アクセスカウンタ
< 2017年05>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 26人
オーナーへメッセージ




ダイレクトメッセージ      お座敷掲示板専用スレ      ヤフオク全出品リスト



2017年05月22日

研磨材など購入

今年に入って、ほとんど、毎日のように何かを磨いてる私です。

3ヶ月位前にブログで掲載したコンパウンド達も少なくなって来たので、今回、大量に補充しました!



ホルツの定番コンパウンドは一番大きいチューブ式を3種類GET!



ホルツ製品では一番粒子の細かい液体コンパウンドの超極細は、今まで購入した事の無いBIGサイズタイプです。
スポンジやすりが小さく見えますw



後は一番微粒子のハセガワのセラミックコンパウンド! これは、まだ届いていませんが2本オーダー済み!
0.012ミクロンですから、ホルツの液体コンパウンド超極細0.2ミクロンより、最終鏡面仕上げには適しているかと思います。



スポンジやすりは、#800-#1000相当のものと、#1200-#1500相当のものを計10袋の20枚GET!
ウレタンの研磨だと、この2種類のスポンジやすりを多用してからコンパウンド各種での磨き上げってパターンになって来た。



で、コンパウンドは各粒子用に布を用意しているけど、今回は電動工具用で3種類のコンパが使えるようにスポンジヘッドを購入。



ホームセンターでお買い物ついでに染めQの茶色も1本購入! これは後日ブログります♪



で、まだ、ウレタン研磨していなかった白ストックを購入した道具類で夜な夜な研磨!



まっ、画像では分からないけど、スプレータイプの二液ウレタンクリアーだと、塗りっ放しだと艶はあるけど、ユズ肌が目立つので、
それをペーパーとスポンジやすりで整えて光沢の無くなった皮膜をコンパウンドで元通りになるまで磨き上げる地道な作業!



だいぶ削り落としたけど、厚塗りしていたので地肌やシールが露出する事は無かった! 更に綺麗に仕上げるなら、
この後に、もう一度ウレタンクリアーを塗ればいいんだけど、、今はこれで充分かと♪  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)マルイVSR