アクセスカウンタ
< 2020年08>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 24人
オーナーへメッセージ




ヤフオク新着メール登録はこちらから

2020年08月31日

弾袋を再度仕上げる、、、

前回からの続きです。

8月4日に購入して毎日ブログっているUMALEXのM1894ですがもう8月も最終日ですが、まだまだ記事が続きそう(汗)



一応、それっぽく仕上がったんだけど、やっぱBB弾を入れている袋の見た目が気に入らない。



オイルステイン等の染み込ませて着色するのはニセ革製品のこのバッグでは無理だと思うので、エナメル塗料などを塗ってみようかと。



塗っては拭き取り様子を見る。



傷が目立つようになり黒も残るようにはなったけど、、、



どう見ても、、、



革には見えないよね(笑)



白いエナメルや黄土色エナメルも追加しているけど、、



どう見ても、、、



ビニール!(汗)



新しいバッグ買って来ます(泣)



      

Posted by 塔四郎 at 10:00Comments(0)UMAREX・M1894

2020年08月30日

M1894ディスプレイ完成?

前回からの続きです。

BB弾も予備のCo2ガスボンベも全て見えない所に隠れた本物の猟銃をイメージしたM1894置き場です♪



金属と木で出来たガスガンに鉛を入れて実銃と同じ重量にしてカートの装填排莢の出来る我が家のUMALEX製M1894です。



三味線ケースの上蓋にはモデルガンの弾が4発入ったカートホルダーが接着されており、



小物入れと自作ダンボールの弾丸ケースがあり、



ケースの中には、金弾頭、銀弾頭、黒弾頭のガスガン用カートを収納。



上蓋の小袋には三味線ケース内の赤い布の余り物が入っていて、破れたりしたら補修用で活用できるかも?



三味線ケース内には銃を固定するベルトとか無いので、もしケースごと持ち運ぶ場合はこのライフルソックスに本体を入れて
後は緩衝材で新聞紙を一杯詰め込めばOK?



BB弾はこの袋の中に入っているけどイマイチ色が気に入らない。



木ストックはビンテージらしく傷を入れて三味線ケースだった事をカモフラージュするウィンチェスターシールを貼る。



白文字は綺麗過ぎるのでコーヒーでもぶっかけて汚したいけど上手く仕上がるか自信が無いのでこのまんま。



展示用フックは上蓋側以外に底板側にも設置してるので好きな方に載せてディスプレイ出来る。



結局、小物の装飾品なども多数購入したのでコロナの給付金10万円は残り数千円を残すのみ、、、、、、汗



でも、、何十年も待ち望んでいたカート式ウィンチェスターだから後悔は無い。



唯一、恐れているのは、Co2ボンベを入れる部分からガスが漏れるケースが多々あるようで、それを直す記事などが無い。



そこが漏れてヤフオクでジャンク出品されている方が、このブログ原稿を書いている時点で二人もいるし、、



現段階では我が家のは大丈夫だけど、補修パーツの供給先も国内には無いようなのでその辺が不安。



一杯、売れていれば、そのうち修理情報もNETで現れると思うし、海外パーツを扱うSHOPさんも在庫確保されるかも。



まぁ、壊れても発火の出来ないモデルガンだと思えばいいんだけど、、、、、笑



あと、一品かな、、注文してる品が届けばM1894イジリは終了かな?



てか、、、その前に、やっぱ、不満足なアレを直すか?


      

Posted by 塔四郎 at 10:00Comments(0)UMAREX・M1894

2020年08月29日

BB弾収納ケース

前回からの続きです。

やっと届きました! 茶色のミニバッグが!



バッグの中にBB弾を入れればOK!



あとは綺麗過ぎる外装を古びた革風にすればOKなんだけど、、、、



表面を削って、、、



あれ? おかしい???



これって、、、



革じゃなくてビニールか??????!
安かったはずだ!(笑)



でも、諦めず着色してみる。



でも、多分、ビニールなので、、



色の吸い込みが薄いって言うより「無理?



でも、ノーマルの時よりは、、、



少し色濃くなったので、、、



三味線ケースに収納!



これでガスガンだと思える品々は全て隠れたのでリアルっぽく見えるけど、、BB弾入れケースは色が合わん!
買い直すか?(汗)


      

Posted by 塔四郎 at 10:00Comments(0)UMAREX・M1894

2020年08月28日

靴下とステッカー届く

前回からの続きです。

物が届くまで木を焼いたりして過ごしていると、やっと届きました、、緑の靴下の代わりになる、、、



茶色系のライフルソックスが!



優しく銃が包み込まれますが、、、



あくまで三味線ケース内の置き物です。



ほんで、待ちに待ってました! ウィンチェスターのステッカー類!



これで三味線ケースには見えまい(笑)



ここにも、、



目立つステッカーを貼って、、



ケース内部の布にも貼ってみた。



おおおおっ、、リアルやんか!




