アクセスカウンタ
< 2018年10月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 26人
オーナーへメッセージ




ダイレクトメッセージ      お座敷掲示板専用スレ      ヤフオク全出品リスト



2018年02月12日

綺麗な戦車もいいですね

前回からの続きです。

中塗りとなる黄土色の塗装は終わったので、ここらで小物を付けて、一度、汚し等を加えて、最終的な上塗りとなる白塗装の下準備?
白い塗装が剥がれて、この黄土色の層が見えるんだけど、その層が綺麗なままじゃおかしいと思うので、、そうゆう手順でやろうかと?



まずは、イメージの為に金属ワイヤーを付けてみた!
ワイヤー自体は、白塗装が終わってからの塗り作業になると思うので、今は、雰囲気を見る為の仮付けっす。



自作フックにワイヤーの先端を引っ掛けて、、



後部のフックにこんな感じてワイヤーを挟めばOKかと♪



スペアタイヤや木箱やジャッキなども装着!



そして、デカールを貼る!
今回購入した付属のデカールはイマイチだったので、手持ちの他のヘンロン用のデカールを貼る! 水転写ではないステッカータイプです。



ステンシルも考えたけど、まずは、溶きパテで荒れた表面にステッカーが貼れるかを試した、、、



一応、現時点では、ちゃんと貼り付いているので、この後、クリアースプレーでステッカーを保護して、ウォッシングとかしたら
どうなるかだよねぇぇ、、、、ヤークトは、ウォッシングの段階で裏側に液が入り、ステッカーが浮き上がってしまったので、、、、、汗



てか、、この中塗りの時点でウォッシングまで必要なのかなぁぁ? 私のイメージでは上塗りの白は、そんなに剥がさない予定です。



全体の一割くらいじゃないのかなぁ、、、この中間色の黄土色が見えるのは?? 他車との兼ね合いで白っぽい戦車が欲しいのです。



黄土色の露出が多いと、隣のH型と似たような色になるので、、、



てか、、、我が家の戦車は全部汚いので、このまんま綺麗な状態のが一台あってもいいんじゃないかって気もするけど、、、、



それじゃぁ、、、戦車イジリの楽しさが半減するんです。
戦車は、汚しの作業が一番楽しいので、、、笑



その前に片付ける事があった!



真鍮線をL字に曲げて、、、アロンアルファーのキャップの穴に通して、、、



可動式アンテナを作った!(笑)



アロンアルファーの柔らかい樹脂キャップが車体の穴に密着するので、その圧力でアンテナは一応、立つけど、、、



少しでもアンテナの重心が傾くと、アンテナケースの中に倒れ込む!
まっ、、アンテナを立てたままだと、砲塔旋回させた時にぶつかるし、普段はケースに収納だから、とりあえず、これで良いかと♪



次は、黄土色皮膜を部分的に剥がして段差を付ける、、、、この後のチッピング作業の下地作りっす。



同じカテゴリー(Ⅲ号戦車L型)の記事画像
追加工♪
鉛シートで遊ぶ
3号L型冬季迷彩完成
あと少しなんだけど、
見比べて追加
着飾る
同じカテゴリー(Ⅲ号戦車L型)の記事
 追加工♪ (2018-03-08 12:00)
 鉛シートで遊ぶ (2018-03-07 12:00)
 3号L型冬季迷彩完成 (2018-03-02 12:00)
 あと少しなんだけど、 (2018-03-01 12:00)
 見比べて追加 (2018-02-28 12:00)
 着飾る (2018-02-27 12:00)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。