アクセスカウンタ
< 2019年01>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
オーナーへメッセージ




ヤフオク新着メール登録はこちらから

2019年01月31日

再出品のジャンク理由

前回、MGC限定品オールシルバーのデトニクスを出品告知をして実際に出品しましたが、その後、異常が見つかり出品を取り消した詳細です。

当初、まったく気が付かなかったのですが、センターファイア?サイドファイアのご質問を頂き、



スライド外して、その後、装着する時にヒビ割れを発見しました。



リアサイト部分にヒビ割れが発生していました!



今までまったく気づきませんでした、、、汗



リアサイトの反対側にも、、、



同様のクラックが入ってます。



又、前回の出品時に「ハウジングピン穴にスジが見えますが恐らくクラックが入っているのではないでしょうか」ともご質問頂きましたが、



その部分は大丈夫そうです。




ただ、フレームピンの二本にスジ状のラインが見えます(画像をクリックすると大きな元画像で表示できます)




ヒビなのかキズなのか分かりませんでした(画像をクリックすると大きな元画像で表示できます)



あと、ここにメッキの浮きがありました。



その他、破損しそうな部分としてはスライドストップの穴? この辺は大丈夫かと?



反対側の穴もOK?



デトネーターは内部まで写っていませんが奥もピカピカでした。



ブリーチには穴が開いていないのでサイドファイアだと思います。



この辺も異常は無いです。
ABS樹脂にクラックが発生していますので完全にジャンク品として近く再出品致します。
以前に出品していた時にご入札された方々、ウォッチリストに登録頂きました方々申し訳ありませんでした。



尚、これから新規で入札なされる方は冒頭でもリンク掲載していますが過去のブログを合わせてご覧ください。
ジャンク以外の詳細はそちらに記載されています。  

Posted by 塔四郎 at 20:00Comments(6)放出品リスト

2019年01月29日

部屋に窓が戻った!

前回のブログで仮組みしたタイガーと移植を待つ砲身の短いタイガーはここに置いてある。

ヤフオク出品の合間に以前に撮影した画像を交えて最近のマイルームの紹介!



160丁位放出したので、久しぶりに窓が復活しました! つか、冬場に復活しても寒いだけですが、部屋の換気には大歓迎っす!



ヘンロン戦車が一堂に並ぶ!



長物はほとんど放出したので、残ってる箱の無いハンドガンはベットの横にぶら下がってる(笑)



箱があるのは、この辺に山となってる!



この辺は戦車のプラモ置き場と化して、



ヤマトがいたり、、、



こんなんもいる(笑)



つか、、プラモの完成品はヤフオクに出しても壊れないように梱包するのが面倒くさいよね、、、、汗



リボルバー置き場のショーケースの上にはお人形さん達が、、、



統一性の無い様々な人形がいる!



元々、ウォーキングデットのフィギュア置き場だったところにもヘンロン戦車が陣取る!



ほんで長物が一杯壁に飾られていた所がフィギュア置き場に変身!  160丁放出したのに窓が見えるようになったくらい?
あいかわらず、部屋のアチコチに物で一杯、、、、いつになったら普通の人の部屋になるのか、、、、(汗)  

Posted by 塔四郎 at 21:35Comments(4)コレクション陳列

2019年01月28日

ヘンロン・タイガー1型のガワ(笑)

ヤフオク出品作業はひと段落? 今、出品してるのが正月から点検や撮影終えてた全てで、また、再び、水面下ではゼロから準備に入る。
昨年の5月から約160丁くらいは放出したみたい。 トイガン終わればフィギュアや戦車の出品が控えている。

休日は、ほとんど出品作業に追われている中、、息抜きでヘンロンのタイガー1型の外装のみヤフオクで安く売りに出てたので落札!
つか、落札したのは去年の暮れですけど(笑)



単純に3点のパーツを組み合わせるとこんな感じで、駆動輪も無ければ砲塔の中身も無いし、このままでは形にならない。



空っぽだもんね、、、形になる訳がない!(笑)



つか、凄いよね、、、前のオーナーさん、ライトの配線、ぶった切りだし、、雑な所に親近感を覚えるw



で、本当の購入の目的は砲身のガワだけ欲しかったの! 以前に完成している3号機がヘンロン初代のガワなのか砲身が短い。
マーカー部分を見比べれば分かりますよね? 3号機のはリコイルして短くなったままみたいな長さになってる。
だから、いつかは今回手に入れたガワに付け替えたいけど、塗装などもしないと駄目だから先送り。



