アクセスカウンタ
< 2022年09月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
オーナーへメッセージ

2021年05月05日

アルマイトの剥離

前回からの続きです。
アルマイトの剥離
S&Tのマガジンチューブはこれまでにも数本色落とししてますが、どれも剥離剤では無反応で手作業によるペーパー掛けでした。
さすがも私も、これは黒塗装ではなく、ブラックアルマイトかなーと思うようになりました。


アルマイトの剥離
アルマイトだと仮定して、色落としでNET検索したらパイプユニッシュで落とせるらしいので早速購入!


アルマイトの剥離
塗ってみると、、


アルマイトの剥離
確かに色が落ちている。


アルマイトの剥離
色は落ちるけど、、


アルマイトの剥離
液自体が流れ落ちてしまうので


アルマイトの剥離
ペットボトルに液を入れて、その中にマガジンチューブを突っ込んだ!


アルマイトの剥離
これでしばらく放置。


アルマイトの剥離
説明文を見ると「塩素系」と書かれている! 塗装剥離剤も塩素系でないと色落とせないので、塩素系最強\(^▽^)/


アルマイトの剥離
20分位放置してたら泡だらけ。


アルマイトの剥離
取り出すと凄い! 綺麗に黒が消えている!


アルマイトの剥離
入らなかった残りの黒い部分を突っ込む!


アルマイトの剥離
忘れて30分位放置したら泡が溢れて作業台がびしょ濡れ!


アルマイトの剥離
で、ペットボトルに漬け込めないセンター部分だけ黒く残った(笑)


アルマイトの剥離
テッシュに液を付けてセンター部分に被せた。


アルマイトの剥離
少しだけ落とせたけど、、漬け込みとは雲梯の差。


アルマイトの剥離
まっ、これくらいならペーパー掛けで落とせます♪


アルマイトの剥離
完成\(^▽^)/


アルマイトの剥離
余談ですが使い終えた液を流しに捨てたらパイプが綺麗になり水捌けが良くなった!(つか、それが本来の使い方w)


同じカテゴリー(S&T・M1887)の記事画像
完成!!
金属は黒塗装のままで
新たな蜜蠟WAX
木製品が続く
3丁のM1887
油研ぎで仕上げる
同じカテゴリー(S&T・M1887)の記事
 完成!! (2021-06-16 10:00)
 金属は黒塗装のままで (2021-06-14 10:00)
 新たな蜜蠟WAX (2021-06-12 10:00)
 木製品が続く (2021-06-10 10:00)
 3丁のM1887 (2021-06-08 10:00)
 油研ぎで仕上げる (2021-06-06 10:00)
この記事へのコメント
塗ってからラップしたらいんじゃない!?
Posted by Hana-chan at 2021年05月05日 19:57
ビショビショのテッシュで包んでダメだから大差ないような?
つか、もう作業終わっているし(笑)
Posted by 塔四郎塔四郎 at 2021年05月05日 20:02
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。