アクセスカウンタ
< 2019年01月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 26人
オーナーへメッセージ




ダイレクトメッセージ     ヤフオク全出品リスト



2019年01月17日

地味なマルイのカスタムデトニクス

次なる出品は、よく見かけるデトニクス用の木グリップが付いた一見地味なデトニクスです。

でも、出品に際して各部をチェックしたら本人も忘れていたけど、結構、パーツ交換したデトニクスでした。



出品の全てです♪



本人は覚えていませんが、多分、本体は自分で塗っていると思います、、メーカー純正仕上げは嫌いなので、、、
ただ、見分けが付かない。



画像を見る限り、マルイ特有のヒケが見えないので、塗ったと思うんですが?



ほんで、トリガーがヘントコリンな物に付け替えています。



セーフティはアンビタイプで、ハンマーはMk1タイプの品に交換されてます。



丸っぽいのが特徴の初期型デトニクスのハンマーで、結構高かった品だと記憶する。



アンビタイプと近未来的なトリガーに古いタイプのハンマーと



オールドな感じの木グリップで、



新旧ゴッチャのカスタムデトですね!



お爺ちゃんから譲り受けた大学生の孫が、自分用にカスタムした実銃デトってイメージを再現した(笑)



やっぱ、ヒケが目立たないので塗装加工したみたい。



スライドを外したらスプリングガイドも社外品ですね。



円筒タイプの金属棒!



新旧ゴッチャのデトニクス!



でも、意外と実銃の画像をググると、こうゆうのあるよん♪



マニアチックなデトニクス?



重さは木グリップなのに結構重たい????



木グリに変更したら、確か600グラム以下のはずなんだけど?



あれ?



もしかしたら??



アウターバレルが金属製でした!
社外品? それとも海外製デトのパーツの使い回し? 謎です。



マガジン!



ガス漏れは今のところ無いし、空撃ちによる動作チェックはOKでした。



おっ、、もしかしたら、リアサイトのネジは別体式かも?



地味なデトだと思ったら、結構いろいろとパーツ交換した品でした。



パーツ代だけで、楽に新品デトは買えるでしょうね。



見慣れるといい感じですよ、、こんなデトも♪  

Posted by 塔四郎 at 10:00Comments(0)放出品リスト

2019年01月16日

新日本模型のデトニクス出品予告

今回手持ちのMGCデトニクスを全部ヤフオクに出すつもりですが、大きな問題点があります。

私は中身の鉄砲だけを取り出して全て部屋に飾っていたので、本体と箱がマッチしているのか分かりません。



よって、箱と中身が違う可能性があります。



唯一、新日本模型で再販された外箱にはリアルサイズカート&HWモデルと書いてあり、



本体をバラシてアウターバレルを見ると新日本の特徴である金属パーツが付いていたので、MGC系デトニクスでは
最終型となる新日本模型の再販品で間違い無いと思えたのが、、、



このデトでした! HWモデルだし、



そのデトニクスの中には、こんなでかいカートが6発入っているし、、



ただ、全て発火済みみたいで、うち2個が弾頭部分が茶色っぽく変形しています。



本体には後付けのベルトクリップが付いてます。



ハートフォート製で程度は良いかと思います。



それ以外だと、、



ヤフオクで売ってた木グリも付いてます。



渋めな色合いでHWに似合います。



あとはノーマルです。



カート入りのマガジンと共に体重測定(笑)



渋めなデトニクス♪



ただし、これはMGC製のデトニクス全てに言える事ですが、スライドの刻印が浅いです。



フレーム側のMGC刻印はしっかりと深いのに、、、、笑



手動によるカートの装填や排莢は確認しましたが、発火するかどうかは未確認です。



大体、MGCのデトニクスはカートが複数出ていて、このデトにこのカートが正しい物かは分かりません。
単純にこのデトのマガジンにこのカートが入っていたから多分間違い無いとおもうだけ、、あとカートがでかいし(笑)



