アクセスカウンタ
< 2021年05>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
オーナーへメッセージ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2021年05月31日

完成\(^▽^)/

前回からの続きです。

出来上がりました! 新品なんだけど古びたM1887ワイルドカードです\(^▽^)/



新品で購入して動作チェックは中古のシェルで行ったので同梱のシェルは未使用だし、レバー作動も10回位しかしていない。



木をひと皮剥いてワトコオイルの数色を塗り最終的には蜜蠟ワックスで保護着色しています。



金属外装部分は塗装剥離後、亜鉛部分はバーチウッドのスーパーブルー液、アルミ部分は同アルミブラックで染めてます。
黒染め後にエイジング処理を行い古びた感じにしています。 てか、、鉄製のネジが真っ黒ですね(汗)



スポンジやすりでエイジング追加しました! 鉄ネジなのでそのうち錆が発生すれば、もっとリアルに見えるかも?



木材は部分的にバーナーで焼きを入れたりハンダゴテで焼き傷入れたり、金属で叩いて凹み傷を入れて、
着色剤入りワトコオイル&アマニオイル&着色剤入り蜜蠟ワックスで仕上げています。



自然な使用感あふれるビンテージ風な外装になっていますが中身はほぼ新品です(笑)



バレル等にも



擦り傷付けたり、、



各部のエイジングと言うか使用感は画像とニラメッ子して下さい\(^▽^)/



レシーバー内壁の厚塗り塗装は剥がすと作動に異常をきたすのでそのままで、内部ユニットのガスタンク部分や見えない部分も黒塗装のまま。



染めた部分の傷はエイジングで使用感出した物です♪



染めムラと天然風に見えるエイジングされたレシーバー側面です。 落札後、色落ちが発生したら部分的に脱脂してリブルーも出来ます。



ストック上部の金属の見た目。



木材の最終仕上げに今回初めて導入した蜜蠟ワックスです。ワトコオイルの乾燥後の仕上げに使うといいみたいです。



オイル仕上げではなくワックス仕上げになりましたので、今回購入したワックスを浅田飴の空き缶に小分けして同梱します。



お子様の居るご家庭では間違って舐めてしまう恐れがありますのでお手元に届いたら別容器にワックスを入れ替えて下さい(笑)



つう事で野外撮影です。
完成に至る加工工程は、過去記事に戻れば全て記載していますので興味がある方は記事TOPの前回からの続きで遡って下さい。



黒染めした品は照明によっていろんな見え方がします。



太陽光の下だと室内光の下では隠れて見えない色が見えたり、空が写り込んで青色が強く写ったりしています。



木も綺麗に写ってます。



室内画像も野外画像も同じワイルドカードです\(^▽^)/



フルメタルはやっぱいいですね。



見た目はガスガンと言うよりモデルガンや実銃って感じ?



金属製ですがスピンコックとかは厳禁です! 
この1か月ちょっとでレバーの根元が折れたジャンク品が2丁ヤフオクに出ていたので折れやすいかと(1丁は私が部品取りで落札したw)



ブルーイングは深染めしてコンパウンドで磨いていますが色落ちはしますので、必要に応じてリブルーして下さい。



新品です\(^▽^)/



使い込まれたように見えますが使い込んでいません(笑)



レバーアクションは10回? 多くて15回かな? 排莢装填テストは3発フル装填で3回かな? うち1回がBB弾を一発ずつ入れた試射で
使用したシェルは中古品を使ったので、同梱のシェルは未使用未チェックです。



BB弾は3メートル位前方にあったゴミ袋に向けて撃ったのみで、命中精度やホップ機能は未検証です。



内部にはシリコンオイルを吹いていますが、外装は金属なので、金属に適したCRC556を吹いて拭き取って梱包する予定です。
この撮影時はオイルは使っていません。



金属にしろ木材にしろ箱出しのままだとオモチャのようなS&T製M1887ですが、ちゃんと仕上げ直せば本来の材質の良さが引き出せます♪



レシーバー側面には木が写り込んでいますね、、、室内だとこんなに綺麗な写り込みは無かったです。



同様に室内画像では黒く見えたバレルも野外だとこんな感じに見えます。



本物みたい?\(^▽^)/



エイジング。



地面に置くと空が写り込んで青いレシーバー。



今回のブログ記事の画像で多数のレシーバー側面が確認できる画像がありますが、どれも同じ品で撮影場所で違って見えるのが染め銃ですw



この状態で横に50cmくらい蹴飛ばせばリアルな傷が加味されると思うんだけど、、、怖くて出来ない(笑)



てか、、十分、リアルな見た目だし、蹴りは不要でした\(^▽^)/



木が野外だと実際より綺麗に見える。



青いのは空のせい(笑)



いくらで出品しようかな?



