アクセスカウンタ
< 2022年09月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
オーナーへメッセージ

2021年04月25日

塗装被膜を落とす

前回からの続きです。
塗装被膜を落とす
新たに購入した中古ワイルドカードのレシーバー内部のパーツと部品取り用のシードオフのパーツの比較検証も終わり、
組み替えや不具合の調整は先送りして、とりあえず、黒塗装を剥離剤で落とす。


塗装被膜を落とす
M1887の塗装剥離は以前にフルサイズの2丁で経験済みで今回のワイロドカードが3丁め!


塗装被膜を落とす
塩素系剥離剤を塗って30分放置した後に水洗い&歯ブラシした状態。


塗装被膜を落とす
バレルとマガジンチューブはほとんど無反応! 過去の2丁もマガジンチューブはダメだったけど、
アウターバレルは1丁だけ普通に剥離できたけど、今回の物は剥げない仕上げだった、、、残念!


塗装被膜を落とす
剥離剤は塗って1分もしないうちに黒塗装が剥がれる部分もあるけど、30分放置していても頑固な部分は黒いまんま。


塗装被膜を落とす
再度剥離剤を塗ると、今度はすぐにブクブクと被膜が膨らんで浮いて来ます\(^▽^)/


塗装被膜を落とす
再度水洗いして、歯ブラシの代わりにスチールウールで研磨して洗う。


塗装被膜を落とす
夕日があたって一部オレンジ色ですが気にしないでください(笑)


塗装被膜を落とす
機関部は過去の2丁同様、ガスタンク部分の塗装剥離はしていません!
剥離剤の浸透や剥離後のブルー液の浸透によるOリングへの悪影響が懸念される場所なので触らない方がいい。


塗装被膜を落とす
で、剥離剤を塗っただけでは無反応だったアウターバレル表面をシンナーで拭くと少し色が取れるので、


塗装被膜を落とす
シンナーで拭いた後に再度剥離剤を塗る。


塗装被膜を落とす
20分位放置して水洗いしたら、こんな感じで剥離された? 過去に1丁は普通に剥離剤のみで簡単に色落とせたけど、
黒塗装の上に禿げにくい何かがコーティングされている? まぁ、、原因追及に時間もさけないので、


塗装被膜を落とす
ペーパーで削り落とす!


塗装被膜を落とす
以前のもそうだったけど、削ると剥離剤で色が落とせたりする。


塗装被膜を落とす
まっ、こんなもんか?


塗装被膜を落とす
そして、過去の2丁も剥離剤に無反応だったマガジンチューブ? たぶん、ブラックアルマイト仕上げ?
ここは削り落とすしかないけど、


塗装被膜を落とす
アウターバレルで使ってた180番ペーパーでは時間が掛かるので80番ペーパーで削り落とす!


塗装被膜を落とす
そして100番!


塗装被膜を落とす
180番!


塗装被膜を落とす
最後は400番でいいか?


塗装被膜を落とす
つう事でワイルドカードの銃身側の色落としも完了!


塗装被膜を落とす
あとは染めるだけ!


同じカテゴリー(S&T・M1887)の記事画像
完成!!
金属は黒塗装のままで
新たな蜜蠟WAX
木製品が続く
3丁のM1887
油研ぎで仕上げる
同じカテゴリー(S&T・M1887)の記事
 完成!! (2021-06-16 10:00)
 金属は黒塗装のままで (2021-06-14 10:00)
 新たな蜜蠟WAX (2021-06-12 10:00)
 木製品が続く (2021-06-10 10:00)
 3丁のM1887 (2021-06-08 10:00)
 油研ぎで仕上げる (2021-06-06 10:00)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。