同様な感じで装填排莢だけで遊ぶ人や、もしくはデトネーターを外してダミーカート仕様にする人には問題ありませんが、
発火目的の人は支障があるかも知れません。



私感ですが、大きく目立つようなキズは無いかと思います。



マガジンもいい感じだし、、、つか長いので続きはクリックしてね♪  続きを読む

Posted by 塔四郎 at 22:00Comments(0)放出品リスト

2019年01月16日

元祖HWデトニクスの出品予告

今では当たり前のヘビーウェイトですが、金属のモデルガンから樹脂のモデルガンに代わった頃に、金色の金属ハンドガンよりは、
大幅に見た目はリアルになったABS製モデルガン、、、ただ、その材質上、金属に慣れた私は、どれも軽くて、、モデルガンから離れた。

でも、そんな、軽い樹脂製をどうにかしようと、試行錯誤して生まれたのが、このMGCのグレー色のモデルガンでした。
イベントなどで売られ、その後、進化して黒くなっていくHWモデルガン。 当時のTOPメーカーのMGCのお陰で今日のHWがあります。



とか、知ったかぶりしてますが、元々はヤフオクで購入して、後から調べただけ!  購入時の記事はこちらです。
今から8年前に購入したけど、新品で販売してたのは1980年頃かな? 40年近く前の製品が未だに残ってる素晴らしさ♪



黄ばんで汚いけど、当時の発泡スチロール製の元箱もあります。



箱の中にはビニールに入った小物とカートがありますが、これが全てなのか欠品があるのかは私には分かりませんが、
私自身では袋の中を開封した記憶はありません。



カートは未発火の物が6発入っています。



本体、マガジン、カート6発だと、こんな重さで、マルイのデトニクスとほぼ同じかなって重さです。



マガジン自体には7発入るので、余っているカート保存ケースから、



同じタイプのカートは無かったけど、同じMGC製の未使用のツートンカートがあったので、



それを一番上に装填。



そうすると、こんな感じの重さ。



重い方が好きなので、更にチャンバーに1発入れて、



最終的にはこんな重さに♪



MGCは、いろんなカートがあり、追加で用意したツートンカートが、このデトニクスで発火できるのかは分かりませんが、
手動による装填と排莢はできました。



刻印は浅いです。
なんせ、古い品だし、こんなもんです。



グリップは購入時の記事にも書いていますが、ヤフオクでグリップを売ってる方の品です。



このネズミ色みたいな樹脂は染める事も出来ませんでした。(←試したんかいw)



てか、黒いHWのデトニクスは、その後、MGC(新日本模型だっけ?)から発売されたのを持っているし、



このネズミ色は、この色で残しておくのが歴史的価値がある!(←大袈裟?w)



モデルガンならではの楽しみ? マガジンに7発フルにカートを入れると、マガジンの底から爪が飛び出ます。



満タンに弾が入っているお知らせですね。



マガジン底の刻印もいい感じ?



あと、凄いなと思うのが、、、



もちろん、同色にはならないけど、、



スライドストップとかの金属パーツ類が、、



グレーのHW素材に合わせて灰色っぽい染めなんですよねぇ~♪
トリガーもいい感じにラインが入っているし、



セーフティなんかもHW素材の色に合ってるかと?



金属製のリアサイトも、、



真っ黒よりは全然良いかと?



バレル下の金属類もいい感じの色ですし、未発火のインサートは綺麗です。



40年近く前の製品なのに、細部まで手抜きの無い仕上がり? さすがTOPメーカーだったMGC!(笑)



グレーの色は当時は受け入れられなかったけど、最近はいろんな色合いの鉄砲あるし、これはこれで良い色かなと?



マルイのデトニクスとの大きな違い!



やっぱ、カート式はいいですね。



つか、、マルイのデトニクスが出るまで、ずっとリアルサイズの大きさだと信じてたけど、グリップ部分が長かったなんて、、



長い事、MGCに騙されてた!(笑)



でも、その数百倍も夢を与えてくれたメーカーさんでした。



いい物はメーカーが無くなっても残ります♪



当時物のマガジンや本体に付いてる金属類なんて腐食も感じられないし、、、



大切にしてくれる人に嫁いでください。



最後に縦長画像の連荘!



グリップが似合ってる♪



黒いバレルはHWではないと思うけど、黒光りして金属風な光沢もあっていい感じ?



じっくりご覧ください。



書く事なくなったので(笑)



つか、、、画像が多過ぎ!