これから猟に出かけますって感じ?



残すは、、このBB弾を入れるケースだね。


      

Posted by 塔四郎 at 10:00Comments(0)UMAREX・M1894

2020年08月27日

ハンダゴテで焼く

前回からの続きです。

装飾品が届くまで再び木ストックをイジります。



以前に刻印の打刻に失敗して傷として残した部分の手直しです。



つか、、思い出したのよ、、、ハンダゴテで焼き入れしていなかった事を、、、、



凹んだ部分を黒くするのはハンダゴテで焼くのが一番(笑)



オイルステインの色が薄い所は後で補修するので、



まずは黒くしたい凹みに焼き入れです。



いい色で焼けてます♪



この辺もいくつか焼き追加。



で、部分的な染め追加は染めたい部分だけに液を塗って放置。



1時間後に拭き取れば、、



こんな感じで赤ぽかった部分が消える。



長い歴史の中で、どうやって、こんな傷が付いたのか分からない傷の再現(笑)



分からないからリアルで良いのです♪


      

Posted by 塔四郎 at 10:00Comments(0)UMAREX・M1894

2020年08月26日

スリングスイベル用のネジ

前回からの続きです。

で、次はスイベルマウントセットの装着ですがアマゾンで1000円ちょっとで買ったこちらの品ですが、、、



まずハンドガード側を外して装着可能か調べたら、、、



付属のネジではどちらも長すぎて無理に取り付ければマガジンチューブに穴が開いてしまうしカート10発の装填は無理になる、、、、、汗



ストック側も短いネジなら付きそうだけど、Co2ガスボンベと微妙に干渉しそうで無理やんか、、、、、、泣
もうダメじゃん! ネジの短いタイプ探したけど売っていない。



諦めて、M1894用に買ったけど不要になった緑のガンソックスを出品待ちのVSRのケースに入れていたら思い出した!!!



マルイ純正のこれがあるやん!
木ネジじゃないけど超短いネジだし、ネジ山作れば、とりあえず木製品にも付くよね?



ドリルでワンサイズ細い穴を開けてネジを慎重に締め込んでみた。



ハンドガード側も同様に穴を開けてネジを締め込んだけど、内部に入れた鉛板に食い込んでいる状態です。
強度的に不安なのでネジ穴に接着剤を入れて再度付け直しました。



ストック側は内部に余裕があるので、、



ネジ先端はナットを付けて締め直した。
ただ、見て分かるように木自体の厚みが無いので乱暴に担いだりすれば木自体が割れるかも知れない。
まぁ、、私は紐を付けても、ぶら下げて歩く事はしないし、装飾用ならこれで充分かと?



我が家に残る貴重なVSRと並んで置かれるM1894。



ここがM1894の置き場。



隣がマズルが光って音のするVSR置き場。



そうそう、、三味線ケースですが、、、、



底板側にも木製フックを付けたのはこれがやりたかったから♪



取っ手を壁側に引っ掛ければ、壁掛けディスプレイ用ケースになる、、、ただし、下側に物を入れたらケースが壊れるかも知れないが、、、笑



     

Posted by 塔四郎 at 10:00Comments(2)UMAREX・M1894

2020年08月25日

ケース内の装飾開始

前回からの続きです。

目指すは西部劇のライフルではなく、時代を経たご先祖様から代々引き継がれた猟銃ってイメージにしたい。



そうなるとこの実銃画像のような革ベルトなんかも付けたいし、



そしていくつか品が届いた♪



まず、ガンソックスとかライフルソックスとか言う銃の靴下!



こうゆう風に全体を包み込めば傷は付かないだろうね。



ただ、、グリーンは色が合わなかったかも、、、、、汗



あと、本革製のビンテージな小物入れ!



自作段ボール箱との色とも合う!



緑の靴下は失敗かな。



このBB弾入れが一番トイガンらしい品なので、、



靴下の中に隠す。



うーん、画像だと分かりにくいけど、カエルを飲み込んだヘビみたい、、、、汗



靴下は色の合うヤツに買い換えようっと。



で、余り物のショットガン用のカートホルダーがあったので両面テープで接着してモデルガンの弾を入れた。



一か所弾が入っていない所は以前にショットガンのシェルを入れて内径が大きくなり過ぎてモデルガンの弾が抜け落ちたから、、
他の4か所はかろうじて落ちずにカートを包んでる。



で、ダンボール箱には文字入れをした。



いい感じ・



ほんで飾り付けばかりで飽きたので、本体のレシーバーを一部、再ブルーイングした。



マーカー部分の光沢を落としてリブルーして光沢の無い灰色にした!