時期が来たら考えよう\(^▽^)/



再び室内光で♪



刻印部のUP



細かなキズがリアルです。



使い込まれた感じですが実際は使い込んでいない新品です(笑)



木材も使い込まれているけど使ってません♪



エイジング加工は楽しいですね。



素材が金属と木だから、本当、外装を仕上げ直すと実銃感の出るS&T製。



いい色合いです。



近日出品!  

Posted by 塔四郎 at 10:00Comments(0)S&T・M1887

2021年05月29日

ターナーのWAX

前回からの続きです。

木材の仕上がり具合にイマイチ不満があったので、今回初めて蜜蠟ワックスって言うのを買った!
製品はターナー製のアンティークワックスって品です\(^▽^)/



まずは怖いので以前にオイルスティンしたチーフの木箱で試してみます。



適当に取って、



塗り込むだけ!



下の横板は塗ったけど縦板はまだ。



で縦板にも塗る。



着色剤の入ってる蜜蠟ワックスなので色は濃くなり艶も増したかと?



つう事で塗ってみた。



色がアンティークになった(笑)



よくある黒と茶色の色バランスって感じ?



塗ったら15~30分乾燥させて綺麗な布で拭き取れと説明書に書いてあった。



あとは何度か繰り返せばOK??



2度目。



拭き取り。



次は自己流! 2500番ペーパーにワックス付けて磨き込む(笑)



何度も繰り返す。



オイルにしろワックスにしろニスのような光沢は不可能だし、木を磨いて艶を出す。



自然な艶が出て来た?



つか、、綺麗になり過ぎたので、



傷を追加!



最終仕上げで、



前回は真っ黒のまんまだった四角いパーツもエイジング!



木も金属も最終エイジング?



色に深みも出た?



まぁ、、



少なくても前回よりはマシ\(^▽^)/



この辺でOKにしようかと?  

Posted by 塔四郎 at 10:00Comments(0)M36系S&T・M1887

2021年05月27日

木が気に入らない

前回からの続きです。

だいぶ仕上がって来た新品だけど新品に見えない外装のM1887ワイルドカード(笑)



やっぱ、木材がイマイチ気に要らない。



多分、ニスを塗って、そのニスを溶剤で薄めて部分的には削ったりすればOKなんだけど、それは以前にやったし、



同じ加工だとつまらないじゃん、、、新たな発見が無いし(笑)



まぁ、、作り手のわがままなんですけどね。



金属の傷み具合と木材の傷み具合のバランスも、これで問題無いと言えば無いんだけど、、



色合いに深みが足りない気がする。



いや、、そんな事は無いようにも思えるし、、



全体を見るといい感じだけど木を近くで見ると深みが無いって感じなのかな。



ヤフオク出品用は自分用カスタムとは違って後で直せないから合格点が出せない。



とは言え、過去にやった手法で乗り越えるのもイジッて楽しむ部分ではつまらないし向上も出来ん。



フォアグリップが単調だね。



色が浅い?



ワトコのウォルナットでも塗ってみよう!



ダークウォルナットも重ね塗り。



乾燥すると、グリップは深みあるけど、フォアグリップは艶が無い、、、



木材のオイル仕上げをいろいろNET検索してたら、、



こんな仕上げ用のWAXがあるのね? 速攻アマゾンで買ってみた\(^▽^)/  

Posted by 塔四郎 at 10:00Comments(0)S&T・M1887

2021年05月25日

仕上げ違いの2丁

前回からの続きです。

新品ワイルドカードがだいぶ出来上がって来たので先に完成した赤みの強い中古ワイルドカードと記念撮影!



染め色の違い。



グリップの違い。



新品の方の刻印が白っぽい。



バレルの色が全然違うね。



まぁ、違う色合いで制作した訳ですから♪



つか、、新品ももうすぐ出来上がるから2丁同時に出品も考えたけど、



同時出品だと票が割れるから1丁終わったら次を出品する事にした。



好みはどちら? 赤い方はソードオフのバレルも同梱されたマニア向け商品(笑)



ベーシックな感じの古びた仕上げだけど新品加工品のこいつ?



所有して傷や汚れが付く程もっとリアルになる1丁!



新品のように綺麗にブルーイングや塗装をされたカスタムは保管に神経使うけど、この手のビンテージ仕上げは気楽なのよ。



無傷の新品のような品だと1mmの傷が付いただけでゴミになる場合があるけど、ビンテージ仕様は逆に付加価値となる♪



と、私は思う。



つう事で、だいぶ出来上がって来たけど、まだ木材が少し気に入らないかな?



