アクセスカウンタ
< 2022年09月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
オーナーへメッセージ

2021年06月08日

3丁のM1887

前回からの続きです。
3丁のM1887
フルサイズのM1887を作業に入っていますが、先に完成させた2丁のショートサイズのM1887もまだ家に居ますので、


3丁のM1887
記念撮影!
どれもヤフオクに嫁ぐので3丁並べて鑑賞できる時間は残り少ない。


3丁のM1887
赤みの強い方の金属が黒っぽく染めて使い込んだ感じにエイジング仕上げたレシーバーだけど、


3丁のM1887
今回のフルサイズは、綺麗な明るいストックなので、エイジング無しでの真っ黒な綺麗な染めにしたいけど難しい気がする。


3丁のM1887
だってさぁ、、、バレルも長いし、この面積をエイジングで誤魔化さずに黒染め出来るのか?
ハンドガンサイズならドブ漬けでムラ無く綺麗に染めた事はあるけど長物は私のスキルでは難しいっす。


3丁のM1887
こんな感じに使い込んだ色合いに綺麗な明るいストックは絶対に似合わないし。


3丁のM1887
てか、、使い込んだ仕様にするのも続けてだと飽きて来たw


3丁のM1887
3丁並べてどうしようか考える。


3丁のM1887
フルサイズのストックとかに傷を入れて染めれば、奥に写るワイルドカードみたいなフルサイズが出来上がる?


3丁のM1887
以前に、そんなようなフルサイズを作って出品したら6万円位の高値で落札して頂いたし、


3丁のM1887
たぶん、営利目的だと同様に仕上げた方がいいんだけど、


3丁のM1887
飽きた(笑)


3丁のM1887
そりゃそうだよね、ずっと毎日M1887を続けて作業してるんだもん。


3丁のM1887
素材に新たな手を加える作り手とすれば目新しさが無い。


3丁のM1887
その点、今まで毛嫌いしていた中華厚塗りの黒塗装、、、ストックの色とのコントラストがベストマッチ?(笑)


3丁のM1887
まだ2回しかワトコオイル塗ってないけど、いい感じの木目も出ているし、このストックをキズ入れたダメージ加工は勿体ない(笑)


3丁のM1887
そうするべぇ(汗)


3丁のM1887
つか、、、3丁が並ぶとコレクター病が再発して手放したくない。


3丁のM1887
色違いの木製品。


3丁のM1887
金属仕上げの違う。


3丁のM1887
自分用なら今回のフルサイズは黒塗装のままだな。


3丁のM1887
染めた2丁が実銃をイメージしたなら、染めない黒塗装はマルシンのM1887イメージ(笑)


3丁のM1887
絶景です\(^▽^)/


3丁のM1887
色の違いは人工的な物だけど、木目の違いが楽しめるのはリアルウッドならでは?


3丁のM1887
どう? フルサイズは黒塗装が映えますよね?


3丁のM1887
どうすっかな?


3丁のM1887
とりあえずは、


3丁のM1887
木製品の仕上げを続きを行ってから考えよう。


同じカテゴリー(S&T・M1887)の記事画像
完成!!
金属は黒塗装のままで
新たな蜜蠟WAX
木製品が続く
油研ぎで仕上げる
結局削る
同じカテゴリー(S&T・M1887)の記事
 完成!! (2021-06-16 10:00)
 金属は黒塗装のままで (2021-06-14 10:00)
 新たな蜜蠟WAX (2021-06-12 10:00)
 木製品が続く (2021-06-10 10:00)
 油研ぎで仕上げる (2021-06-06 10:00)
 結局削る (2021-06-04 10:00)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。