< 2017年06月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
過去記事
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 26人
オーナーへメッセージ

2013年11月23日

純正メッキがブルーイングで変身!

前回からの続きです。

寝る前に、ブルー液のプールに入れて、翌朝には、こうなってた♪ フレームは真っ黒だけど、未研磨のスライドは、やっぱ、、染まらない?



スライドの内側は、一見、黒っぽく染まっていますが、指で擦れば、簡単に取れちゃう(剥がれちゃう)レベル!



真っ黒だったフレームは、水洗いをしてススを落とし、軽く、ウエスで拭いてみた。



その後、コンパウンドやスポンジやすりで磨いた。。



元々、染めムラがあった状態でのドブ漬けだから、青い部分や鋼鉄色とでも言うのかな、、いくつかの色が混じっている。。。



染め自体の食い付きは問題無い!  厳密に言えば、一部、布での乾拭きで、染めが剥がれたトコがあったけど、そこは、下地のメッキの
荒らしが足らず定着が弱かったと考え、再度、研磨して染めたら問題は解決した。



要するに、銀メッキ地肌を上手く荒らせば、定着したブルーイングは可能? 未研磨のスライドは、スポンジやすりで荒らして、再び、入水!



一応、全体が染まったフレームは、ウエスにブルー液を付けて部分的な染め修正を行い、好みの感じにしていく。



当初は、ほとんど染まらなかった、アルミブラックやスレンレス用のブルー液でも染まるようになった?



いろいろ塗っては、ルーターで研磨して、、色合いを見る。。



イメージとしては、エッジ部分は銀色で使い込んだデト、、、、 まぁ、、いつも塗装で、よくやるビンテージ風を目指す。



スポンジやすりで、表面研磨して、エッジを出す!



あくまで実験の染めだった!  つか、失敗を予定していたのですが、、、なんとか使えそうなレベルになって、本人もビックリ、、、、笑!



スライドも、こんな感じになった!  スーパーブルー液のプールに入れたまま、スポンジやすりで、プールの中でゴシゴシと磨く!
その時、撮影忘れたけど、セレーションの山部分の半数が、研磨のやり過ぎで、下地の胴メッキが顔を出してしまった。。。



胴メッキの赤っぽい色は、スーパーブルー液よりは、スレンレス用や亜鉛用のブルー液の方が染まるみたい。
一度、染まった素材なら、スーパーブルー液以外でも反応するのね? まっ、、染まれば、なんでもいいし、難しい事は知らん!



元々の、マルイの銀メッキフレームと、、そのメッキをブルーイングしたデト外装!  
これで二度とデトニクスをローバルを塗って染める事はなくなった!  銀メッキを染めた方がラクだから♪



ブルーイングの仕上げ剤を塗って、これで、一応、完成です。  
染めて感じたのは、最初は凄く青くなって、更に、研磨をしながら染め続けていくと青みが薄れて行くって感じだった。



セレーションの溝の下半分が黒っぽく染まってるけど、、色ムラ自体を活かした染めだから、気にしない♪
ローバルの時もそうでしたが、この部分の下地磨きが難しい! 磨き過ぎると、今回の場合は胴下地が出てしまうし、、、



そこをうまく処理出来れば、青みの強い綺麗なブルーイングをしたいけど、、綺麗な仕上げだと粗が目立つし、私には難しい!!! 



銅メッキを出さないように、いかにブルー液が定着するような下地研磨が出来るのかが鍵ですね、、、このブルーイングは\(^▽^)/  

Posted by 塔四郎 at 22:00Comments(10)ブルーイング

2013年11月22日

純正メッキをブルーイング

今回の実験は、先に完成した画像をお見せしましょう♪  これです↓

マルイの純正銀メッキをブルーイング仕様にしてみました。



余り物パーツで実験したので、 スライド側は問題無いけど、、



フレーム側は、インナーシャーシーと、そのシャーシーに関連するパーツが欠品!  
つか、、組み上げる事より、銀メッキをブルーイングする事が目的だったので、、その辺は、、どうでもいいや♪



では、染めていった過程をご案内します。 元となったのは、どこにでもあるマルイデトニクスの純正メッキパーツです。



ただ単に脱脂して、各ブルー液を塗っても、ほとんどの液では反応しませんが、スーパーブルー液だと染まる事は染まるけど、すぐ落ちます。



そんで、スポンジやすりでメッキ表面を荒らしながら、アンド、そのスポンジやすりにスーパーブルー液を付けて研磨しながら染めて行く。



面白いように青く染まってく!!



