わないと!



手前にあるのが、我が家のライフルブームの火付け役? タナカのカート式M700! 一番のお気に入りライフル!
長いスコープはこのタナカに移植して、タナカに付いているのをイエローに付け替えようと思います。



うん! 真っ黒でシンプルなタナカにデカいスコープは似合います、、、てか、似合う似合わないは人それぞれですけどね、、、汗!



ほんで、ある意味、普通サイズのスコープをイエローに装着。



そして、ちょっと寂しいので、、、



ストックホルダーを装備♪



うし! 段々イメージが出来上がって来た!



フロントサイトを両面テープで取り付けて、、



スコープにはバトラーキャップを付ける。



雰囲気が出て来た♪



で、スイベルだっけ? ヒモを付けて、、、



うーん、なんか、足りない、、



で、小さなレーザーサイトでも付けた(笑)



これでイエローは完成です。
次は木ストックだな。。  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(2)マルイVSR

2017年02月21日

我が家のVSR軍団

前回からの続きです。

レシーバーとバレル、そしてスコープを丸ごと木ストックに移植しました!



渋い感じのVSRになりました♪



つか、スコープ長いなぁぁ! 我が家のスコープの中で一番長いかも?



後で、スコープの付け替えしよっかな?



木ストックも、まっ、良い感じかな?



このスコープが付いて12000円なら安いよね?



そして揃いました! 我が家のVSR軍団!! 黒ストックと黄色ストックがガンサウンド仕様で残りは普通のVSR♪
どれも、1発もBB弾を装填した事の無いお座敷ライフル!(笑)



で、木ストックに付けたスコープは、、



黄色ストックのスコープと交換。



ちなみに、今回手に入れた中古のVSRのマズルキャップは専用レンチで簡単に取り外せたけど、サイレンサーを付ける予定は無し。
つか、個体差なんだろうけど、以前に断念した黄色ストックのマズルキャップに再度トライしたけど、ビクとも動かない!
これってある意味で不良品です! ネジロックじゃなく瞬間接着剤で貼りつけているみたいで、マルイでも外せないだろう、、、笑!
  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(2)マルイVSR

2017年02月20日

VSR4丁め!(笑)

前回からの続きです。

3本のVSR用のストックが仕上がり、木ストックだけ組み合わせる中身が無い! レシーバーやバレルを単品で買い揃えると
新品で丸ごと買うより高くなるし、又、新品を買ってしまうと、スコープやマウントやら余計な出費も増えるので、、、、、



スコープの付いた中古のVSRをヤフオクで買っただよ。



ストックが迷彩色にカスタムペイントされているけど、部分的に塗装が剥げている代わりに、スコープが付いて12000円の品でした。



どうせ、ストックは要らないし、また、人様のペイントを見るのも勉強になるし、ヒマなら再ペイントしちゃうし、
でも、そうなると、又、本体欲しくなる? 無限地獄に陥りそう、、、、汗!



で、塗装剥げは、結構目立ちますね。



元々はマルイの茶色のストックにいくつかの塗料で上塗りしたみたい。



まっ、迷彩塗装だから、こうした剥げもある意味でリアルなんだけど、、まっ、、我が家では要らないかな?
手直ししたり塗り替えたりしたら、また、本体を購入しちゃいそうなので、、、笑!



スコープに関しては、でかい、と言うか長くて、これは使えるかと。。
では、早速、木ストックに付け替えるとしますね♪  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)マルイVSR

2017年02月19日

3本目のストック研磨

前回からの続きです。

二液ウレタンクリアーの研磨、ラストの木ストックです。
元々はウレタンニスで鏡面に仕上げた物でしたが、一液ウレタンでは硬度が弱いので二液で上塗りしました。



いつものようにペーパーで削り、この後にコンパウンド磨きです。



で、終了!(笑)



光沢自体は、ニスで仕上げた時と大差無いですし、手触りも同じでツルツル、、違うのは硬度だけ。
長物はハンドガンより重いので、床やラックに置いていても、その自重で、エッジ部分の塗装が剥げたりするので硬度は重要です。



元々、鏡面まで仕上げていたので、3本のストックの中では一番平面が綺麗です。
つか、他の2本はラップ塗装の模様のせいで、研磨しててもデコボコが分かり難く、光の加減では結構ボコボコが見えました。



ただ、反面、ケバいストックを2本続けて作業した後だと、この、何にも無い木ストックが地味に見えて、、つか、木目も目立たないし、
苦労したワリには、つまんないストックだなぁーと思ってしまう。



まっ、地味だけど、表面の反射は、こんな感じで物が写ります♪



うし、これで、このストックの研磨も終了!



どれも、一応、満足できる出来??



問題は、木ストックに組み込む中身が無い事、、、、、、汗!  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)マルイVSR