アクセスカウンタ
< 2019年10>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
オーナーへメッセージ




ヤフオク新着メール登録はこちらから

2019年10月01日

カワサキのZ1の手直し

ヤフオク出品をサボり、1/12サイズのバイクにハマリ大量に購入して、最近は、そのバイクを手直しして遊んでいるけど、

以前から所有していたカワサキのZのうち1台を今回修復しました。



2016年の11月のブログ記事画像にはCB3台とZ2台が写るこの画像が掲載されてた。
当時は記事にもしなかった1/12サイズの完成品バイクが今ではマイブームに、、、未来は分からん!




手前が今回修復させたZ1で、奥が箱出しのままのZ2です。



2016年の時にはワイヤーが付いていないのはまったく気にならなかったけど、、



合った方が全然リアルです♪



こんなハンドル周りが、、、



ワイヤー付けて、少し塗装すればこんな感じに♪



塗装の乾燥待ち時間を除けば小一時間くらいの作業で全ての作業が終了したZ1です。



本当はキャブの下のドレンホースとか付ければもっとリアルになるけど、今回のも未分解での追加工だけだったので
エンジン外さないとキャブ下への穴明け加工は出来ず断念しました。



つか、、、ディスク板に黒いエナメルの固まりが付いたまま、、、、まっ、いつでも落とせるので、見なかった事にしよう♪



Z1、、、ゼットワン? Z2は国内仕様で乗ってる仲間も多数いて馴染みがあるけど、、Z1は海外向けで、逆輸入されたのは
ずいぶんと後だった感じで私の周りで乗ってる人はいなかった。



今でこそ本物は数百万円の絶版中古価格ですが、リアルタイムでは免許制度の改正もあり気軽に大型バイクに乗れなくなり、
スポークホイールからキャスト化、メーカー同士でのパワーアップ競争が激化されて、CB400FUORもそうだけど、、
一時的には普通の中古車並みの価格まで落ち込んでたけど、その後はドンドンと中古価格が右肩上がりの昭和の名車達!



高校時代(と言っても1年しか通ってなかったが)に免許を取って例れば自動的にナナハンに乗れたんだけど、夏休みに教習所に
入学手続きに行ったら地元のヤンキーと待合室で喧嘩して入学拒否! 貯めた入学金はその日の晩に歌舞伎町で消えた!(笑)



10年位前までは、毎年、何台ものバイクを買ってたけど、トイガンに没頭してバイクは単純に通勤の足として使うだけになり、
買い換える事も無くなった! 本物のバイク購入を止めればトイガンなんかメタクソ安いし、いくらでも買える(笑)



それが今では、そのトイガンも無くなり、1/12サイズのバイクを買ってイジッて遊ぶ!
箱出しではプラグキャップらしき突起のあるエンジンに、、



プラグコード用の穴開けてコードを追加したり、、、自分なりに満足できる1/12サイズのバイクに手直し♪



リアルに生まれ変わったアオシマ・スカイネットシリーズのZ1と、手付かずのZ2、、、Z2もいつか手直ししようね。



ホンダのK0とZ1のツーショット!
記憶ではこのk0が市販モデルで初のディスクブレーキ搭載車でナナハンと言う言葉を生んだバイクで、遅れる事一年くらいで
カワサキがZ1で海外ではK0より大排気量となり、それを国内向けに排気量を750にしたのがZ2で永遠のライバル関係?



当時はZ2より私はK0の方が好きだった! ワイルド7の飛葉ちゃんが乗ってた影響もあるかも知れないけど、
ノーマルでの排気音はK0と後継モデルのK1までは今でもNo1のサウンドだと思ってる。
つか、、Z1のブログの最後をK0で締めてどうすんの、、、おれ?(笑)  

Posted by 塔四郎 at 09:00Comments(0)バイク