< 2017年11月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
過去記事
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
オーナーへメッセージ

2017年11月25日

ハッチ内の塗装

する事が無くなって来た、、、、汗

戦車兵っぽくしたアクションフィギュアをタイガー1型に乗車させると、、ハッチの内側が白いせいか黒い軍服が引き立ちます。



と言う事で、パンターGが未塗装のままだったので白く塗る事にしました、、、
もう、こんな事しかする事が無い、、、、笑



アイボリーを筆で塗り、、少し硬化して来たら、筆で叩くようにすれば、荒れた表面になり、筆塗り感は消えます♪



細かくて神経を使う作業でしたが、兵隊を入れると、パンターGは、あんまし白は見えず、、つまらないっすw



まっ、、ヒマだから、同じように未塗装だったキングタイガーも、



ついでに塗りました♪



チラッと見える白がいいね、、、やっぱ!



そして、その横の助手席も塗りました。



ハッチ裏側にハンドルが付いていなかったので、以前にタイガー1型3台に取り付けた自作ハンドルを新たに作って接着した。



ただ、問題なのは、フタが閉まらなくなった事!
タイガー1型と違いキングタイガーは、ハッチの中の隙間が狭かった、、、、、、、、汗!



いつもはハンドル中央に爪楊枝を切った丸棒を貫通させて、ハッチ裏面の穴に接着してたけど、今回は爪楊枝を使わずに
直接ハンドルをハッチ裏側に接着!



微妙に隙間が開いてるけど、これが限界! まっ、妥協できるレベルかと?



こっちから見ると白が見えないけど、、



見る角度によっては、こんな風に白い部分が見えます♪
軍服が緑でも白は映えます♪♪



まっ、助手席の下半身無いのが目立つようにもなったけど、、、、笑



あと、いつか塗り直そうと思っていたのが、ヘンロンを買って一番最初に仕上げた、このⅢ号戦車のハッチの蓋の色!
当時調べた資料が灰色だったので、こんな色に塗ったけど、



やっぱ、白だよ、白! 
厳密に言えばアイボリーの塗料を塗りたくる!



適度に汚れを追加して完成!



戦車長も嬉しそうにルガーを構えます!(笑)  

2017年10月14日

進化した予備キャタピラ

以前に掲載しましたタイガー1型(2号機)の予備キャタピラの続きです。

ヘンロン純正の板状の予備キャタピラを、車体側にステーを接着して、



簡単に入れたり出したり出来るようにした訳ですが、、、、



タイガー1型の実物資料などを見ると、こんな風に、予備キャタピラが細かく複数に分けて付いていたりする。



その方がカッコいいなと思い、一枚の板状になってる、このヘンロンの装飾用キャタピラを切断しようかと思いましたが、



以前に、タイガー1型(3号機)を金属キャタピラに交換した時の余った樹脂キャタピラがあるのを思い出した! それを使えばOKじゃん♪



接続ピンを抜くのに大苦戦! 簡単に抜けたのは2本くらいで、残りは固着していたり、まったく動かないのもあって、
切断したりと、、、汗



まだ、色は塗っていない黒い樹脂地肌のままですが、装着するとこんな感じです。



好きなように入れたり出したり、



うん! いろいろと使えそうなので色を塗る事にしよっと♪  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)タイガーⅠ(2号機)

2017年10月11日

3台のタイガー1型

戦車が続くぅーよ、どーこまでもぉぉぉ~~♪ (←線路だろw)

終わったと思ってたタイガー1型(2号機)でしたが、、



余っていた金属製の牽引ロープを見つけたので後部に括り付けた。



同じく、余っていた道具箱? 適当に色合わせして側面に両面テープで接着。



車体と微妙に色が違うのが味です、、、、笑



線路、、、違う、、、戦車のカスタムには終わりは無いのです♪



で、次は、、、



三号機です!
まず、ハッチ内の色が気に入らない!



