アクセスカウンタ
< 2019年10>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
オーナーへメッセージ




ヤフオク新着メール登録はこちらから

2019年10月07日

カワサキのZ軍団

前回からの続きです。

アオシマのスカイネットのZ2の手直しが終わりました! 少し手を加えるだけで箱出しの時に比べればリアルになります。
安値なスカイネット製品だから省略されているワイヤー類を追加する&若干の追加塗装でOKです。



こっちがワイヤーも付いていて細部まで作り込まれたソカイネットの5倍前後はするミニチャンプ製だけど、
1本1本貼られたスポークには敵いませんが、それ以外の見た目はこのスカイネット製のZ1と大差ないしかと?



ねっ? パッと見はスポーク見なければ似たり寄ったり!(笑)



逆にワイヤー類の取り回しはミニチャンプスの方がいい加減だし、、



ヘッドルーペや0.1mmサイズごとで違うドリルの刃が数本とピンバイス等の道具が必要ですが、ケーブル自体は数百円だし、
道具さえあればお気軽にカスタム可能かと?



絶対に敵わないのがスポークの太さ、、、元々がギンギラめっきだし、そこに艶消し銀色塗ってスミ入れとかで汚すんだけど、
ミニチャンプスの品と比べると倍近く太くなってしまう。



まっ、、並べて置かなければ妥協レベルなんすけどね、、、、、笑



我が家のZ軍団計三台! アオシマのZ1とZ2にミニチャンプスのZ1が一台です。



パッと見なら、どれがどこの製品か分からない?



これがミニチャンプスなんだけど、箱出しではリフレクターが付いていなかったし、アクセルワイヤーが異様に前方に
長く取り回しされていて、フロントブレーキホースの取り回しがおかしくて、留めは左ハンドルスイッチ下部より
謎のワイヤーが伸びていたり、、、細部の仕上がりが良いだけに余計に欠点が目立つ品。



これが2000円前後で買えるスカイネットのZ1で、ミニチャンプスで省略されていたリフレクターが再現されている。
それ以外は全てのワイヤーを省略する事で価格で勝負している?



今回仕上げたZ2もスカイネット製で、欠点長所は先のZ2と一緒だったけど、個体差だったのか、
リフレクターの色が赤ではなくオレンジ色だった品。



ミニチャンプスのパッと見の見た目は、スカイネットにワイヤー類を付け足せばスポーク以外は大差ないけど、
更に細かく見るとメインキーの穴が再現されていたり、可倒式のスタンドやステップ類など細部は凄い!



ミニチャンプスとスカイネット、、もう一台買うならどっちと聞かれたら、私はアオシマのスカイネットだな。
やっぱ、安いもん! 



今回購入したミニチャンプスのは7000円と超安値だったけど、ヤフオクだと9000円前後でしょ?
スカイネットだと1500円くらいだもん。



まっ、でも、、もう買わないけどね、、、三台あれば充分だもん♪  

Posted by 塔四郎 at 21:00Comments(0)バイク

2019年10月07日

アオシマのZ2も仕上げる

ミニチャンプスのZ1のデティールアップはとりあえず完成として、次なるZ2系モデルは画像手前のスカイネットのZ2です。

以前に同じスカイネットのZ1も手直ししてるので作業工程は同じようなもんだから簡単かと思います。



今回、高額なミニチャンプ製のZ1も購入したけど、それを簡素化されたスポークホイールにしてワイヤーレスにしたのがスカイネット製?
そう思える位、パッと見の外装は大きく見劣りはしないし、価格差を考えれば、絶対に買って損の無い製品かと思います。



つう事で、まずはスポーク類やボトムケース等、ギンギラめっきじゃおかしいぞと思える所を艶消し銀色に塗装しながら、
各部にワイヤー取り付け用の穴を開けてパイピングケーブルを接着固定!



