アクセスカウンタ
< 2022年09月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
オーナーへメッセージ

2021年04月23日

パーツ比較

前回からの続きです。
パーツ比較
金属部分の色落としと内部パーツの消耗具合を見る為にワイルドカードのレシーバーを分解します。
M1887は過去に2丁バラしているので、これで3丁めなので簡単です。


パーツ比較
シェルを上下に移動するエレベーターパーツですが、画像上がワイルドカードで下がジャンク品ソードオフの物。
黒塗装の剥げ具合はワイルドカードの方が多いです。


パーツ比較
そのエレベーターパーツの正面側のエッジ部分ですが、たぶん、シェルとぶつかる部分? その部分の摩耗が、向かって左の
ワイルドカードの方が大きいですね。


パーツ比較
ガスタンク込みの機関部はレバーの折れたジャンク品は前オーナーが分解組み立てで付けた傷は多数あるけど、


パーツ比較
作動に伴う黒い塗装剥げはワイルドカードの方が大きい!


パーツ比較
エレベーターパーツのこの部分も剥げの大きいのはワイルドカードです。


パーツ比較
剥げてるだけでなく金属自体も摩耗してますね。


パーツ比較
ここまでに分かった事は、ワイルドカードの方が使い込まれており、ジャンクパーツのソードオフの方が使用頻度が少ないって事! 
前回のブログで書いた複数シェルを装填するとレバーがロックしないのはエレベーターパーツの消耗に原因がありそうですね。


同じカテゴリー(S&T・M1887)の記事画像
完成!!
金属は黒塗装のままで
新たな蜜蠟WAX
木製品が続く
3丁のM1887
油研ぎで仕上げる
同じカテゴリー(S&T・M1887)の記事
 完成!! (2021-06-16 10:00)
 金属は黒塗装のままで (2021-06-14 10:00)
 新たな蜜蠟WAX (2021-06-12 10:00)
 木製品が続く (2021-06-10 10:00)
 3丁のM1887 (2021-06-08 10:00)
 油研ぎで仕上げる (2021-06-06 10:00)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。