とりあえず、バラバラのまんまじゃあれだから、一応形にしようと、まず、砲身を支える棒を突っ込む(笑)



駆動輪とかは内部にモーター類がないと付かないので、以前に金属ギアモーターに交換した時の余り物樹脂モーターを付けて、
余っていた駆動輪や樹脂キャタピラを付けた。



フロント側の車体上下を組み付ける穴は新型タイプなので、このままだと正面から穴や爪を入れる部分が丸見え。。



よって、これらの余り物パーツを用意して、、予備キャタピラを留めるバーは、そのままだと付かないので、、



プラ板で左右を延長して、、、



こんな感じに貼り合わせた。



そこにキャタピラを入れれば穴が隠せる♪



その他、余っていた付属品を取り付けて、



機銃は無かったので、、、



爪楊枝を短く切って、、



色を塗ればバレルに見えるかと(笑)



最終的には砲身のガワを付け替えたら、この中身の無い方に短い砲身を付けて中身の無いプラモデルにする予定。。
でも、、だいぶ先だろうなぁ、、、まずはトイガンのヤフオク出品が最優先(泣)  

2019年01月25日

エングレグリップのデト出品

今回のマルイデトニクスは、本体よりも工房Sさんに作って頂いたこの木グリップが完全に主役かと思います。

実銃サイズのグリップですから、アメリカあたりに持ち込んで売った方が儲かるかも? 世界に1個のグリップです♪



デトニクス本体はもう覚えていないけど、私が塗った、真っ黒な光沢仕上げである事は間違いないです。
なんの塗料で、どんな風に塗ったのか忘れた!



木箱は昨年暮れに購入してGUNケース風にしたもの。



つか、、、このグリップともお別れかぁ、、、、、



手放したら二度と入手できないよね、、、、、、泣



あと、本体の塗装はこの頃かな?  



ただ、上の過去記事のスライドはヒケが酷かったけど、それよりはマシなスライドに付け替えた気がするんだけど?



どちらにしても一応鏡面にはなってるけど、、、



今見ると、イマイチかな?



あくまでのグリップが主役で本体はオマケって事で、、、笑
  続きを読む

Posted by 塔四郎 at 19:56Comments(0)放出品リスト

2019年01月25日

MGCデト・エジプトグリップ付き出品

再び、MGCのデトニクスの放出! たぶん、これが最後のMGCデトかと思います! 素材はABS製の物を自家塗装しました。

元箱が無いので木箱に予備の木グリップ、それとトリセツ入れての発送です。



ABS製のデトニクスは軽いのでエジプト製の真鍮板と合体したグリップが付いてます。



自家塗装する前のボロボロだったABSデトにエジプトグリップを付けた過去記事はこちらです。



外装は自家塗装のダメージ仕上げ? ビンテージ仕上げ? いろんな呼び方があるけど、下地に銀塗って、
上塗りを黒塗って、研磨して下地を出して使い込んだように見せる塗装で、その時の記事はこちらです。



てか、、過去記事見たら2時間で塗装したデトニクスだったのね! 
あの頃はいかに短時間で塗装できるか日々チャレンジしてた頃だった!!(笑)



過去記事によるとダークステンレスの厚塗りの上に極黒をエアブラシで薄く塗ったらしく、その極黒部分の一部がぶつけた?剥げてる!



使い込んだイメージの塗装は、後から付いたキズも味になるし、埃や汚れが付いてもマイナスではなくプラスになる?



綺麗な仕上げの塗装銃だと、今回の剥げみたいのがあったら、その時点でゴミだもん、、その点、ダメージ塗装は気を使わない♪



過去記事で塗る前のテカテカABS地肌に無数のキズが付いてたのを公開しちまったが、今では別物って感じでしょ?



2時間で仕上げた塗装には見えないと思う。



天然でついたキズがワンポイントになってます♪



ほんで、残っていても不要になるだけだから、もう1セット、MGC用の木グリップを同梱します。



軽くなるけど、見た目のオールド感は、やっぱ、木グリの方がいいね。



好きな方に付け替えて遊んでください。



ほんで、カートは、、、



未発火みたいなのが6発入ってた。
一応、チャンバーに装填排莢は出来たけど、正しいカートかどうかは不明です、、手動による動作のみ確認済み。



センターファイアとかサイドファイアとかヤフオクの質問欄で教わったので内部を見るとセンターファイアでした。
画像には写ってないけどブリーチの真ん中に穴が開いてました。



それとデトネーターは綺麗そうに見える。



アウターバレルの上には後期型のような銀色パーツが付いてないので古いモデルかと?



