< 2017年12月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
過去記事
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
オーナーへメッセージ

2013年09月05日

8月にGETした品2

8月にGETした品のパート2! (前回はこちら

8月に購入した品々を見て頂ければ、いかに金欠だったか分かるかと思います、、、、笑!



GUARDER製のマルイ・デト用の強化ピストンカップ! 1個、450円でした♪



我が家のマルゼンKG9ガスブロのピストンカップが経年劣化で壊れて、なんと、デト用のカップで直ったじゃん!
だから、予備も含めて2個買った!



1個は、前回、KG9にカップを提供した、このデトピストンに装着して、、、



残りの1個はストックです!  これで、安心してKG9も撃てます♪  

Posted by 塔四郎 at 16:00Comments(4)ガスブロ

2013年08月03日

KG9を終えて

前回からの続きです。

9850円で手に入れたマルゼンKG9ガスブローバックモデル!  それも"LIMITED EDITION”と言う限定生産品だった!



マルゼンの特徴的な大きなコッキングピースは、赤猫さんのご好意で、ワンオフのくびれた細身の品を頂いて装着!



ボルトカバーには実銃風の穴を開けて、マルゼン特有の銀色金属パーツ類と赤猫さんオリジナルのコッキングピースは黒染め!



KG9と言えば、悪のマシンガン!  イメージは真っ黒、、、、笑!



最後にピストンカップが崩壊するアクシデントに教われましたが、なんとか自力で回復!!!



マルゼンのKG9って、トイガンの歴史の中では大きな貢献をしたモデルで、でも、、結局買わずにズルズルと来た!
つか、、正直、どれがエアコキで、どれが外部ホースで、どれがリキッドチャージなのか、見分けが付くのに時間が掛かった、、、笑!
でも、、やっと、、念願の形で、コレクション出来た!!   有難う御座いました\(^▽^)/
  

Posted by 塔四郎 at 23:00Comments(9)ガスブロ

2013年08月03日

KG9奇跡の完成!

前回からの続きです!

一度、諦めかけていましたが、なにか方法はないかと、砕けたカップにOリングいれたりしてみたけどダメ!
で、家中探して、要らないピストンカップが無いか調べたら、画像に写る台形のを見つけた!



そのカップのセンターに穴を開けて組み込んで見る! 少し大きいので、シリコンを一杯塗って、仮組みしてみた!!!



そしたら、なんと、激しくブローバック!!
休日の寝る前に問題が解決した!  ブラボー!!!




そうなれば、次の休みまで待てない!  一気に仕上げます!!
まずは、コッキングピース!



これが新しく頂いた太い方!



これが細い方!  私は、この細い方がいい!!!! これを急遽染めます!!!!



同時に前回はうまく組み込めなかったボルトストッパーは、ワイヤーをこうやって取り付けて、



ストッパーが絶えず下に向って力が加わっていればOK!!



染めたコッキングピースを付けて完成!!!
もう、日曜から月曜に日付が変わってるので急ピッチ!!




念願だった真っ黒のKG9の誕生!



そして、謎の穴、、、笑!
イモネジはワンサイズ太いの買えば入るだろうけど、これでいいかなと♪



マルゼンのKG9と私が調べた実銃の大きな差は、バレルの穴がマルゼンは5つ開いてるけど、実銃は4ちだと思います。
また、マガジンのスリットは実銃には無いし、コッキングピースやボルトの可動溝の位置も形も違うし、、別物と言ってもいいかも。



この、コッキングピースを入れるストッパーなんて実銃には無い!  マルゼンがマルゼン風に作り上げたオリジナルKG9もどきって感じ?



でも、、トイガン化したのは、このマルゼンくらいだし、競合する品が少なかったので、そこまでリアル化しなくてもOKだったんかな?



いいよ、、これ!  スチールパーツだらけで、重くて冷たいし、、
ガスブロも、この季節なら、充分に迫力あるし♪




さて、、いい夢でも見て、寝ようかなとした瞬間、、、、なにか落ちてる???