しばらく放置して頭と目を冷静にしてから追加工するか決める予定。



レバー等の亜鉛パーツはアルミブラックではなく今回はスーパーブルー液を使ったけど正解だったね。



この辺は、もう少しエイジングした方がいいかも。



マガジンチューブ♪



チューブ前方!



銃口!



木材のアップ。



次の休日まで放置!  

Posted by 塔四郎 at 10:00Comments(0)S&T・M1887

2021年05月23日

各部修正

前回からの続きです。

木製品のビンテージ加工をしながら金属部分の細部も仕上げて行きます。



だいぶ味のあるグリップになって来た?



ネジは色落とした方が良さそうかな?



この辺はこんなんでいいか?



部分的に綿棒にブルー液付けて色を濃くした。



アウターバレルに擦り傷追加!



バレルも木もいろんな色が混ざってる。



ぎゃはは! 新品には見えない\(^▽^)/



目指せ! 使い込まれた古き散弾銃!



古きレバーアクションモデル!



染めもいい感じ?



フォアグリップ先端の黒いオイル染みはバーナーで焼いた偽物(笑)



再び部分染め♪  

Posted by 塔四郎 at 10:00Comments(2)S&T・M1887

2021年05月21日

木材お色直し

前回からの続きです

本体の染めに合わせて木材の仕上げ直しを行います。



アマニオイルをペーパーで油研ぎしています。



乾燥待ち。



その間に不足してたアルミブラックがヤフオクから届く。



今回は初めてブラッキーも入手した。
マルミブラックもブラッキーも使うのは次回かその次あたりかな?



翌日、再びオイル塗り。



そしてバーナーで焼いて木目強調!



各部にハンダゴテで焼き入れて、金属で叩いて傷も付ける。。



古く使い込まれた木を作ります。



で、再び、大量にアマニオイルを塗る。



20分位浸透させたら



刷り込むように拭き取り、



部分的に傷追加



傷も違う年代で付いた感じにする?



まぁ、、人工的な傷なので天然風にするのが難しい。



アマニの色だけでは物足りなかったのでワトコのダークウォルナットオイルを塗る。



ワトコオイルの主成分はアマニ油なので問題無し。



金属部分の染めに合わせてネジも磨いて色合わせ。



傷!



再びワトコオイル。



傷に浸み込むオイル。



またオイルを塗ってこの日は終了。



翌日、拭き取り様子を見る。



細かな傷と言うか凹みも追加。



楽しいです\(^▽^)/



新品M1887がアンティークに変わって行く(笑)



とりあえず2021年物には見えないよね\(^▽^)/  

Posted by 塔四郎 at 10:00Comments(0)S&T・M1887

2021年05月19日

一回目の染め

前回からの続きです。

下地研磨も終わったのでブルーイングに入ります。



いつもはアルミブラックのみで染めていたけど、今回は亜鉛合金部分にはスーパーブルー液を使う事にした。



亜鉛以外のアルミ製は



スーパーブルー液だと染まりが悪いので



いつものアルミブラックを塗って行く。



スーパーブルーで染めた方は今までのアルミブラックより深い感じで染まってる。



アルミブラックで染めてる方は希釈の多い液を塗りつけ浸透させ染まり具合の見ながら濃い液などを重ねて行く。



今回、目指しているのは色落ちしたビンテージ風な染めですが、濃いめに染めて、後で研磨で色を落とすって感じで仕上げます。



最初から薄めに染めると色落ちが早いので、濃く染めてから研磨で薄めた方が何度も追加ブルーしないかなと?



レシーバーの内壁は黒塗装のまま出来るだけ綺麗に残しています。



一通り染めたので軽く研磨して組み込んだ。



バレルの色合い。



レバー部分。



グリップ類は後日ダメージ仕上げにして行きます。



コンパウンドで磨いた感じ。



各部にもコンパウンド。



部分的にはスポンジやすりやスチールウールで下地銀出しする。



エイジング処理、、、大好き\(^▽^)/



薄く擦り傷なんかも付けてます。



まだ全体的に色が濃いか?