ABS製なのにグリップのお陰でマルイのデトニクスより重い。



マジで古い製品だと思うので、発火するとぶっ壊れるかもよ? 観賞用とお考え下さい。



つか、、、グリップだけ単品で出品した方が高く売れたんじゃないか?(汗)



1円スタートの送料900円、、、いつものパターンでの出品です。



古びた木箱に合うよね?



細部まで確認していないけど、この手の塗装は、最終的な研磨で良し悪しが決まるんですけど、
悪い例は、黒が落ちて下地の銀が出るやん、それでも磨き過ぎると、その銀が落ちて、最悪ABS地肌の黒が出る事!



この頃は大分慣れたけど、細部にそんな所がもしあったら、小筆や綿棒に銀色つけて、テッシュで叩いて調整する。



まっ、、いろいろ楽しんで下さい♪  

Posted by 塔四郎 at 18:00Comments(0)放出品リスト

2019年01月25日

インチ木デトの出品

続いてもマルイのデトニクスの出品予告です。

前回に続いて、元箱無しのトリセツ無し! 
宅配便コンパクトの箱に入れての発送で全国一律600円、そんで、1円スタートでの出品です。



デトニクス本体は、昔の銀メッキバージョンです。
空撃ちによる動作チェックは異常なくガス漏れもなさそうです。



特徴はこのグリップです。



ヘンテコな木グリップに見えますが、、、



外すと分かります、、、



別途オマケの純正黒グリップと並べます。



そして、木グリに見えた中からマルイ純正のウエイトが出て来た!



そう! マルイの純正グリップをパテでギザギザを埋めて木グリップ風に塗った品です。
気に入らなければ、黒いグリップにウエイト入れて本体にお付け下さい♪



純正ウエイト入りですので重たいです。



黒いグリップに戻せば普通の銀デト!



あと、、



こんなパーツも付けて重量稼ぎ?



ほんで、、、



リアサイトは銀色に塗ってます。



撮影忘れたけど、グリップ後部のメインスプリングハウジングだっけ? 本来は黒い樹脂製でギザギザな部分も銀色に塗ってます。



オールシルバーの本体に、古びた赤味の強い自作木グリップを付けた、実銃デトニクスをイメージしてます(笑)



マルイの銀メッキの難点はヒケが目立つ事ですが、このデトは比較的目立たない方かと思います。



今では銀塗装モデルに代わってしまったから、ある意味、貴重な初期メッキモデルとなりました。



と言う事で、、、



もう書く事がなくなりました。



細部の画像で程度をご覧ください。



画像



画像



画像



刻印!(笑)



縦長画像!



同上!



あっ、ハウジング見えた!



再び画像!



そして、



最後の縦長画像!



緩衝材に包んでお送りします。  

Posted by 塔四郎 at 14:00Comments(0)放出品リスト

2019年01月25日

マルシンM84・4丁まとめて出品

今回は過去最高の画像か? 60枚以上あります!
だって、4丁まとめての出品なんだもん! 画像も多くなるわな、、、、、汗

出品するのは、これ! マルシンのモデルガン! ベレッタM84が4丁1セットで1円スタート!
つか、物凄く手間が掛かったんだから、ケースも付いてるし全部で1万円くらいで落ちないか??(笑)



気に入った鉄砲があると複数同じモデルを買って、見た目をそれぞれ違う感じにしてコレクションする私だから、
4丁共、全部、見た感じは違うと思います! つか、最初は2丁セットで売ろうと思ったら、
もう1丁出て来るし、ほんで3丁セットにしようかと思ったら、更にもう1丁出て来て計4丁になった。



バラバラで1丁ずつ売ろうかとも思ったけど、全部、元箱なんか無いし、トリセツは画像に写るコピー物が一冊だけ。。
ほんで、単品だとヤフオクの相場が二束三文なので、まとめて売れば全部で1万円位にならないかと?
あとは運命に委ねる!



まずは4丁の中で唯一HW製の1号!



難点は純正グリップが自家塗装されていて、刻印部分が厚塗りでエッジが丸びている。。



HWで刻印は浅い。



M84はフルで13発がマガジンに入り、それ以外にも袋に新品カートが6発入ってる。



マガジンに入っていた13発も未発火のようです。



HWでフルカートなので結構な重さです! マルイのデトニクスより約30gは重たい!