表示、重いだろうなぁ、、、、汗



落札される商品ですから多い方がいいかなと。。



まっ、興味ない人は全部見ないし(笑)



手放して、いつか恋しくなったら、自分自身が感傷に浸れるし♪



MGCがこんなの出していたんだとNETに残せるし?



元祖HW! ここから現在のHWまで繋がっている歴史的一歩の製品?



出品物の全てです。
カートはカートの箱に入っていた金色が6発とツートンカラーのMGC製のカート2発が、マガジンとチャンバーの中に入ってます。
その他のトリセツや袋に入ってる小物は、多分、私が落札した時に前オーナーから譲り受けた物だと思います。  

Posted by 塔四郎 at 10:00Comments(0)放出品リスト

2019年01月15日

ストライクなデトカスタム出品

マルイのストライクウォーリアーとデトニクスを合体させたカスタムはたまにNETでも見かけますが、

このストライクデトは、日本でひとつ? 工房Sさんに作って頂いた木製のフィンガーグリップが装備されてます。



ストライクカスタムされた本体は要らないからグリップだけくれって人もいる事でしょう!



ストライク本体のカスタムは以前にヤフオクから入手した製作者不明のカスタム品です。
元々はストライクの刻印の入ったスライドでしたが、私が手持ちのデトニクスのスライドに変更してガバ用のロングマガジンにして、



メーカーは忘れましたが、フレームから飛び出したマガジンを隠す黒いカバーを差し込み、



とどめは、ボーディさんに作ってもらったダミーカートのシールを貼ってます!(笑)



とりあえず、知らずにマガジンを本体から抜いたらビックリするでしょ?(笑)



グリップは購入時はもっと赤味のある色でしたが、オイルとか何か塗ったのでしょうか? 今はこんな感じの色合いです。



マルイのデトニクスにはポン付け出来るグリップです。



工房Sさんのブログで制作時の記事を見つけました! 今とはだいぶ色が違ってますね。



材質はココボロって木みたいですね、、、Sさんのブログのコメント欄に書いてあった。



「ココボロ 変色」でググると、時間の経過ともに深く濃い色に変色していきますとかこちらのページに書いてあった。



本体に話を戻すと、メーカー不明の謎のライトは新たな電池を入れたら点灯しました。



災害時に懐中電灯としても使えます!(←こらっ!)




セーフティは左右に付いています。



ビーバーテールだっけ? 後ろも伸びてます。



ギザギザ部分。



近未来的なデトニクス?



既にマルイのデトニクスを所有されている方は、部品取りとして、又は、所有しているデトニクスとパーツを付け替えて、
新たなスタイルの2丁を生み出すのも面白いかも?



出品に際してマガジンにガスを入れたところ、空撃ちですが元気にブローバックします。
ただし、BB弾を入れての実射性能は一度も弾を入れて撃った事が無いので不明です。



で、このマガジンのカバーですがNETで調べたら、アングスのエクステンションアダプターとか言う製品みたい。



アイデア品ですね♪



ウォーリアー部分のレイルパーツは前オーナーさんが黒く塗っていて、私が付け替えたデトニクスのスライドは
私が塗った物らしいけど、どのように塗ったか覚えていない、、と言うより、塗ったまま部品庫に眠ってた品だと思う。



シルバーのフレームはマルイの銀メッキです。 もちろん樹脂製ですよん。



スタライクウォーリアーの元箱に入れての発送ですが、



発泡スチロールを削ってライトを本体に付けたまま収納できるようにしています。



ライトの脱着は、左右側面の長方形の平面部分の真ん中より少し前方にある爪を左右同時に押し下げて、
ライト全体を前側に押し出せば外れますが、慣れないと難しいかも?



ストライクの本体自体を手放すのは惜しくないけど、、、



やっぱ、このグリップには未練あるなぁ、、、、



本体自体は、その気になれば自分でも作れそうだけど、、このグリップは作れないじゃん!



工房Sさんのブログも止まっているし、、つか、更新されていた時も、新たな製作はしないような事を書かれていたし、



大切にしてくれる人に嫁いで欲しいな。



つう事で、、、



皆様のご入札お願いします。



デトニクスは100丁集めるのを目標にしていましたが、90数丁で生前贈与を考えるお年頃になり、泣く泣く放出するんだけど、
大好きなデトは別れが惜しい。。



最後にデカい画像を何枚か貼る。



いくらで落札されるんだろ?