それ以前に助手席のフタにハンドルが無いじゃん!



急遽、以前に自作したのと同じように、丸いゴムワッシャーとプラ板とホッチキスの刃でハンドルと2本の取っ手を作る事に、、、



最後にアイボリーを筆塗りして終了♪



つか、この筆塗りは、はみ出さないように神経を使い、30分以上は掛かる地味で疲れる作業です。



そして完成! この3号機はゴチャゴチャしていないシンプルな外装がポイント♪



2号機、3号機は、ほぼ完成なんだけど、、



手前の1号機が、まだ、葉っぱを取ってない、、、汗
戦車長の緑の手袋は、時間が経過して乾いたら、まっ、そんなに気にならない色合いに落ち着いていた。



ちなみに、それぞれの戦車長達は、どれも、ヘンロン純正の品を適当に色を塗って、胴体を切断して短くしたのや、
腕などを熱して変形させたり、違いを出しています。



ただ、これらの兵隊さん達は、ラジコンの電源が車体の裏側にある為、電源を入れる度に落っことすんです、、、私、、、、泣



本当に、本当に、する事が無くなったら、そのスイッチを運転席や車体上部に移設するんだろうな、、、



そうなれば、更に、気軽にラジコンとして遊べる。



三車三様のヘンロン製のタイガー1型。



飾りの少ないサイドスカートレスの三号機!



リコイル砲身に交換された2号機!



葉っぱの見納めです、、、1号機!



そして、葉っぱ除去!



初期に購入して、色々と外装イジリにチャレンジした思い入れのある1号機♪



数をこなせば、次第に慣れて来て、ウォッシングしても色を塗っても、さほど驚かなくなったけど、
この1号機の頃は全てが新鮮な驚きでした。



キューポラなんか金属製の物に交換してあるんだけど、色塗ったら、別に樹脂製と見分けが付かないので、
金属製に代えたのは、この1号機のみw



本当に置き場さえあれば、あと数台は買いたいヘンロン製タイガー!



プラキャタピラ仕様でよければ、たまに13700円で新品が即決価格で出品されるんだもん、その都度、我慢していますw
つか、買うなら高くても金属キャタピラにしないと後で後悔するのを知っているので、、、、笑  

2017年10月08日

このタイガー1型も、、

以前に、タイガー1型(3号機)にタミヤ用のメッシュグリルを付けた訳で、

ヘンロン用より安いし、加工も3本の細い金属棒をニッパで切断するだけで超簡単だった。



タイガー1型(1号機)の方は、1年以上前にヘンロン用のメッシュグりルを装着済みでしたので、



メッシュグリルが無いのは、このタイガー1型(2号機)のみでしたが、タミヤ用が流用できるならと、、
早速、アマゾンに追加発注しました。



グリルが届くまでに、ゴチャゴチャしたリア周りの荷物を外したら、色を塗っていたメッシュホースがご覧のありさま、、、



と言う事で、ホースを外して、



再塗装♪



ついでに、以前に塗ったハッチ内の色が気に入らなくなって来たので、、



アイボリーに塗り替えた!
車体は戦闘で傷んでいても、内装は、生真面目なドイツ戦車兵が、いつもピカピカに磨いたって感じでw



夜な夜な、そんな作業をしていると、、届きました! タミヤ用のパーツ♪



早速、色を塗って車体に接着!



ホースも取り付けて、、



荷物を縛り付けて、



出来上がり♪



白いハッチが綺麗過ぎたか? まっ、いつでも汚せるので、これでいいや~☆



一時期は、葉っぱや装飾品を一杯付けていたけど、、最近のマイブームは少なめなデコレーションって感じ?



