アクセスカウンタ
< 2020年12月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
オーナーへメッセージ




ヤフオク新着メール登録はこちらから

2020年10月23日

ストックとバレル

前回からの続きです。
ストックとバレル
黒染めを中断して木製品にバーナーでコゲを入れて、、


ストックとバレル
熱したハンダゴテで黒く焦げた小さな凹みを入れて、、


ストックとバレル
傷の下地が完成。


ストックとバレル
そしてワトコのオイルを塗る。


ストックとバレル
ふふふ、、、大分、味のある木製品になって来たべ?


ストックとバレル
一週間位乾燥待ちだな。


ストックとバレル
で、剥離剤で黒色を落とせなかったバレルとマガジンチューブを研磨して色を落とす事にしたんだけど、、、
なんか、、バレル側がおかしい!


ストックとバレル
以前に剥離剤を塗ったのはマガジンチューブだけで全然色落ちしなかったのでバレルも同じかと思っていたら、
バレルは普通の中華塗装だった! 


ストックとバレル
塩素系剥離剤を塗って10分後に水洗いしたら銀色バレルに変身!


ストックとバレル
これで、アウターバレルとレシーバーはいつでも染める事が出来る。


ストックとバレル
ただ、やっぱ、マガジンチューブだけは剥離剤でもシンナーでも色落ちしないので、ひたすら削る、、、すんごく大変!


ストックとバレル
一時間以上掛けてマガジンチューブも銀色に♪
素人判断ですが、バレルとレシーバーは亜鉛製で、マガジンチューブはアルミ?ステンレス? 謎の金属。


ストックとバレル
ここで、イメージを見る為に木製パーツを一度取り付けてみた。


ストックとバレル
バレルやレシーバーが銀色のままでもいいけど、、このままだと酸化してネズミ色に経年変化すると思う。


ストックとバレル
どうすっかなぁ、、、、、綺麗な色に染まれば、全部、黒系にして下地銀出しや小傷を付ければいいんだけど、、


ストックとバレル
ブルーイングは染めてみないと分からないし、、染めても、少し時間を置かないと最終的な色合い分からないし、、、
それ以前に共にデカいパーツなので漬け染めできないし、、つか、、貴重なバーチウッドのブルー液の消費量もデカいと、、、(汗)


ストックとバレル
つう事で、再び、壁に当たったのでしばらく放置で各部の乾燥待ち。


同じカテゴリー(S&T・M1887)の記事画像
もう1丁の長物
S&T・M1887ビンテージ出品待ち
ダミー? シェルも購入
ストック類の最終手直し
実射テスト
やっぱ、これだよね
同じカテゴリー(S&T・M1887)の記事
 もう1丁の長物 (2020-11-27 10:00)
 S&T・M1887ビンテージ出品待ち (2020-11-12 10:00)
 ダミー? シェルも購入 (2020-11-11 10:00)
 ストック類の最終手直し (2020-11-10 10:00)
 実射テスト (2020-11-09 10:00)
 やっぱ、これだよね (2020-11-08 10:00)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。