1円スタートでいいのだろうか?(汗)  

Posted by 塔四郎 at 22:00Comments(0)放出品リスト

2019年01月15日

MGC SRHW ガバメントの出品

次なる出品はMGCのSRHWのガバメントです! そう、磁石が付くHWとか言われた品です。

8年前かな? ヤフオクで中古で入手して、外装を研磨して、更にビンテージ感のある仕上げにしたのは♪ (過去記事はこちら



元箱やカートの無い状態で手に入れたので、元箱の代わりに適当な木のコレクションケースの中に、KSCのガバメントの
元箱の下側、発泡スチロール部分を削って、隙間にスポンジシートを入れて、



青い布を書き込めば、パッと見には普通のGUNケース!
ただ、この木箱には留め金が無いので、、



新品のアーミーパンツ用のベルトを短く切って、こんな感じに蓋を固定しました!
まっ、、ケース類はオマケです。



本体は、前のオーナー様が、純正の樹脂グリップを部分的にチェッカーを削って摩耗した感じにして、スミ入れされてます。
この使い込んだ感じが好みで入手しました。



入手後、そのグリップの使用感に合わせて、SRHW地肌を研磨加工して、ビンテージ感のある表面にしたつもりです。



更に、後日、MGCガバ用の錆びだらけのマガジンがヤフオクに出ていて「これだ!」と思い落札した。
こうした天然の傷みは、ワザと演出するのは難しく、貴重なマガジンです。 (←変態か、、おれ?w)



と言う事で、古びた感じのガバ細部の画像でもご覧ください。



ビンテージ仕様って、この後、埃が付いたり、傷が付いたりしても、それが味として加味されますので、ある意味、保管が楽!



あえて、残念な事は、当時の刻印は浅いんですよねぇ、、、、素材が素材なので、針の深掘りは怖くて出来ません。



つか、、何度見ても、素晴らしいグリップ!



磁石が付くらしいけど、成分には鉄は入っていないような? 鉄なら、さすがに赤錆が発生すると思うし。。



再びグリップ画像!(笑)



亜鉛パーツ類の色も違和感は無いかと思います。



細かい部分には天然の埃が入ってます、、、気になる人はハケや綿棒で清掃しましょう!



赤い予備マガジンが渋い! (←そう思える人が入札するのかな?w)



ちなみに本体に入っているマガジンは綺麗かと思います。
カート確認窓を見ると、本体側のマガジンには一杯カート入っていて、予備マガジンはフルにはカート入ってないですね。



予備マガジンの方は適当なカートを入れてたような?



つか、マガジンからカート出せばいいのか?(笑)



ほら、あんまし、カートを入れたり出したりすると、カートが傷つくやん!(本体のキズは気にしないのにカートのキズは嫌な私、、、笑)



本体側のカートはプライマー部分が銀色の高級ダミーカートが7発!(記憶ではエランのガバを購入した時に買った品)
予備マガジンの方は、プライマーの無いダミカートとモデルガン用のカートが混在して6発!



モデルガン用のカートはMGCのガバ用?? 謎のカートです。



で、こっちが綺麗な高級ダミーカート! (高級と書くとこに貧乏臭さが漂う?w)



一応、手動により装填と排莢は確認しました、、、二発だけですけど、、笑



マガジンに7発カートを入れた重さはこんな感じです。
チャンバーに1発追加すれば920gにはなるかと思います。



この風景がガスガンでは味わえない。



刻印は見えるけど、あと少し深掘りだったらいいのにね。



し、、、渋い!(笑)



アホみたいな文面を書いているけど、それに抵抗の無い人は、汚いのが好きな同志かも。



古いモデルガンです。
MGCと言う当時のTOPメーカーが色々研究して販売されたSRHW(スーパーリアル・ヘビーウエイト)です。



金属モデルガンから樹脂製モデルガンに代わり、金色のハンドガンがリアルな黒い色にはなったけど、
手にすると驚異の軽さで多くの古いモデルガンマニアが離れた。。



そんな中、MGCはHWを開発して、そして、このSRHWに発展したんだけど、磁石が付く! 鉄? と誤解を生み、
また、強度的に脆い部分もあり、短命の販売で終わったと記憶する。