以前はガルパン仕様だった2号機!(笑)



元は花教授が「要らない!」と、くれたヘンロン戦車! 
あっ、、ナチスの旗も花教授から頂いた転写シートのお陰だし、そのうち、返せとか言われそうな予感、、、、汗w  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(2)タイガーⅠ(2号機)

2017年10月07日

針金で自作

収入減で、以前のような買い物は出来なくなり、なるべくお金を使わないカスタム遊びを続けています。

そんな中で、これも、いつかやろうと思っていた、、どうでもいい戦車の小物制作ですが、、、



これを見て、何を作っているか分かった人は、ヘンロン製のタイガー1型を持ってる人くらいかと?(笑)



そうです、、、アレです!w



ヘンロンのタイガー1型って、ヘッドライトのコードが省略されていて、マーカー部分が間が抜けてるんですよね。



そこに、車体色と色を合わせた針金を接着しただけ!(笑)



タイガー1型(1号機)は、これにて完成! つか、葉っぱで隠れて、あんま意味無いかも、、、汗



続けて、タイガー1型(2号機)にも、切断した針金を載せて、長さを微調整、、



適度な長さになったら、色を塗って接着。



地味な作業だ、、、笑



続けて3号機!



色塗って接着!



こうゆう事すると、いよいよする事が無くなったかと思われるかも知れませんが、、、



まだまだ、いくらでもヒマ潰しは見つけられるのが戦車イジりの楽しさです♪  

2017年09月30日

タイガーの予備キャタピラ

我が家のヘンロン製タイガー1型は全部で3台あって、

これが一番最初に手掛けた1号機で、フロント正面には、ヘンロン純正の付属品である樹脂製の予備キャタピラが付いています。



これは3号機ですが、こいつはサイドスカートを切断してシンプルな造形をイメージして作ったので、フロントの予備キャタピラは排除。



そして2号機は、元々がガルパン仕様だったので、ガルパンのモデルとしたタイガーには予備キャタピラが無かったので排除したまま。
三車三様の観点からすると、予備キャタピラの無い、同じようなフロントが2台あり、、これは違いを出さないと、、、汗



と言う事で、部品庫で眠っていた予備キャタピラを取り出す。



このキャタピラの問題点は、前側の取り付け板にある2個の突起をキャタピラの穴を貫通させて、この画像では、ネジ留めしてるけど、
実際には、車体に開いてる穴にまで突起を貫通させてから車体内部でネジを締める仕様で、大変、面倒くさい!



だから、加工して、キャタピラを簡単に付けたり外したり出来るようにします。
まず、2号機に装着するキャタピラと、板状のパーツに色を塗って、、、



板にあった突起を削る! 
その突起が最初に書いたようにキャタピラ側に開いてる穴を通って、車体の穴を通って、中からネジ留めが本来の姿でした。



車体側の穴は、最初にガルパン仕様に改造した時に、パテ埋めしているので、



突起を削った板を貼るだけ♪



そして、上からキャタピラを差し込めば、、



こんな感じ♪



これだと、見た目の構成が1号機と同じになりますが、



外せば、1号とも3号とも違うフロントに♪



気分で付けたり付けなかったり出来るようにした。



もう1個余っていた予備キャタピラは黒に銀を加えて、新品風のイメージで塗れば、



その日の気分に合わせて、ワンタッチで茶色にしたり黒にしたり出来ます♪



今回は、この2号機で加工しましたが、その気になれば3号機も同じ風に加工出来ますが、



出来ないのは、この1号機! 我が家のヘンロン製タイガー1型の中では、この1号機が2016年モデルで一番の新型!
古い2号機や3号機と比べて、細部が手直しされており、、



2号機や3号機の古いモデルだと、車体を分解して内部からネジを外さないと予備キャタピラが取れなかったのに、
この2016年モデルから、ワンタッチで予備キャタピラが外せるように設計が変更されてます。



このツメが追加されて、車体前部の穴に引っ掛ければ予備キャタピラが固定されます。
それはそれで、利便性が大幅にアップして大歓迎なのですが、、、



問題は赤い矢印部分の楕円形! 下からネジを入れて車体の上側パーツと下側パーツを固定する風に変更された。
以前のモデルなら、車体底側に穴があり、そこからネジを入れていたのが、正面に移動されたので、予備キャタピラを付けない状態だと、
楕円形が丸見え! ネジを通す穴だからパテで隠す事も出来ないし、、、、残念!  

