アクセスカウンタ
< 2022年09月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
オーナーへメッセージ

2021年05月15日

下準備完了

前回からの続きです。
下準備完了
アウターバレルは剥離剤の残りが少なくなって来たので先送りして木製品をどうするか決めました。
バレル付替えセットの時に作った上側の黄土色のグリップを今回の新品と付け替えます。


下準備完了
そしてワトコのダークウォルナットで着色します。


下準備完了
最終的には傷も入れてビンテージ風にします。


下準備完了
アウターバレルはコップ3分の1位の剥離剤を全体に塗って被膜を弱めて、


下準備完了
120番から400番のペーパーでそぎ落とした。


下準備完了
真鍮ブラシで削り残しを落とし、


下準備完了
600番のペーパーで研磨。


下準備完了
その他の金属パーツも同様に研磨。


下準備完了
レシーバー内部の黒塗装は


下準備完了
綺麗に残して後は銀色地肌部分を鏡面磨き待ち♪


下準備完了
で、黄土色のグリップを採用するから、


下準備完了
フォアグリップの色を削り落とす。


下準備完了
そして同色のオイルを塗る。


下準備完了
油研ぎだっけ?ペーパーにオイルを付けて研磨する、、、ペーパーは240番から最終的には1000番位まで使用。


下準備完了
毎晩塗っては、、


下準備完了
乾燥状態を見る。


下準備完了
一応、この状態で


下準備完了
第一次下準備は完了\(^▽^)/


同じカテゴリー(S&T・M1887)の記事画像
完成!!
金属は黒塗装のままで
新たな蜜蠟WAX
木製品が続く
3丁のM1887
油研ぎで仕上げる
同じカテゴリー(S&T・M1887)の記事
 完成!! (2021-06-16 10:00)
 金属は黒塗装のままで (2021-06-14 10:00)
 新たな蜜蠟WAX (2021-06-12 10:00)
 木製品が続く (2021-06-10 10:00)
 3丁のM1887 (2021-06-08 10:00)
 油研ぎで仕上げる (2021-06-06 10:00)
この記事へのコメント
こんばんわ。
自分もウッド部分の染め直しに挑戦してみる事にしました。
今回の記事も大変勉強になります。
Posted by ぶきっちょ at 2021年05月17日 01:13
げげげっ、、すみません!すみません!
とっくに返信したつもりが投稿ボタンを押さずに閉じたみたい(汗)

その時に書いた内容は今後も一杯ウッド部分の記事が続くよって事でしたが、、
その後、どう? 仕上げ直しにトライしましたか?
Posted by 塔四郎塔四郎 at 2021年06月12日 07:53
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。