主要ケーブルは0.8mmで穴は0.9mmで開けます。 アクセルワイヤーやプラグコード部分は0.5ミリケーブルで穴は0.6mmです。
それぞれのワイヤーは接着剤を塗ってから穴に入れて固着させて、残りの反対側は最後に長さを合わせてからの取り付けとなります。
現時点では、各ワイヤーの片側だけの接着固定となった状態です。



ひと通りの追加塗装が終わったら、そのワイヤー類を長さを合わせて切断して反対側の穴に接着固定して行き、
以前から気になっていた部分の手直しもします。



それは何かと言うとリフレクターの色が本来は赤いはずが、このz2は全てオレンジ色なんです。
同じスカイネットのZ1も方はちゃんと赤いだったのに、なんでZ2だけがオレンジ?



赤いエナメルのクリアーレッドを流し込みました。



デカい画像だと一部オレンジ色が残ってるけど肉眼だと見えないのでOKって事で、、、、、笑



ほんで完成しやした!



多分、ハンドル周りのワイヤーの取り回しはミニチャンプスのz1よりリアルかと?



やっぱ、この辺にワイヤー類があるといいですね。



小一時間くらいの作業です。



作業自体は、スピードメーターケーブル、タコメーターケーブル、フロントブレーキホース、クラッチケーブルが0.8mmワイヤーで、
左右のプラグコード2本とアクセルワイヤー2本が0.5mmワイヤーだから、、全部で8本のパイピングケーブルを付けた。



8本のケーブルを付ける為にその倍の16個の穴開け作業はヘッドルーペを使って0.1mm大きな穴を開けるだけで、
後は適当に色を加えるだけで、とりあえずはミニチャンプスの製品と並べてもスポーク以外は大差ない見た目へと変貌した?



これで、我が家のZ軍団三台全ての手直し終了!
ワイヤーを足せば、安物のスカイネットもスポーク以外はミニチャンプスと比べても大きくは見劣りしない、、大きくはね(笑)  

Posted by 塔四郎 at 15:00Comments(0)バイク

2019年10月07日

ミニチャンプスZ1手直し!

前回からの続きです。

スポークも1本ずつ貼られており、各ワイヤー類も装備済みで、ダイキャスト多様で重たいミニチャンプス製のZ1です!
スカイネットやマイスト製のオモチャとは違いミニカーレベルの仕上がりですが気になる部分もあるので自分流に仕上げ直します。



まずは画像手前の安物なスカイネットでも再現されているフロントボトムケースの赤いリフレクターがミニチャンプには付いていない。
海外仕様のZ1なので、その国によって本物もいろいろ仕様があるとは思うのですが、私の中ではリフレクター付きが標準なので、



以前にナーフ銃をカスタムしてた時に色々と買い集めたデコレーションシールがあるのを思い出して、、



サイズの近い赤い丸シールを貼ってみた!



ちとデカいかな?



大きさを計ったところ、手前のスカイネットの円の直径が4mmで、奥のミニチャンプスに貼ったのが5mmでした。



たった1mmの違いですが、少しデカい、、、、、汗



ただ、この手のデコレーションシールは多数販売されているので、後でアマゾンで4mmのを探して購入しようかと、、安いし♪



で、前回のブログで書いた目立つプラスネジは黒く塗りつぶした。



こっちのネジも真っ黒に♪



で、DOHCの文字が入ったベース部分は反対側は黒色でしたが、こっち側は銀色に退色してたので黒く塗った。



調べると、プラグキャップが銀色なのは実在したし、シリンダー部分が銀色なZ1も実在しているのは分かった。



だけど、Z1のイメージとしてはシリンダー部分は黒で、側面だけが銀色ってイメージなんですよねぇぇ、、、
実際に当時は銀色エンジンだと白く粉を噴いたりして、それが嫌で、耐熱塗料で黒く塗り直してたもん、、私は何台も、、、笑



銀色のプラグキャップはあえてそのままの色にした! 黒ベースのシリンダーなら銀色で残した方が目立つので♪



その他、エンジン周辺の銀パーツには軽くスミ入れをした。



上下のマフラー接続部分の二か所には実物の画像を参考に色を加えた。



その作業中に驚いたのがタンデムステップ!



なんと可動式だった!