わざと汚くしてこそビンテージ風(笑)



他の部分は光によって青光りするけど、、、



今回染め直した部分は灰色のまま♪



光の加減ではこんな風に黒く見えるレシーバーで息抜きしやした♪



      

Posted by 塔四郎 at 10:00Comments(0)UMAREX・M1894

2020年08月24日

カートケース自作

前回からの続きです。

BB弾が丸見えのトイガンぽいケースから実銃ぽいリアルケースに変更しようと余分な樹脂ストックや小物類を取り出して、、



まずはカートケースを物色してたら、100均で買ったクリアケースがあったけど、、



そのケースのそばに6発のマルイの作るモデルガンの44マグナムに付属していたカートを見つけた。



カートのおケツはガスガン用で穴が開いていないのでダミカ代わりになるか?



黒弾頭にしたUMALEXの純正カートと比較しても同サイズだし、、、ちなみにM1894に装填する事も出来た!
ただし排莢は出来ないのでバレル外してカートを取り出すハメになったけど、、、、笑



ガスガンのお尻との比較! うん、ダミカ代わりに採用!!



ほんで、透明のクリアケースは新し過ぎるので不要な段ボール箱を塗ってみた。



着色はオイルステインです、、、まっ、紙なので染み込んで乾燥すればOKだよね?



紙には適当に傷つけたらいい感じやん?



ほんで、今までカートケースにしていた小箱を内部に入れて、これで三種類の弾頭を別々に収納できるかと、、、



白い内部を塗ってみたけど、、、



ダンボールと紙質が違って変だべ?



つう事で適当なダンボールを切って貼り付けた♪



そして色付け!



安いアンティークな弾入れっぽい?



ダンボールなので適当に窪ませたり、、、



レトロな感じで傷を付け、、、



完成!



カートを入れてみる。



上蓋は三辺を箱内部に差し込む方式だけど左右の二辺だけハメ込めればOKと一番長いのを切断する。



OK! 完璧!



このままでもいいんだけど、、、



内部に脱着式の短いダンボールを入れればマルイのモデルガンの弾も入る。



素敵やん♪



このままだと寂しいので色々と装飾品を購入して届くのを待つ。



     

Posted by 塔四郎 at 10:00Comments(2)UMAREX・M1894

2020年08月23日

三味線ケース内の見直し

前回からの続きです。

三味線ケースに新たに木製フックを付けたけど、、



どう見ても色が薄くて綺麗過ぎるので、、、



オイルステインで着色していく。



何度か塗ればいい感じの色になりそう?



フックを付けた事により単なる収納ケース以外にディスプレイケースにもなるので色々と小物の置き場を妄想える。



つか、リアルなウィンチェスターを目指しているのにBB弾が丸出しの収納ってどうなのよ????



別に使わない純正の樹脂ストック類なんかUMALEXの元箱に入れて置けばいいんだし、、



全て無くして、実銃ぽい装飾品を入れて仕上げ直します♪




     

Posted by 塔四郎 at 10:00Comments(0)UMAREX・M1894

2020年08月22日

三味線ケースの改造

前回からの続きです。

M1894の手直しも終わり、次の暇つぶしはGUNケースと化した三味線ケースです。



海外サイトを覗けば似たような実銃GUNケースがいます。



まっ、本物ケースの場合はM1894を始めとするウィンチェスターライフルは細身なのでケースが薄いのが特徴かな?



三味線ケースや上記で紹介した実銃ケースは持ち運び用も可能なケースだったけど、この画像のようにディスプレイ用ケースもあった。



中身の銃は違うけど、こんな風に飾るのね。




そこで閃いた!

我が家の三味線ケースもディスプレイ出来るように改造しようかと。
アマゾンで壁掛け用の木製フックを購入した。



長さは6センチの色はチェリーウッドとか言うヤツで♪



届いた品には本来壁に貼りつく半透明の接着テープの付いた受けネジがあるので、それをケース内に貼り付けて位置決めをする。



フックは上下の蓋の裏側に貼りつけた。



好みでどちら側にも置けるようにした。



で、接着剤の付いた本来のこの受けパーツでは銃を支える事は難しいので、ネジ上下に2個の穴を開けた。



本来の壁用の長いネジで樹脂製の受けパーツは薄い三味線ケースには使えないので、直接木製のフックをネジ2本で留めます。
このケースに開いた穴ぼこに、、、



黒いネジを買ったけど、、



長すぎたので手持ちの少し短いネジに変更した。



きつく締め込んだので見た目は悪いけど、、、



ケース内はこんな感じでフックの直付け♪



ケース外壁には4つのネジ丸見え! いいんです、、、ワイルドなガンケースで(笑)



ケースを開いて下にあった銃を上蓋側にディスプレイできる。



付属品もケース内に入れる。



BB弾が丸見えだからトイガン丸出しだけど、、



いい感じだべ?



つか、、木製フックの色が明るすぎるか、、、、、、汗




     

Posted by 塔四郎 at 10:00Comments(0)UMAREX・M1894