なんだ、、、このネジ???



インナーシャーシーの最後部のネジだ!  (画像は以前のもの)
もう一度、バラして組み込む根性は無い! 眠いし、、見なかった事にしよっと! で、、28日の休みは終わりました\(^▽^)/







<追記>


壊れたピストンカップの代わりに使ったピストンカップは、このパーツから抜き取りました。

部品だけで転がっていたので、元の銃がなんだったのか分かりません、、、、(汗)
この画像を見て、それが何かわかる人いらっしゃいますか?
元銃が分かれば、また、壊れても、安心なのでm(_ _)m  

Posted by 塔四郎 at 18:00Comments(18)ガスブロ

2013年08月03日

KG9のピストンカップが、、

前回からの続きです。

付け忘れた2つのパーツはピストンが前側に抜けないようにするストッパーパーツで、再度、分解を開始したら、、、



ピストンが抜けたと同時に、、緑の破片が!!



うわぁぁ! ピストンカップが崩壊?




触れたら、また、崩壊、、、泣!




カップのフチ半分が消えた!
いや、モロいとは聞いていたけど、最初にバラした時は元気な姿をしてたのに、何度もピストンを入れたり出したりして壊れた!



でも、無邪気な私は、まだ、半分残っていれば動くかも? 組み立て、再開、、、、笑!



出来た! 出来た! コッキングピースは新しいのも来たので、どちらを採用するか分からないので、まだ染めていません!



ボルトの穴もいい感じ!  イモネジは要らない♪



えっ、、で、、動いたのかって???
動いたけど、マルゼンのKG9はガス圧が少ないとボルトが半分の位置で止まる仕組みになっていて、、弱々しく、連射は無理、、、(泣)



ピストンカップが絶版なのは知っている!  
2時間位NETで調べてまくる!! 応急用にセロハンテープを貼る方法も知った! 何か、他のガスブロのカップを代用された人もいた!  
でも、、加工も必要だったりと、、、ダメだ、、もう1丁部品取りを落札?? でも、ガスブロKG9は高いぞ?
外部ホース式なら安いけど、、カップは共通かな?  いろいろ悩みながら、、、、、続きます♪  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(2)ガスブロ

2013年08月03日

KG9もうすぐ完成?

前回からの続きです。

イモネジは面倒くさいのでカット! つか、マルゼンのKG9は実銃とデザインが違い過ぎるし、そこまで凝らなくてもいいかなと、、♪   



穴が開いたので、念願の黒染めなんですが、鉄用、亜鉛用、アルミ用のブルー液では染まらず、ステンレス用で染まりました!
素材はステンレスですね! ドリルで穴開けた時も、中々貫通しなかったから、、間違い無いと思います! 磁石もつかないし。。



ステンレスの染めは苦手ですが、、まぁ、だいぶ黒くなったかな?



ついでに、リコイルスプリングの中の棒、、、、



ここが剥げていて、排莢口から丸見えなので、目立たないように黒染めしようと、、、



材質は、磁石がついたので鉄!



染め終わる!



さぁ、完成だと、ここまで組み上げたら、、、なんか、パーツ2つ、、付け忘れているし、、、再び、、、分解、、、、、そして、、、、
悲劇が起こる!  

Posted by 塔四郎 at 09:00Comments(0)ガスブロ

2013年08月02日

KG9穴あけ開始

前回からの続きです!

再度、穴開け位置を確認!  上の画像が、ボルトにボルトカバーを載せたら、ボルトのどの位置に穴が開くのか検証した時のもの。。



これがカバーを付けた状態で、、ピストンの上にリコイルスプリングの鉄棒が入るだけだから、イモネジ入れても空間に余裕はある?



でも、ボルトカバー自体、こうして写せば厚みがあるように錯覚するけど、結構、薄いし、ネジ山作って、イモネジ入れるだけでは無理っぽい。



考えているとビビッて先に進まないので、、



まずは、穴を開けてから考えようと、、イモネジと同じ太さのドリルで、、、



いや、、待て!  表側からドリルで穴を開けると、、最初、穴の溝が出来るまでに、ためらい傷なんかも付く可能性がある!