2017年09月29日

車体後退動作抑止ユニット

先日、ブログで掲載した2.4Ghz化したタイガー1型(2号機)

砲身のリコイルシステムは問題なく作動したが、ヘンロン特有の車体リコイルを制御する装置が使えなくなった。



使えなくなったのが、このフェンダー上部にある黒いパーツで、こいつが車体のリコイルを制御してた訳ですが、配線も切られ悲惨な状態。
以前にラブリーさんにカスタム依頼した内容を調べたら、最初は「TG1/16スケール タイガー1型戦車用 RRZ砲身リコイルシステム
(ストロボ付き)&専用アルミ砲身(真鍮マズルブレーキ付き)」を依頼して、それに追加したのが、この切断したパーツでした。
「TM1/16ヘンロンRC戦車 27MHZ&タイゲン2.4GHZマルチファンクションユニット用 ARM-02-DX 車体後退動作抑止ユニット」、
正式名称は長いけど、出来れば、使えたらいいよね?



名前から判断するとヘンロン27MHZとタイゲン2.4GHZに使えるみたいで、ヘンロンの2.4GHZには使えないのか?
タイゲンってメーカーならOKなの? アマゾンで3300円でドイツ語の説明書付きで売ってたので、説明書欲しさで購入!



もちろん、まったくドイツ語なんて読めないけど、画像とかイラストとかあるんじゃないかと?



パーツと一緒に同梱された説明書は二種類あって、



まずは、これがヘンロン27Mhz用の説明書。



ラッキー! やっぱ写真入りだった! これなら文書読めなくても想像できます、、、笑



そうそう、、、この位置にハンダされてたよね、、、うちの27Mhz用マルチファンクションも♪



画像の向きは逆だけど、説明書通りにハンダされてる。



で、これが駆動モーターに繋がる配線、、、多分、1とか2が右モーター、左モーターって意味なんだろうな、、
まぁ、今回の目的には、27Mhz用の説明図は要らない!



要るのは、これ! タイゲンの2.4Ghz用の説明書!  
まったく無知な私なので、もしかしたらヘンロンの基盤と似てたら、なんとかなるんじゃないかと、、、



モーターに繋がる図解は、ヘンロンのと同じですね。



問題はマルチファンクションの基盤のデザインです! この画像がタイゲン製のユニットなんだろうな、、、



ほんで、以前に撮影したヘンロンの2.4Ghzの基盤の写真と見比べたら、、全然、違うな、、、汗
やっぱ、ヘンロンの2.4Ghzは車体のリコイルはOFFに出来ないのね、、、これで諦めがついた、、、絶対、無理!!



まっ、無理だとは思ったけど、少しでも可能性があるのか調べただけ、、、
気長に待てば、ヘンロンの2.4Ghz用の制御ユニットも発売される時が来るだろう、、、、笑  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)タイガーⅠ(2号機)

2017年09月21日

リベンジ2.4Ghz化

三突の2.4Ghz化に成功したので、我が家で、唯一、このタイガー1型(2号機)だけが27Mhz仕様のままです。

砲身がRRZ製リコイル砲身ユニットにSHOPカスタムして頂いた品で、マルチファンクションが加工され、配線が増えているので、
これまで行ったユニット交換みたいにポン付けが出来ないのです状態でした。