内部パーツは染めと塗装のチャンポンです。



まっ、第一回目の染めはこんなんで、この後必要に応じて部分的に染めたり落としたりするかも。



金属部分と同じ位、見た目の半分近くの面積を占める木材もエイジングしないとね。



金属が使い込んで色が落ちてるのに無傷な木材って言うのはあり得ないジャン。



てーか、、、かなり本物って感じになって来た。



複雑な色合い、、、これは塗装では作れない。



エッジ部分の銀出し追加。



この辺はかなり銀色。



鉄製のネジは最後に研磨して色を決める。



金属製長物は面積デカいので大変だけど、出来上がって来るとリアルなんすよねぇ、、、樹脂とは違って(笑)



つう事で木材は外して、この後に加工します。



外したついでに



バレルの色落とし♪



ソードオフのショットガン、、実銃なら殺人兵器、、、怖さを感じれる見た目にしたいよね。  

Posted by 塔四郎 at 10:00Comments(0)S&T・M1887

2021年05月17日

金属磨き

前回からの続きです。

前回600番まで研磨した金属を800番、1000番、1200番、1500番で磨いた。



ひたすら研磨も飽きて来た。



レバー部分はメッキみたいな光沢になった。



ここも光やすいパーツ。



ハンマー部分は内部の見えない部分は黒塗装のまま残した。



一応、組み込んで作動に悪影響が無いか動作チェック。



まっ、新品だし、レシーバー内部の塗装被膜も塗装のままなので前回の中古みたいな不具合は出なかった♪



これで4丁めになるM1887の金属磨き。



いつも思うんだけど、銀色もカッコいいんだよね。



磨くと刻印周辺のヒケみたいなのが目立つので少し整形する。



分かる? 刻印を囲むように四角い感じになっているんだよねS&TのM1887は、、、塗装被膜でそれを平らに見えるように隠してる?



再度、磨いて完成。



若干窪みが残っているけど、今回の染めではこれくらいで問題無いと思う。



あとは、



コンパウンドで磨いて



こんなもんでいいかな?



ちなみに段ボールの箱の中には80番から2500番までのペーパーや10000番までのプラ製ペーパーや布が大量に入ってる。



この後分解して脱脂したら即染めます\(^▽^)/  

Posted by 塔四郎 at 10:00Comments(0)S&T・M1887

2021年05月15日

下準備完了

前回からの続きです。

アウターバレルは剥離剤の残りが少なくなって来たので先送りして木製品をどうするか決めました。
バレル付替えセットの時に作った上側の黄土色のグリップを今回の新品と付け替えます。



そしてワトコのダークウォルナットで着色します。



最終的には傷も入れてビンテージ風にします。



アウターバレルはコップ3分の1位の剥離剤を全体に塗って被膜を弱めて、



120番から400番のペーパーでそぎ落とした。



真鍮ブラシで削り残しを落とし、



600番のペーパーで研磨。



その他の金属パーツも同様に研磨。



レシーバー内部の黒塗装は



綺麗に残して後は銀色地肌部分を鏡面磨き待ち♪



で、黄土色のグリップを採用するから、



フォアグリップの色を削り落とす。



そして同色のオイルを塗る。



油研ぎだっけ?ペーパーにオイルを付けて研磨する、、、ペーパーは240番から最終的には1000番位まで使用。



毎晩塗っては、、



乾燥状態を見る。



一応、この状態で



第一次下準備は完了\(^▽^)/  

Posted by 塔四郎 at 10:00Comments(2)S&T・M1887

2021年05月13日

次は新品をイジる

前回からの続きです。

中古のS&T製M1887ワイルドカードをベースとしたソードオフ・バレル付替えセットはなんとか無事に完成しました。



そうなると次に待機しているのが、画像下側の内部ユニットのみ金属下地にした新品のワイルドカード!



こいつをカスタムして行きます\(^▽^)/



中古のワイルドカードの木材はワトコオイルで染めましたが新品はどうしようかな?



厚塗り黒塗装はもちろん剥がすけど、どんな感じに染めようか?



大体イメージが決まりました。



まずは分解して、



マガジンチューブは前回同様パイプ洗浄液に漬け込みます♪



水抜き材、シンナー、塩素系塗装剥離剤でもほとんど剥げないブラックアルマイトが簡単に銀色下地になる。



チューブの残り半分を漬けている間にレシーバー類は剥離剤で処理!



で、チューブの方は無事に全て剥離終了♪



レシーバーの方は歯ブラシで水洗いして、



反対側は半分近く黒が残ってた。



再度、剥離剤を塗ってレシーバー類は終了したけど、



アウターバレルのみ黒いまま。



アウターは過去に一度だけ比較的簡単に剥離剤で落とせた事があったけど、剥離剤を塗っても無反応。



表面をペーパーで少し削ってから再度剥離剤で塗る。



30分位して部分的に少し色が落ちたけど、液の力だけでは無理なのでスチールウールで削り落とした。



綺麗に洗ってパイプ用の洗浄液にも入れてみたけど完璧に無反応だった。



今では環境問題で絶版になってる塩素系剥離剤、、、8年位前に買い抑えた最後の1本も残り少ないんだよね、、、、
どうすっかなぁ、、、、、
  

Posted by 塔四郎 at 10:00Comments(4)S&T・M1887