だから、裏側から穴を開けるべきだと、マジックで穴位置をマーキング♪



で、完成!
ボルトカバーの外装に見えるのは黒いマジックのマーキングではなくて、、穴です、、、穴!



で、、手持ちのイモネジを入れたら、、、



すっぽりと素通りしやした!
だぁ! イモネジと同じ太さのドリルじゃあかんべさ! 少し小さいので開けてからネジ山作るのに!!!
まぁ、、いいや、、ネジは要らん、、、面倒くさいし!   

Posted by 塔四郎 at 23:00Comments(0)ガスブロ

2013年08月02日

KG9の穴位置?

前回からの続きです。

KG9のボルトに穴を開けるつもりで、再度、その位置を確認しようといくつもの実銃画像を見ていて、、あれっ?と思った!
この画像だと、穴の位置がコッキングピースより後ろに開いてるように思うけど、、、



これなんかもそうだね!



でも、コッキングピースの位置と穴の位置が、ほとんど同じような実銃もある!



コッキングピースはスリットの最前部で止まっている。



と言う事は、排莢口側は、コッキングピース側のスリットより前方にあるって事だね?



これが我が家のマルゼン製で、排莢口側はピース側の最前部とツライチで並んでいる。。



手前が実銃KG9だけど、これを見れば、排莢口側がコッキングピース側より前方にあるのが分かる!
奥側のKG9とは違うSMGは、マルゼンKG9と同じような配置になっている。



マルゼンKG9の場合は、コッキングピースと同じ位置に穴を開けるのは排莢口の位置からして無理!
よって、ピースの後ろ側に穴が開いた感じにするべ♪


つか、、実銃のKG9もいろんなタイプがあるんだろうね?  

Posted by 塔四郎 at 18:00Comments(2)ガスブロ

2013年08月02日

KG9カスタム開始!

さて、ここからは、お待たせしました! KG-9のネタが大連荘で続きます!  (つか、、待ってないって?  笑)

前回、バラバラにしたマルゼンKG9ガスブロです。



チャンバーカバーに穴を開けても大丈夫か調べてたら、、



ピストンがストンと落ちて来た!!
恐怖で固まる私、、、、汗!




たぶん、こんな形で収納すればいいんだべ??  



内部は、こんな風になってるのね??



てか、、この棒は何?????



えぇぇぇ??  どこのパーツだろうと悪戦苦闘!!!



何の事は無い! 作業してた横に居たMP5マガジン型電池ケースの部品だった!



つか、、電池ケースとして使えないからゴミなんですけど、、、貧乏性だから捨てれない、、、笑!


そうそう、先に速報にて、KG9を壊しましたとお伝えしましたが、
壊した内容は、この後、4番目のブログで明日には自動掲載されますが、
壊れる前の状態は、今回のブログに写ってます。
さて、、一体、何が壊れたんでしょうね? 政界しても何も景品はありませんけど、笑!

  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(4)ガスブロ

2013年07月27日

KG9分解終了

前回からの続きです!

ロアフレームから抜けたボルト関係!!!



ボルトオープン時に見えていた黒い棒の一部色が剥がれていたトコも、ここまで分解すれば黒染め補修出来そう!!!



ボルトカバーをスポンジやすりで磨いてみます。



まだ、染めるワケではないので、ひと皮剥いて、金属地肌にしてみましたが、、アルミ製ですかね、、光沢の感じからすると??



このカバーの奥に見える銀色パーツも染めないと、、、ここも、外部からコッキングピースの根元として丸見えな部分なので。。。



アッパーを被せて、コッキングパーツを取り付けて、、何をしてるかって???



ほら、、例のボルトにイモネジの穴を開けるとしたら、この辺かなぁーと、、マジックでマーキング!



この部分にドリルで穴を開けても大丈夫なのか?  あとは、カバーを外さないと分からない!!