HWは地肌そのままの状態です。



残念なのは金属パーツが地肌が出て汚く見える。



ベレッタマーク部分の厚塗りがなければいい感じなんだけどね。



手動による装填と排莢は4丁共おこなえました♪



全て中古でGETした物で、私は未発火ですが、発火してたと思えるのも混じってます。



ちなみに、このベレッタのみカートの形状が違います、、、後ほど比較画像でご説明します。



続いて2号! (便宜上、番号で呼んでます)



グリップはマット調のブラックで、本体は一時期流行ったメタルフニィシュだっけ? 茶色っぽいメタルコートされた品。



グリップは元からこうなのか塗ったのか覚えてません。



カートは、全て発火済みで、画像に写る5発は内部が固着しており、オイル吹きかけて回したり、外装を磨いたりしたけど、
全然、外れないのでウエイト代わり!



上の色の濃いカートは発火済みですが、前オーナーさんが手入れが良く分解も可能で程度は良いかと思いました。



ほんで、このベレッタとこの後紹介するベレッタ2丁が同じカートを使用します。
特徴はカートのお尻が密閉された何もない形状。



1号のHWのカートを並べて写せば分かりますね!



多分、1号の方が新しいカートで、2号3号4号が旧型で、カートと反対が違うとスライドが閉じなかったです。



話しを2号に戻します。



刻印にはベレッタの文字が見えます、、、版権とかうるさくなかった頃の製品。



ピンボケですが、ちゃんとマルシン文字も入ってる、、、、泣



このメタルフニュシュだっけ? 記憶では手汗とかで色落ちしやすいんですが、この個体は程度いいっすね?



金属小物パーツの黒染めも目立つ劣化もないし、、現存するモデルとしてはかなりの美品?



あと、マルシンさんのABS製品の特徴? ヒケが目立つ事! 最新のマルシンのメッキとかも酷かったし、気にしないのかな?



こうゆう特殊な表面処理されたものや、メッキされたもののヒケは、私ら素人では修復出来ないし、
何十年経っても改善しないメーカーさん?



でも大好きです、、、マルシンさん!(笑)  続きを読む

Posted by 塔四郎 at 10:00Comments(0)放出品リスト

2019年01月24日

タナカP08モリブデンブルー出品

以前にブログったP08の出品予告ですが大幅な訂正があったので記事を削除して、今回書き直しての再ブログです。

タナカのガスガンP-08に、私のトイガンでの「お師匠様」である、トイガン塗装の達人、よしむねさんがモリブデンブルー風に塗装された逸品です。
元箱の中には柔らかいウェスのようなもので、ルガー本体が包まれています、、この辺の気遣いが、さすがお師匠様!!
細部まで丁寧に仕上げられた1丁です♪



元箱の上に置くと、もうイラストのように見える美しさ!



金属パーツ類はケースハードゥン仕上げになっています。



重さはHWモデルなのでこんな感じ♪



モリブデンカラーと木グリの色、そしてケースハードゥンの色がいい感じにコラボしています。



塗装は美しいです。



マガジンは前回のブログでガス漏れしていないと思いましたが、、数時間後に抜けました!
ガス漏れの音などは聞こえなかったのですが、NETで調べたら、どうやら抜けやすい構造らしいです。



注入バルブの方は違うバルブに付け替えたりもしましたが漏れは直らず、この放出バルブの方は分解せず、



てか、段々と面倒くさくなったので、、、、ヤフオクで新品を購入!!



向かって左が新品マガジンで、ガスを入れて一晩放置しても抜けていないのでOKかと思います。



放出バルブが新品の方がひと回り大きいですね、、、
一応本体に挿し込んで2~3回空撃ちして動作テスト、正常にブローバックはしましたが、、、



空撃ちでマガジンにストッパーも入れていないのに続けて撃てます。
普通ホールドオープンしますよね? 仕様なのか異常なのか当方では分からず。



木グリも大変に美しいかと個人的には思います。



逆に第二次大戦時の鉄砲にしては綺麗過ぎるのが不満!



