アクセスカウンタ
< 2020年12月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
オーナーへメッセージ




ヤフオク新着メール登録はこちらから

2020年10月24日

第一回目の染め

前回からの続きです。
第一回目の染め
バレルやマガジンチューブの金属地肌出しも終えたので、レシーバー共々、第一回目の黒染めを行ってみる事にした。


第一回目の染め
染める前には再度研磨して脱脂してブルー液を筆で塗ったりテッシュで擦り込んだりしたけど、色むらが酷い、、、


第一回目の染め
研磨して誤魔化せるかなと思ったけど、汚いなぁぁ、、、、、どうしよう、、、、、汗


第一回目の染め
まぁ、、、いいや、、、バレル側はほっといてレシーバーを染めてみるべ。


第一回目の染め
ケースハードゥン風を狙っているんだけど、、、こんなデカい面積ではやった事ないよね。


第一回目の染め
いろいろ塗っては、、、落として、、、


第一回目の染め
こんなんになりました、、、、光沢が無いど、、、、汗


第一回目の染め
反対側は削り過ぎて、ほとんどネズミ色、、、、


第一回目の染め
まぁ、、これ位色落ちした実銃もあるし、、、


第一回目の染め
そのレシーバーに合せてバレル側の色落とし、、、


第一回目の染め
今回の染めはデカいのでドブ漬けは出来ず、ブルー液の直塗りだったけど、、原液のまま塗った部分が真っ黒で深く浸透してる。
つか、、、原液のままじゃ駄目だべ、、、研磨して染めを薄くする場合は、、、、基本的な事を忘れてた。


第一回目の染め
で、出来る限り黒色を落とした銀色に、3倍くらいに薄めたブルー液でネズミ色に染まるくらいにしてみた。


第一回目の染め
まぁ、、、きっと、古い鉄砲だから、こんなんもあるかと思うけど、、、ただ、、汚いだけやん!


第一回目の染め
部分的に青みや光沢が無いと色が単調で汚いだけのゴミやん!
うん! 再度、やり直し決定(泣)


同じカテゴリー(S&T・M1887)の記事画像
もう1丁の長物
S&T・M1887ビンテージ出品待ち
ダミー? シェルも購入
ストック類の最終手直し
実射テスト
やっぱ、これだよね
同じカテゴリー(S&T・M1887)の記事
 もう1丁の長物 (2020-11-27 10:00)
 S&T・M1887ビンテージ出品待ち (2020-11-12 10:00)
 ダミー? シェルも購入 (2020-11-11 10:00)
 ストック類の最終手直し (2020-11-10 10:00)
 実射テスト (2020-11-09 10:00)
 やっぱ、これだよね (2020-11-08 10:00)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。