スーパーブルー液は原液のままです。  やすりによる研磨と同時にブルーイング作業をしているので、
あまり、ヤスると、下地の胴メッキが出てくるので、その辺は、スポンジやすりの裏面のスポンジでブルー液を塗るだけにしたり、、



今までに、何度か、純正メッキへのブルーイングは試した事があるけど、定着性って言うのかな? 奥まで染まっていないのか、
剥がれやすかった記憶があるので、、今回は、ちょっとコンパウンドで磨いたくらいでは、色落ちしないレベルを目指しました。



磨いた結果、色落ちは問題無さそうでしたが、、原液をスポンジやすりに付けながらの作業でしたので、色ムラは凄い、、、笑!



つか、、、以前にトライしたローバル仕上げと似たような感じ?



ただ、ローバルと違うのは、塗料皮膜が無い分、エッジとかはクッキリ、ハッキリしてるかな?



染まる下地にはなったようなので、そのまま5倍位に薄めたスーパーブルー液のプールにドボンして、綺麗に染めようかなと、、、



ついでに、未研磨のスライドも入れて、どうなるか実験!!    以下次号です、、、、笑!  

Posted by 塔四郎 at 23:00Comments(6)ブルーイング

2012年02月14日

ブルーイングこれで終わりか?

前回からの続きです。

薄い染めだったので、上からアルミブラックとパーマブルーを適当に布に含ませて強制ブルーイング!!



原液で塗ったり、水で2倍程度で薄めたので塗ってみたり、、適当です♪ (色に深みが出れば結果オーライです)



ヤマハのシルバー磨きでポリッシュして艶出して、、、



だいぶ、色の均一感がある染めになって来た??
ただ、エッジ部分のローバル下地が出ている部分が染まりません!!
その理由は後日判明しやした! 次のブログで掲載します。



まぁ、、エッジが銀色ぽいのは、実銃でも良くあるので、、無問題つう事で・・・・・♪



それでは、とりあえず組み込みますかね♪
  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(2)ブルーイング

2012年02月14日

ブルーイングを野外でチェック

前回のブルーイングしたローバルデトを野外でチェック! 室内と野外だと、また違った発見が出来ますから♪

今年は慎重派なアタシですwww



つか、、磨き過ぎでブルーの落ちたトコと色ムラがありますね、、、汗!



全体に青が薄い? 深みが無い??



もう一回くらい、この上から染め直した方が良さそうですね。。



まぁ、、ここまで来れば、もうローバルとは無関係!! 私のブルーイング・スキルの問題か?・・・(汗)



げっ、、、スライド上面の後部なんか、、まだ、、ブルーの乗りが悪い!!!  再び、ブルーイング決定!!!  

Posted by 塔四郎 at 08:45Comments(0)ブルーイング

2012年02月13日

再ブルーイング

休日に新たに届いたネタもあるんだけど、先週から持ち越してるローバルネタを一気に終らしてから新ネタへ移りますね、、、汗!
つか、、ローバルのやり直しネタばかりで、興味の無い人には、つまらんブログだろうなぁ? (えっ、、元々、つまらんから気にするなって?ww)

では、気にせず続けましょう!!(笑)    前回の状態から、再びブルー液のプールに漬け込みました。
黒いススを取っては3回位漬け込んだかな? スポンジやすりは、漬け込む前の下地研磨で最終使用したものです。



こんな感じに仕上がりました。



ローバル自体の塗装面の平面さって言うのかな、、肌荒れ具合は、缶塗りよりは目立ち難いです。



ブルーイング自体は青くないとこもあるけど、一度、これで仕上げてみよっと♪



ヤマハのシルバー磨きでポリッシュします。



落ち着いた青に仕上がった?



刻印もハッキリ見えるし、いい感じ???



結論!!
ローバルはカップ2杯塗る!!
スポンジやすりで光沢がある程度出るまで塗装面を研磨する。



そこまでチャンとやっておけば、ブルーイングは比較的簡単! 



とにかく、ブラシ塗りだと缶スプレーより、塗装面のアラが少なくベリーグッドだと思います。
さてと、、どうしよう? このブルーイングで完成とするか、、それとも??  

Posted by 塔四郎 at 16:32Comments(6)ブルーイング