アクセスカウンタ
< 2018年10月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 26人
オーナーへメッセージ




ダイレクトメッセージ      お座敷掲示板専用スレ      ヤフオク全出品リスト



2018年05月20日

カスタムナーフ勢ぞろい!

前回からの続きです。

長物ナーフの2ショットです♪



半光沢の銀色ナーフと艶消しナーフです。



てか、銀色ナーフのフォアグリップ部分が茶色を塗ったままだったので、



黒系エナメルを追加しやした♪



こうやって2丁ならべると、少しは芸術性が増す?



3つ並べると、もっと芸術点が増えます?(笑)



ゴールドナーフは光沢仕上げです♪



スチームパンク勢ぞろいって感じです。



三者三様!



そこら中に点在してたナーフを集めました。
全部で6丁かぁ? よく塗ったな♪



どれもお気に入りです。



この小さいのもいい色してますし、



シンプルな造形のこの子もいい感じです。



1号ナーフも、複数のナーフの中にいると存在感が増します。



1個1個で見ると、「センスないなぁ、、おれ!」と思ったけど、集めると、「結構がんばったやん、おれ!」と思えて来たw



つか、、6丁だけだっけ?



長物置き場に陳列させていた音と光の出るナーフを忘れてた!



唯一、普通ぽい塗装で仕上げたスターウォーズのナーフです。



あと、君の存在も忘れてました!



ちゅう事で、塗装終わったナーフは全部で8丁ありました!
ほんで、まだ待機中のナーフ系が5丁? 6丁? まだまだあります、、、、、終わらんで、、ホンマにw  

2018年04月19日

6号ナーフ完成

前回からの続きです。

適当な色を塗ってメリハリの無い6号ナーフこと「ナーフ Nストライクエリート トライアド」ですが、、



全体に黒のエナメルを塗って拭き取ればこんな感じに♪



だんだんとコツを掴んで来た。



これでナーフ塗装5丁めですもん♪



分かり難いけど、エッジ部分に銀色を追加して完成!



トップコートは艶有りを多めに吹いてます。



なんだか訳の分からん物体ですが近未来の鉄砲ですw



不気味な色合い!



でも、元々のこれよりは断然良くなったかと、、、、笑



このカラーリングでデトニクスやエンフィールドを塗りたい気もするけど、色の重ね方やぼかし加減は偶然による部分が多いので
うまくバランスが取れないと悲惨な色合いになりそうなのでパス!



後のネジ3つは、もう少し銀色を塗って別体感を出した方が良かったかな?



まっ、、細かな修正はいつでも出来るのでOK!



3つ並んだ銃口が迫力あるけど、



弾を入れるとナーフガン!(笑)



仕上がり具合はこの6号に似てるかな? 共に金属感はあると思う。



こうなると、あのナーフを塗り直したくなって来た。  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)トライアド

2018年04月18日

今度は6号ナーフ

さてと次なるナーフの塗装は、sizuさんからのハワイ土産のこの小さなナーフにします。

あまりにも独創的なデザインで、どんな色に塗ればいいのか、まったく分からないけど、なるようになるべ?w



改めて見ると、このグリップ部分の刻印は、こっちは白いままなのに、



反対側は黒く塗られている謎!
まっ、塗っちゃうから、どうでもいいんだけど、、笑



どんな風に塗ろうかまったく考えていませんが、いつものように余分な刻印(全て立体文字)を消す事から始めます。



上の黒文字と下の青文字、、微妙な突起だから削る事自体は簡単なんだけど、面積が小さく曲線部分にあるし、
その周りの削らなくていい部分まで削りそうで怖いっす。



ちなみに今回も7号ナーフと同様に分解せずに塗装します。



あくまで素人が見た目だけでの判断ですが、分解が難しそうに思えたから、、、笑



で、削り作業の画像は省略! 今までのナーフと同じです!
削り終えたらサーフェーサーを塗って、、さて、何色で塗ろうかと、、ここで初めて悩みますw



単純にサーフェーサーを塗った状態で頭に浮かんだのが、



HWSさんのリバレーター! 奇抜なデザインで、これと同じような銀色に塗れば金属感も出るんだけど、
うちの3号ナーフが銀色主体で塗ったから、色がかぶるのでボツ!



まっ、、悩んでも始まらないので、、、、



まずは下地用の銀色を塗る! 今まではホムセンの銀メタスプレーだったけど、今回はキャロムのチタニウムを塗った。



グリップ下に延びる棒がコッキングバーで稼働するので、その部分はキャロムの塗装のままマスキングして、
その他、数か所マスキングした後に、銀メタや青や黄色やオレンジのクリアーカラーを塗ってみた。



後は適当にスミ入れをすれば色が締まる???



マスキングテープを剥がして黒のエナメルを塗ってみる事にします。  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)トライアド

2018年04月05日

ナーフ塗装の再開

前回からの続きです。

suzuさんから頂いたリトルナーフを塗装するのはいつになるのだろうか?w



目の前には、この3号ナーフが待機してます。



だって、こっちの面はひと通り塗ったけど、、



こっちの面は、まだ、こんな状態だし、、笑



それ以前に1号ナーフをなんとかしないと、、、、汗



何が物足りないのか? いろんな色を塗ってるけど、立体感が無い? エッジとかの協調が弱い? てか、金属感が少ない??



この前買ったアクリルガッシュで少し色付けしてみます。  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)パースエイダートライアド

2018年04月04日

ナーフガン6号!

以前にも書きましたが当ブログはリアルタイムの記事ではございません。
どんどん作業をしては原稿をブログにセットして自動更新させているので季節感とか大きくズレ込んでいます。

ほんで、本題!  ナーフ3号の塗装をしてる時、当ブログや掲示板でお馴染みのsizuさんが、ハワイの研修旅行に行っており、
こんなお土産を我が家に贈ってくれました!



チョコとナーフガン!
まったく予定になかった贈り物の到着で眼が丸くなりました!(自分では確認できないけど、絶対に丸くなる位に驚いたと思うw)



Nストライクエリート・トライアドとか言う名前の品で、ナーフの中では一番小型なモデルです。



ハワイの品なのでパッケージは横文字で、



トリガーがオレンジのフルパワーモデル!
国内仕様のトリガーは灰色です。



コッキングはグリップ下から飛び出ているオレンジの棒を下に引き下げると、この位置で止まって、
トリガーを引くと、元の位置に引っ込む仕組みでした♪



本当に独創的なスタイルと機能ですね! 実銃を元にしたトイガンは多分400~500丁位は所有してるけど、
リボルバーはコルトもS&Wも同じようなデザインだし、オートだって、M1911とベレッタM92だって似たような感じやん。
まぁ、微妙な違いに喜びを感じて大量にコレクションしてますが、、ナーフは、本当、メチャクチャな外装が多いのでハマッてます。



sizuさん! 有難う御座いました!  
そのうち、この子も、それっぽく塗り変えますね♪  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)トライアド