アクセスカウンタ
< 2020年01月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
オーナーへメッセージ




ヤフオク新着メール登録はこちらから

2018年11月11日

GUNケースの自作

仕事が年末モードに入り、ヤフオクの出品どころではなくなった!
今までに130丁くらいは放出したけど、まだ残りのハンドガンは200~300丁は残ってるんだけど、
そのうち元箱があるのが100丁分くらいで、残りには箱が無い!!
GUNケースの自作
もちろん、箱無しで出品した方が落札者様にとっては安値で落札出来るのだろうけど、コレクションを放出する側にとっては
どれも大切な娘を嫁に出す心境! 元箱が無ければ、それより高価な箱を付けて送り出したい!(笑)
そんな訳でアマゾンで何かGUNケースとして使えるコレクションケースを探して見つけたのがこれ


GUNケースの自作
プライム会員だから送料無料の1790円! 使えるかどうか分からなかったので試験的に3つ購入しました。



GUNケースの自作
箱の中は二分割されており、片側が細かくマス目に区切られているけど、


GUNケースの自作
それは簡単に取り外せます。


GUNケースの自作
真ん中の仕切り板は接着されているけど、少し力を加えれば外せます、、、ただし、外した部分はニスが塗られてないのでラインが残るけど
まっ、なんとかなるでしょう♪


GUNケースの自作
気になるのは、透明なアクリル板に書かれた黒文字ですが、、、


GUNケースの自作
ラッカーで拭けば簡単に消えた♪


GUNケースの自作
おおおっ、かっこいいやん!


GUNケースの自作
真ん中の仕切り板を残せばデトニクスなら2丁収納できる。


GUNケースの自作
と言う事で、追加で5個買った!


GUNケースの自作
余分な物は取り外し、、


GUNケースの自作
気になるラインは、、


GUNケースの自作
オイルステインしてみたけど、手持ちの色が違ったので、、


GUNケースの自作
全体に着色!


GUNケースの自作
ラインは気にならない程度に誤魔化せた?


GUNケースの自作
このまんまでもいいんだけど、、


GUNケースの自作
余り物の段ボール紙をBOXサイズに切り、箱の底板がわりにして、


GUNケースの自作
その底板に手持ちの布を巻き付ければ、


GUNケースの自作
どっから見てもGUNケース♪


GUNケースの自作
この古いベレッタのモデルガンも元箱が無かったんだけど、こうして木箱に入れて嫁に出したい!
裸のプチプチで放出されるよりベレッタは喜んでいる? そして私は金銭的には損をするんだろうけど、、、笑


GUNケースの自作
主旨とは外れるけど、マルイのデトニクスの元箱内の黒い布に包まれた発砲スチロールが入るのではと入れてみた。
左右の幅は問題なく、でも、上下の幅は1.5センチ位短かったけど、布を弛ませれば目立たない?


GUNケースの自作
ただ、発砲スチロールの方が高さがあり、


GUNケースの自作
蓋がちゃんと閉まらない!


GUNケースの自作
よって、発砲スチロールの裏側を切断。


GUNケースの自作
これにて完璧に蓋は閉じる!


GUNケースの自作
ただ、やっぱ、上下の隙間が目立つので、黒い布の中にサイズを合わせた発砲スチルールでも入れて修復するべ。


GUNケースの自作
で、修復した! 隙間は目立たなくなった♪ 


GUNケースの自作
布とかオイルステインとか手持ちがあったので、材料費はBOX代の1790円のみ!
実際に、これらの箱にハンドガンを入れて放出するときは従来の1円スタートではなく1790円スタートで出せばOK?(笑)



同じカテゴリー(コレクション陳列)の記事画像
令和元年の年末の部屋
最新マイルーム情報
トイガン出品ほぼ終了
ビロード生地シール購入
ブックボックス購入
ヤフオク用GUNケース
同じカテゴリー(コレクション陳列)の記事
 令和元年の年末の部屋 (2019-12-26 09:00)
 最新マイルーム情報 (2019-11-09 09:00)
 トイガン出品ほぼ終了 (2019-09-28 09:00)
 ビロード生地シール購入 (2019-03-28 09:00)
 ブックボックス購入 (2019-03-12 20:00)
 ヤフオク用GUNケース (2019-02-14 18:00)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。