まぁ、似たような成分で、マルシンやコクサイも作っていたけど、どれも短命でしたね。



昭和から平成に、、そして次なる新しい元号へと、3つの時代を生き残るガバ!
その先の4つめ、5つめの時代に、もし残っていたら、100万円の価値はあるのか??? (笑)



と言う事で、トリセツや元箱とか無いです!
画像のGUNケースと中身が出品の全てです、、送料900円の1円スタート!



古びたガバ!



スチールウールを水に漬けて、真っ赤に錆びたら、それをトンカチで潰すと、錆びた粉末が出来ます。



その粉末を指でガバに擦り付ければ、もっとリアルになりますが、、触ると錆粉は落ちます(笑)
置き物にするだけならOKなんだけどね♪



大切に後世に残してくれる人の入札をお待ちしています。  

Posted by 塔四郎 at 10:00Comments(0)放出品リスト

2019年01月14日

デトニクスMkⅦ CIAスペシャルの出品

ヤフオクに出品しましたCIA仕様のカスタムデトニクスです。
実銃でも数の少ないMkⅦをイメージした品に、これも希少な実銃用のパックマイヤーグリップが付いています。

元々はヤフオクでどこかのお店でカスタムした品で、リアサイトの切除部分の変色やヒケがあり、それを私が修復して塗装、
そして未使用のパックマイヤーグリップを取り付けました。 過去記事はこちらです。



元はマルイのガスガンで空撃ちでのブローバックは確認済み! マガジンもガス漏れは無いようです。
BB弾を入れて撃った事は一度も無いので、実射性能は不明で、又、ガス漏れについても、性質上、いつ漏れるかは分かりません。



実銃デトニクス用のパックマイヤーのグリップは複数所有していますが、どれも大きな問題点がございます。
後ほど、その辺は画像と共にご説明致します。



スライドの刻印はMkⅦと刻まれており、月刊GUN2007年8月号のデトニクス特集記事によるとCIAに贈られた物と同じ品らしい。



CIAの特徴は至近距離での発砲なのでリアサイトが付いておらず、素早くホルスターから抜けるのを重視した?



元々は、このリアサイトがあった部分に加工跡と塗装の変色があったのですが、それを研磨してブラックスチールか
なにかで私が再塗装しています。



8年位前に手直しした品ですが、加工跡などは浮き出ていないように見えます。



スライド側の刻印や加工は素晴らしいのですが、フレーム側の刻印は残念なマルイのまま!(笑)



そして、冒頭でも書いたデトニクス用のパックマイヤーグリップの大きな問題点ですが、、、、



左側側面は異常ありませんが、、、



右側に発生しています。



ゴムが千切れかかっています。



このデトニクスに付いているパックマイヤーも、それ以外に所有していたパックマイヤーも大体同じように千切れます。
ゴム製のグリップで、ヤフオク等で入手できるのは未使用の箱に入ったのがほとんどであり、実銃のデトニクスが販売されて
いたのは大分前ですから、未使用のままゴムが硬化して、それを取り付けtら弾力が無く千切れた?
もしくは、マルイのデトニクスが実銃より微妙に肉厚があったのか? 原因は、その2点かと思えます。



まぁ、、、実銃も古い鉄砲だし、千切れ掛かってるグリップも多数あると思えば、逆にリアルでいいかなと?(笑)
銃本体も見方によっては古びた黒色にも見えるし♪



まぁ、グリップが気になる人は、




通常のマルイ樹脂製グリップを画像も1セット同梱しておきます。



マルイのデトニクス自体は世の中に多数出回っていると思いますが、リアサイトの無いMkⅦスライドは希少かと思います。



壁に放置していて天然の汚れ(軽く拭いただけなので)で良い感じに見えます(笑)



おひとつコレクションにいかがですか?



いくらで落札されるか楽しみな1丁です♪



出品物の全てです。  

Posted by 塔四郎 at 10:00Comments(0)放出品リスト