あとは、様子を見ながらスミ入れ追加したり、部分的に艶消し黒や艶有り黒で上塗りしたり、、



うん、プラグキャップは目立つ! 銀色残しで正解か?



面白いのはハンドルレバーが左右とも金色にミニチャンプスが塗ってます。
わざわざ金色に塗ってる訳ですから、ミニチャンプスが参考にした本物のZ1が金色だったんだと理解してそのままの色で残す。



どっちみち、古いバイクですから、100%当時のままのスタイルで残ってる実車は数少ないと思うし、、、



これでいいのです♪



気になるのが、アクセルワイヤーの二本は弛み過ぎていて前に出過ぎている! 本物のz1はこんなに露出してないので、
エンジン側に押し込もうとしたら、ヘッドライトケース部分でワイヤーが接着固定されてたので修復不可能でした。



再びスミ入れ追加!



真っ黒だったキルスイッチは赤く塗る! てか、、赤いのはホンダだっけ? まっ、気にしない。



だいぶクオリティーがアップしました。



ここでアマゾンで購入した新しいデコレーションシールが到着!



商品説明のページには、3mm,4mm,5mmと3種類のサイズで色んな色のが入っていたので、その中の赤い4mmを使います。



剥がして貼るだけの簡単作業! 
本当にこのシールでいいやと思ったら瞬間接着剤で貼り付けるけど、、今は普通にそのまんま貼るだけ、、いつでも剥がせます。



本当のリフレクターは平面だけど、このシールは半球状って言うの? 盛り上がってるので近くで見るとリアルではない。
だから接着剤では今は貼らない。



それと、アオシマのリフレクターが4mmだったので同サイズのシールを貼ったけど、、コンマ数ミリ、今度は小さく思える気がする。



最初に貼った実測5mmのこの画像だとデカいし、、1/12モデルは、たった1mmでも見栄えが全然変わっちゃう、、、、泣



エンジンのシリンダーファンの側面フチは全部銀出しにしてたけど、上側だけを銀残して下側は全部黒く塗り直す事にした。
本物では、どっちのタイプもあるもん、、、どっちでいいかと?



細部チェック。



リフレクターの球体の件は置いといて、、ミニチャンプさん、おかしいよ!
ブレーキホースの取り回しがフォークの外側って変です! なんでこんなミスを?? ホースを切断しないと直せないやん、、パス!



リフレクターの丸みが分かる画像! 平面タイプのデコレーションシールなんて売ってるのかな?



上下マフラーの連結部分、、、前方のネジは艶消し銀色で塗装して、後方は実車だと黒っぽいパーツに見えたので黒くした。



スミ入れの完成したエンジン。



ほぼ完成!



リアルに本物をバイクを楽しんでいた時は、一度も購入した事が無いのがカワサキ車で、その理由は売ってる店が少なかった事が大きい。
販売店イコール修理店だからメカ音痴の私はホンダ党だった! そのメカ音痴はトイガンにしろラジコン戦車にしろ未だに受け継がれている!
構造なんてどうでもよくて見た目だけ?  今更ながら、私って薄っぺらな人間だったのね(笑)



てか、、、この画像を見て初めて気づいたけど、左ハンドルスイッチの下から1本ワイヤーが伸びているぞ?
右側ならアクセルワイヤーだけど、左側にはZ1も含めて全てのバイクに、こんなワイヤー付いてるの見た事が無いぞ???



もしかしてハンドルスイッチ類の電装系ケーブルが、黒いチューブの中に入ってハンドルにタイラップとかで固定されてるヤツ?
だとしたら、もっと太いぞ? リフレクターが無かったり、金色レバーだったり、フロントブレーキホースが外側から付いていたりと、
意外と謎の部分が多いミニチャンプスのZ1ですね、、、



まぁ、、うるさい事を書いているけど、作りがリアルなだけ、残念な箇所が目立ちますが、とりあえずは、これで一時完成って事で、、



まだまだ手直しバイク残ってるし、、、



次は手前のスカイネット製のZ2をディティールアップを行います! それが済めば、一応我が家にあるZ2系の3台は全て完成♪  

Posted by 塔四郎 at 09:00Comments(0)バイク