でも、、1台だけ操作性の不便な27Mhz仕様は嫌なので、なんとかならないかと、、

部品庫で眠っていた取り外し済みの27Mhzユニットを分解してみる事にしました。
分解は、マーカー部分に上下の蓋をロックするツメがあるのでそれを外すだけでした。



こんな感じで蓋が取れて、、中にある基盤が現れます。



そして、その基盤の裏側、、、多分、ここにSHOPでカスタムされたユニットなら、後付けの配線がハンダ付けされている部分だと思います。
つか、基盤自体は何が何だか、1%も理解出来ない私です、、、、汗



いろいろハンダ付けされているけど、どれもミリ単位で細かいなぁ、、目の悪い私には、ここに何か追加するのは至難の業です。



でも、ユニットのフタの外し方は分かったので、実際にどうなっているのか2号機の方を開けてみる事にした。
黄色の矢印部分に穴が追加されて緑の配線がユニット内部に入っている、、、それがどこに付いているんだ、、、、、、?



ユニットのフタを開けてみた。



1ミリ単位くらいで並んでいる端子のひとつにハンダ付けされている、、、これは、やっぱし、私には無理!
私がハンダしたら、3つくらい一緒にハンダ付けしちゃいそう、、、、汗!



それ以前に、2.4Ghzの内部が同じワケないし、もうお手上げと、この日は断念しました。



でも、数日後、1台だけ27Mhzのタイガーは、やっぱ、嫌なので、既に2.4Ghzユニットを組み込んだ3号機から
ユニットを取り出して、繋げられるものだけ繋ぎ代えてみようという暴挙に出るw



SHOPで後付け加工されていた配線は、先ほどの緑の線以外に、2個の駆動モーターにも謎の線が繋がっていた。



その配線が追加工されたモーターを取り外し、部品庫に眠っていたノーマル配線のモーターに付け替えて、
それに合わせて3号機から取り外した2.4Ghzのマルチファンクションユニットを組み込んでみた。



問題は、このキャタピラの上にある謎の装置、、調べてみると、ヘンロン特有のリコイルと言うか、主砲を撃つと大げさに車体が
バックする機能をOFFにする装置らしい、、、こいつが、いろんなトコに新たな配線を延ばしてる大元で、更に調べると、
27Mhz用のパーツだとか? なら、2.4Ghzに使えないなら、それらの配線を全部切っちゃえ! 切ればどうなる? 
もう、この時点では、やけくそな心理状態w



で、主砲に延びるコネクターとかを2.4Ghzのマルチファンクションユニットに差し込み、、、車体の電源と送信機の電源を入れてみた。



動いた!
前進、後進、旋回もOKだし、発煙装置やボリューム調整も送信機から出来るし、機銃の光るし、もちろん銃声も出る!
問題の主砲の発射も、ストロボは光るし砲身自体もリコイルする、、、ただ、同時にヘンロン特有の車体リコイルも復活しました。
それは、車体リコイルをOFFにする装置の配線を切断したせいですが、ヘンロン純正の赤外線仕様の砲身が光るのも、
同様に車体リコイルするし、まぁ、、BB弾仕様も、全部リコイルするんだから、気にしない事にした(笑)



それ以外の不具合としては、砲身の上下動をレバー操作する時に、微妙に左右に力が入ると、砲塔が旋回しながら砲身が上下する。
以前より、レバー操作がシビアになった気がするけど、慣れれば問題無かったので気にしない、、、笑



と言う事で、大げさな車体リコイルアクション仕様に戻ってしまいましたが、念願だった2.4Ghz化にする事は出来ました♪



まっ、本音で言えば、車体の反動はOFFの方が超リアルですが、過去のSHOPとのメールやり取りを読み直したら、
RRZ製リコイル砲身ユニットに追加して車体制御ユニットの取り付けをお願いしてた。



と言う事で、単純にRRZ製リコイル砲身ユニット仕様になっただけだと思えばいいのさw



ゴチャゴチャと装備品も載せたし、これにて完成っす!



てか、、、何か忘れていたような???