どうやれば、カバーが外れるのか10分考えた!   たぶん、後ろのネジを外せばいいんだなと、、、、笑!



凄いな!  だんだんと自信が付いて来た♪
素人っていいでしょ? こんな些細な分解でも、ワクワクドキドキして楽しめますから~☆



やっと取れたよん、ボルトとか言う部分!!!
つか、、インナーフレームを外す必要はあったのでしょうか???  汗!



で、、、カバー取れないんですけど、、、怒!



どこにも外すネジは無いけど、黒い内部パーツを包んでいる銀色カバーが取れない!!!



最後はカナヅチの登場(画像向って右端に、、、、笑!)
引っぱたいたら、やっと外れた♪



と、同時に、また、部品がこぼれて来た、、、、汗!



勘弁して下さいよぉ! こぼれ出る部品は心臓に悪いっす!!!
でも、、これの、側面を見たら、、、



ここに付いていたんだろうと分かった! マルゼンのはパズルみたいで分かりやすい??  笑!



とにかく、これで、ボルトカバーは外せた! 内部のチャンバーと干渉しないように穴を開けて、イモネジ付ける???
つか、激しくブローバックで動くとこにイモネジなんか外れるんじゃないのかな? 金属カバーの厚みも薄いし、、、、汗!!!



大苦戦の末、、貴重な限定品マルゼンKG9がバラバラに!!
あとは、次の休みかな?  

Posted by 塔四郎 at 18:00Comments(9)ガスブロ

2013年07月27日

マルゼンKG9の分解2

前回からの続きです!

マルゼン・ガスブロ・KG9リミテッドなんちゃらのアッパーレシーバーは無事に外せた!!!!!



外すと、バレルがホコリで凄い事になっていた!
まぁ、、バレルカバーを外さないと掃除できないとこだもんね、、、、汗!



ボルトカバーは、アッパーレシーバーから見えていた部分だけ変色してる?  つか、、タバコのヤニ汚れみたいな感じかな?



こっち側も画像だと分かり難いけど、はっきりとバレルカバーから見える位置だけ色が変!!!   笑!



アップだと分かります? コッキングピースが動くスライドレールの形と、コッキングストッパーの位置の形がハッキリと私には分かります!



とりあえず、バレルを拭いて、、、



ボルトカバーは激落ち君(白いスポンジ)で汚れを落とす!



あとは、ボルトカバーの左右のネジを外せば、この銀色パーツが上に取れると思ったんだけど、、、



ピクリとも外れない!  ボルトカバーは、なんか、ロアレシーバーのレイルに向って噛み合ってるので、、上に引っ張っても動かない。



フレーム側には、謎の2本のピンが残っている!  一本抜き始めている画像なんですが、、ここで20分考える!!!!
以前に、こうゆうピンを不用意に抜いたら、バラバラと内部のパーツがこぼれ落ちて、何が何だか分からずに放置している鉄砲がある!!!



考えた末、、ここで止めたら男じゃないと、、ゆっくり、ゆっくりと無事にトラブルもなく前側のピンは抜けました!
問題は後ろのピン! どう見てもトリガーと関係していそうな位置に付いてる!  ピンを抜いたらトリガーがパラパラと落ちて来るかも?



結局、、ビビッて2時間くらい放置して、違う鉄砲をイジって息抜きをして過ごす!
ほんで、なるようになれ!と、、勇気を出してポンチを叩き込んだ!!!



ピンが抜けたら、簡単にインナーシャーシーが取れましたが、
同時に、謎の部品が4つ、、床に落ちて来た! 一番恐れていた事が、、、、、、汗!
これで、もう終わりだ、、組み立て出来ないと、、メゲながら、、左側のインナーシャーシー側面を見たら、、、



私にも分かる、、外れたパーツと同じ形をした窪みが3つあり、そこにパーツが収まった!!



でも、、このスプリング、、多分、銀色の長い板状のパーツに付けるんだろうけど、、今は分からない、、、汗!  続く!!
  

Posted by 塔四郎 at 13:00Comments(7)ガスブロ