< 2017年09月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
過去記事
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
オーナーへメッセージ

2017年07月06日

懐かしいのが続く

前回からの続きです。

こうした埃だらけの状態で撮影すると、どれも立派なジャンク品ですねぇぇ!(笑)



固定スライドのMGCのS&W君なんか、まさしく、このままだとゴミ!(汗)



はい、お爺さん達、懐かしのMGCのグロッグです! 
当時バカ売れして、「お前のガスガン、まだ、固定スライドなの? オートなのに? それじゃぁ銀玉拳銃じゃん」と人様を馬鹿に出来た銃!
でも、マグナブローバックが登場して、MGCのはポート穴開いてないじゃん、機械丸見えのオモチャじゃんと逆襲された、、、、笑!



てか、これも売れてました! マルイの1800円だっけ? エアコキの南部14年式! この埃だらけの状態だと、変にリアルに見えるw



綺麗に清掃して、



でも、せっかくなので部分的にワザと埃を残しています♪



銃本体は忘れたけど、なんかの黒でスプレーして、白と赤文字はクレヨン! 我が家で最古参のトイガンだと思う。



清掃が終わったS&Wのオートは、私の初期のビンテージ塗装を施した品です。



今見るとブルーイングみたいな感じで、どうやって塗ったんだ、オレ? と言う状態です。



ただ、エッジ部分の下地の銀出しは、はじめて、この手の塗装をした人なら誰もが経験する磨き過ぎで、下地の樹脂黒が顔を出してる。



この角度だと、銀ラインのセンター部分が黒くなっている所がいくつもあるでしょ?
実際には、その部分が一番鋭角な部分で銀色になっていないといけないとこなんだよねぇ、、、



この手の塗装は、この後、何十丁も塗ったから、こうした初歩的なミスはしなくなったし、それでもミスしたら修正の仕方も身につけたし、
まっ、、いよいよする事が無くなったらエッジ部分だけでも修復しよっかな?



これでブローバックするなら、すぐにでもやりたいけど、固定スライドで弾を入れて撃たない私には文鎮銃と同じで、、ちと、つまらん。



で、グロッグ17も清掃終了!
当時、まったく知らなかったグロッグとか言う銃! 正直、見た目は好みじゃなかったけど、ガスブロに惹かれて購入した品。



実銃はグリップ一体成型のフレームなので、こんな風にグリップを白くするなんて出来ない事を知ったのは、だいぶ後の事でした。



清掃を終えても、なんか使い込んだ味のある外見です。
ガスを入れてみましたが、ダァーダァー漏れでブローバックは出来ず、、、まぁ、、、仕方ないよね、、、古すぎるもん。



専用のサイレンサーも見つけたので取り付けて壁の置物にしよっと。




 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。