ただ、コレクターの手に渡り、綺麗に仕上げ直したらこんな感じの実銃ルガーもありかと♪
  続きを読む

Posted by 塔四郎 at 21:00Comments(0)放出品リスト

2019年01月24日

ビンテージデトの出品

今度はマルイの自家塗装で工房S様のワンオフグリップ付きを出品です。

元箱やトリセツもなく、ヤマト便の宅配コンパクトの箱に入れての発送でとなります。
通常、送料は全国一律900円頂いていましたが、コンパクトなので600円の送料になります。



本体は、以前ハマッていた下地に銀塗って、上塗りはエアブラシで薄く黒系を塗って研磨した仕上げです。



グリップは工房Sさんにワンオフカスタムして頂いた特注品で裏面には真鍮ウエイトが埋め込まれています。
購入時の過去記事はこちら



更に、その埋め込まれた真鍮板に、、、



これも工房Sさんに作って頂いた真鍮製のフレームにはめ込むウエイトを接着しました。



よって、木グリップに交換すると、メタクソ軽くなるマルイのデトニクスですが600gはオーバーしています。



ほんで外装各部はこんな感じです。



銀色下地の上に黒と言うかグレーの塗料が吹かれています。



てか、、、木グリが主役のデトニクス!



グレーの色が経年で落ちたってイメージで塗ってます。



元となったデトニクス本体は中古で購入した品です、、、空撃ちによる動作チェックは問題ありませんでした。



あとは画像をご覧ください。















マガジン



使用頻度は少なそうです。



再び、画像をご覧ください。



てか、自家塗装の出来栄えなんて自分で解説できんやん、、もう、、見てもらうしかない!



本人としては不も無く可もなくって仕上がりです。



マルイ特有のデトニクスのヒケは処理したつもり。



下塗りの銀色は下地が出ないように厚塗りしたので刻印が浅くなっている。



あくまで木グリップが主役で本体がオマケ?



でも、自分では気に入ってる塗装。



本体はいくらでも代わりは手に入るけど、マジ、木グリはワンオフ品なので大切にして下さい。



1円スタートで送料600円です。



適当な緩衝材に包んで発送予定♪  

Posted by 塔四郎 at 18:00Comments(0)放出品リスト

2019年01月24日

マルシン・ドルフィン出品

続いては、ちょっと毛色の違うM92系? マルシンのM9ドルフィン・HWモデルのジャンク品です。

以前にヤフオクで落札した品で、前オーナー様は2~3回発火させてフルオートは試していないとの事でした。



出品の全てです。



マルシン純正グリップと予備カートがひと箱入っています、、、トリセツ等も入ってました。



本体もマガジンも使用頻度が少なめで、我が家では壁の置き物にしていました。



マガジン内部には、、、



2つくらい、明らかに発火したと思えるカートが入ってます。



カート内部汚いっす!



箱に入った予備カートは全て未使用みたいです。



要らないと思いますがマルシン純正グリップ!



本体にはベレッタ刻印のグリップが付いていますが、山などが潰れて使い込んだ感じです。



本体のHWが新品のように綺麗なので、少し見た目のバランスが悪い?




刻印はハッキリと深く刻まれています、、、やれば出来るんですね、、、マルシンも(笑)



ところでなんでジャンクかだって??



それは、トリガーを引いても、、、



ハンマーが動きません、、、トリガーがスカスカになります。



ただ、マーカー部分を押すと正常に動きます。



たぶん、この辺に異常があります。
グリップのせいでトリガーバーが正常に動かない可能性もあるので、マルシン純正グリップに付け替えてもダメでした。



スライドを外して内部を見る事にした。



この辺がおかしいと思うんですが、私には原因が分かりませんでした、、トリガーバーとハンマーがうまく噛み合わない、、
で、押せば、噛み合う? そんな感じだと思いますので修復できる人用のジャンクです。



ついでに内部を見るとスライド側は綺麗ですね。



発火による目立つサビもないように見えます。



この辺は薄く赤味を帯びてるくらい?



デトネーターも一応銀色だし♪



手動による装填排莢はOKですが、、さっきのトリガーとハンマーの連携に難はあります。



カートフルでこんな重さですが、手にした感じでは、もっと重たく感じます。



置き物としては中途半端な見た目です、、、使い込まれたグリップが綺麗な本体に合わないので、、、



本体を研磨してバトルダメージ風にすればマッチするかと?



時間があれば、じっくり不具合の原因を調べるんですが、この後、まだ大量に出品するのがあるので、、ジャンクで放出!



もったいないなぁ、、、、、汗



逆に安値で落札できた人は幸福かも?



てか、、フルオートで一回は撃ってみたかったかも、、、、笑



入札お待ちしています♪  

Posted by 塔四郎 at 14:00Comments(0)放出品リスト