ユニットを抜き取られた3号機!
ユニット無いので動きません! 
と言って、今更、古い27Mhzのユニットを入れても意味無いし、そうゆう訳で、再び、新ユニットを発注しました、、、、汗
  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)タイガーⅠ(2号機)

2017年08月28日

ヘンロン27Mhzを2.4Ghzにしたい

前回からの続きです。

旧型の27Mhzヘンロン・タイガー1(2号機)を、新型の2.4Ghzにしようと、まったく、ラジコンの知識も無いのにトライしてみます。
大体、旧型自体でも何種類も内部のパーツが違うみたいだし、新型も今回購入したのがバージョン3とか言うヤツで、
何が何だかチンプンカンプン!



とりあえず、タイガー1(2号機)を分解する! つか、上下に二分割するだけで、これはネジを3つ外すだけですが、
本来は7つのネジで留まっていて、そのうち4つがキャタピラを外さないと外せない仕様の古いタイガー1なので、



我が家は赤いマーカー部分の3か所だけでネジ締めしています。 室内で遊ぶなら、これだけ留めれば充分だと思う。



ここに見えるのが27MHzマルチファンクションユニット! これを、今回購入のユニットに交換すればいいんだけど、
他の2台のタイガー1と明らかに見た目がゴチャゴチャしている、、、、汗



ラブリービートルさんでストロボ発光のリコイル砲身にして頂いたので、なんか複雑になっている、、、、、滝汗



新しいユニットを横に置いて、コネクターを差し込む位置や、各差し込み口に書かれた文字は同じみたいですが、



後からラブリーさんで加工された部分が分からない、、、このユニットに透明樹脂で接着されているのは何???



そして大問題が!
ユニットの側面に穴が開いていて緑の配線が??



もちろん、新しく購入したユニットには、そんな穴は開いていないし、、



どう見ても、リコイル砲身を機能させる為に追加された配線?
これは無理! 全然分からない!



と言う事で、タイガー1(2号機)への取り付けは断念!
ただ、同様の27Mhzヘンロン戦車は他にも所有しているし、それらは内部をカスタムとかしていないので、そっちに組み付けてみようかと♪  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)タイガーⅠ(2号機)

2017年08月27日

2.4GHzのプロポ購入

ヘンロンのラジコン戦車! 

置き物として飾ってるだけなら、新旧どちらのプロポでも問題は無いんだけど、実際にラジコンで操作して遊ぶと段違いの差!



旧型の27Mhzだと、発煙システムのONOFFやボリュームの音量調整は、その都度、車体を裏返して行わなければいけない。



そうすると、車体に乗せた運転手が落ちたり、装飾物が外れたりと面倒くさいけど、新型の2.4GHzは、それらを全て送信機から行えるし、
低速走行などの速度調整も新旧ではまったくの別物で、スムーズな発進や低速走行などやりやすいので2.4GHzです。



我が家のタイガーⅠ型(2号機)は、ストロボ発光式リコイル砲身を組み込んであり、見た目も迫力ある仕上がりですが、
旧型の27Mhz仕様の為、実際にラジコンとして機能させると、その動きに不満もあり、操作性も面倒くさいです。
で、調べたら、その旧型の送受信機を新しい2.4GHzのプロポセット交換する事が出来るらしい。
NETで探したら売ってる所があったので、即購入した。




2.4GHzデジタルプロポセット(version 3)と言う品で11500円でした。
購入したのはいいけど、ラジコンなんて、まったくの素人、、電気の配線とかどうなるんだろ? ポン付け出来るのか? まったく不明!
調べれば調べるほどチンプンカンプンなので、いつもの癖で、まず、買っちゃえ! 買ってから悪戦苦闘しようかと、、、、笑



この2.4GHz用のマルチファンクションユニットとか言うのと、車体に装着されている27Mhz用の物とを交換すればいいんだよね?
つか、その前に送信機の電池買って来ないと、、、確か単三電池が6本だっけな。
  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)タイガーⅠ(2号機)